SHOEI Z-7




新ヘルメット買っちゃいました。久しぶりにSHOEI製品。

SHOEI製のミドルクラス製品であるZ-7、Terminusモデル。
もともとZ-7って、ユーザーがものすごく多いし、実際ツーリングに行って道の駅やサービスエリアなどで見かけるライダーもZ-7ユーザーが非常に多く目にします。
私の場合、頭がArai頭ってこともあってガチガチのAraiユーザーなのですが、ここ数年、SHOEIの製品って、イマイチ好きになれなかったってこともありました。一つにはデザイン。空力を考慮しており後頭部側が長いデザインであり、映画エイリアンのクリーチャーのようにも見えてしまうってことが大きかったのと、Araiに対して帽体自体も大きいってことも避けてたところもありました。ただ、このZ-7のTERMINUSってモデルだけは、カラーリングとデザインが以前から気になっており、機会があれば使ってみたいと思っていました。
いつものように、Amazonをウォッチしていると41,000円切りになっており、「今でしょ」ってばかりにいつものように衝動買い。

本日無事に届きさっそく開封の儀です。

同梱物。本体のほか、ヘルメット袋、チンカバーとノーズディフレクターが別部品として入っているほか、ピンロックシート。特にピンロックシートは他のヘルメットでも必ず装着していますので、これは有難いです。

いつも通り、まずはシールドを取り外します。Araiのシールドもだいぶ外しやすくなりましたがSHOEIのシールドはほんと簡単に取り外しや取り付けが簡単。GT-Airも簡単ではありますが、取り付けには少々コツがいるようですが、Z-7の方はGT-Airよりもはるかに簡単で、これまでのヘルメットの中では一番取り扱いがやりやすいですね。

なぜ、最初にシールドを取り外すというと、ピンロックシートを取り付けるためですが、同梱されているので改めて買いに行く必要もなく、これは非常にありがたい。

さて、そのシールドですが、シールドを最も上にあげて指先のスライド機構を押すだけでシールドが外れます。取り付ける時もこのスライドを押したままシールド側とシールドホルダー側のかみ合わせを合わせるだけで、スルッと入ってしまいます。また、Araiの製品との一番の違いでもありますが、SHOEI製品にはシールドホルダーにカバーが付いていません。そのため、シールドの収まりがシールドカバーが無いためフラットな収まりとなります。このこともSHOEIのヘルメットは静かであると言われている原因の一つであると思います。

さて、Z-7の特徴である「小さい」「軽い」という点について他の手持ちのヘルメットと比べてみます。

左から
SHOEI GT-Air
SHOEI Z-7
Arai Astral-X
こうして比べてみると、Z-7の小ささが際立ちますね。また、AraiのAstral-Xが意外と大きいことがわかります。前後長ではGT-Airが最も長いのですが、Z-7は前後長はArai並み。ただ、全体的にSHOEI製品は前から見る限りでは丸っこくて、コロンとしたイメージ。Araiは全体としては丸くはありますが、シュッとしたイメージ。

Z-7とAstral-Xを横から見てみると、やはりZ-7の小ささが目立ちます。

Z-7とGT-Airの場合、いずれも後頭部が出っぱっていますが、形状そのものはZ-7の方が比較的丸っこいですね。GT-Airはやはり後頭部が長いのが目立ちます。GT-Airはインナーバイザーが付いていますので、どうしても大き目な帽体になるのは致し方ないところですね。

今日届いたばかりなので、使用感はこれからではありますが、実際に被った印象としては、やはり小さいこともあって、GT-Airよりもだいぶキツキツです。

ベンチレーション用エアーのインテークとか静粛性とかは、実際に使ってみてからのお話になりますが、大ベストセラーモデルだけあって、どんな感じになるのか楽しみですよ。