RYZEN5 PRO 2500Uのはなし2




IdeaPad720Sの直後に購入したThinkPad485ですが、前のエントリーに書き込みましたように、IdeaPad720Sとの比較をしてみます。

スペック

ThinkPad485
CPU RYZEN5 PRO 2500U
Memory 8GB DDR4 SO-DIMM Singlecannel
Strage 256GB NVMe SSD
display 14.0Inch

IdeaPad720S
CPU RYZEN7 2700U
Memory 8GB DDR4 Onboard
Strage 512GB NVMe SSD
displya 12.5Inch

と、まぁ、スペックだけ見れば720Sの方がハイスペックなのですが、ノートPCの場合、大きさ、重量、画面の大きさなども考慮する必要がありますね。

485の方がやや大きめ。ただ、液晶のベゼルは720Sの方が狭額なので、ボディに対して、液晶の比率が高く大画面感はあります。ただし、ボディの強度という点で言えば、あまりに狭額ベゼルだとちょっと心許ないですね。

720S の方が、全幅で2~3センチ小さく、奥行きでも2センチ程度小さいです。485のクシタニステッカーはあくまでも自分の趣味です(笑)

厚みの比較。これは圧倒的に720Sの圧勝。一番狭いところで485の半分くらいの厚みしかありません。

485のCPU-Z。

CrystalDiskMarkとCINEBENCH R15のスクショ。
SSDは720Sの半分くらいしか速度が出ていませんが、これはPCI-E接続の速度によるもので、485が2X接続なためだと思います。
CINEBENCH R15の方も720Sと比べても遅めです。スペックだけ見れば485よりもS720の方が優秀だと思います。しかし、実際の使用感ではあまり差は感じられません。それよりもキーボードの使いやすさ、ThinkPadにしかないタッチパッドなどは非常に所有感も高く、また、実際の打鍵感は圧倒的にThinkPadの方が使いやすく感じます。
どちらが良いのかと言えば、やはり使い方によるとしか言いようがないというのが正直なところですね。