RYZEN5 PRO 2500Uのはなし




と言っても、ThinkPadのお話です。
昨年暮れにLenovoのIdeaPad 720Sを購入しましたが、どうしてもThinkPadが欲しくなりまして、暮れも押し迫った12月30日にまたまたLenovoのサイトからThinkPadを購入。AMDのRyzen搭載モバイルモデルは、A285とA485の2機種。A285の大きさはほぼ730Sとほぼ同じ。ただし、画面サイズは720Sの13.3インチよりもやや小さい12.5インチ。もう一つのA485は730Sよりも一回り大きい14インチ。重量はA285の約1.1㎏に対して、A485は1.5㎏オーバー。また筐体自体もA485はA285や720Sよりも一回り大きい筐体。価格はほぼ同じ構成であればA485の方が逆に安く、A285の方が高い。インターフェースもA485の方が豊富。また、中身にしても、メモリはA285のマザーボード直付けのシングルチャンネルに対してA485は一般的なSO-DIMMであるため、構成によってはデュアルチャンネル構成が可能…といった違いがあります。できれば筐体は小さいほうが好きなのですが、それでは720Sとあまり変わらないじゃないかとも思いましたので、画面が大きいということと、ほぼ同一構成であれば安価であるという理由で、A485のRyzen PRO 2500U搭載モデルを購入。ちなみに、ストレージは256GBのNVMe搭載としました。ちなみにA485の場合、ストレージは標準構成だと、128GBのNVMe接続のSSDと500GBのHDDを搭載するようになっています。もちろん、SSDだけの運用といったことも可能であり、この場合は1stドライブの128GBのストレージのみにして、500GBのHDDをレスにすることとか、逆に1stドライブの128GBSSDをレスにして、2ndドライブのみの構成にすることも可能で、かなりストレージ選択の自由度が高いモデルです。
私が今回購入した構成では1stドライブ…これは128GBSSDしか選べません…をレスとして、2ndドライブを500GBのHDDから256GBのSSDに変えています

使用感についてですが、キーボードはさすがThinkPadと思わせるデキです。キーストロークも浅すぎず、深すぎずで打鍵感を持たせながらも決して重くないといThinkPad独特のモノ。720Sは薄さを追求しているため打鍵感はやや浅く、強めにたたくとキーボード全体がたわむ感じがありますが、ThinkPadはまったくそのようにたわむこともなく、非常に疲れにくいキーボードで、これだけでもThnkPadを購入した意味があるともいます。

また、14インチということもあって、キーピッチもやや広く打ち間違いを起こしにくい配置です。ThinkPadのアイデンティティともいうべきトラックポイントとクリックキーもパッド面が広いため非常に使いやすい。

キーボード裏面にはLEDが仕込まれており、夜間でも使いやすいと思います。これについては、720Sも同じです。

筐体左側
左からUSB3.0 TYPE-C、AC入力兼用
専用ドッグ用インターフェース
ファンの排出口

本体右側
右から
ヘッドフォン用ミニジャック
USB2.0
HDMI
USB2,0
RJ45、LAN
SDカードスロット

筐体がおおきめなため、インターフェースも充実。

さて、次回は720Sとの違いをレビューしてみます。