栃木福島を結ぶ林道の現在





久しぶりにセローの話題
結局、今シーズンはロクに林道に行くこともせず、SRばっかりに乗っていましたが、そのおかげでセローのバッテリーが怪しい状態になってしまいました。ってことをこの前のブログで書きましたが、バッテリー充電器の調子もなかなか良く、今年最後のつもりで栃木福島県境の林道の様子を見てきました。
1 県道栗山舘岩線(旧田代山林道)
こちらの道は7月29日から台風による路肩崩落により通行止めとなっていました。また、解除見込みもたっていません。
2 林道川俣檜枝岐線(旧帝釈山林道)、馬坂林道(馬坂林道のうち、栗山舘岩線分岐から川俣檜枝岐線分岐まで)
こちらもゲートによる封鎖でした。

要するに、いずれの道も通行止めという状態です。しばらく写真をとったりしていましたら、馬坂林道のほうから爆音が聞こえてきまして…

どうやら、川俣湖側から入られたCRFとWRの方々が姿を現しました。

通行止めゲートの内側から山神様の鳥居を見る。

脇、思いっきり甘いです。ここを通れと言わんばかりの甘さ。

CRF、WRのご両人としばし雑談と情報収集。川俣湖から入ってきたということは、川俣檜枝岐林道分岐部と川俣湖側入り口の間で発生した法面の大規模崩落は復旧しているということでしょうか?ちなみにご両人は大規模崩落の話には及びませんでした。おそらく道路そのものは通行可能となっているものと思われます。

いずれにしても、川俣檜枝岐林道は、砂防ダムの先で法面崩落により通行止めという情報だけは得ていましたから、せめて分岐部から砂防ダムあたりまで行くことができればラッキーくらいには考えていましたが、ご両人がおっしゃるには、分岐部の手前で倒木。簡単には通れないよ!との悲しいお知らせが!
せっかくだから、行ってみれば?というお誘い…というか誘惑もありまして、行ってみました。

無理!
確かに腕があれば行けそうですが、腕もないし、下手したら遭難だし。でも二人以上であれば行けそうですよ。確かに!

ご丁寧にスロープまで用意されていますしね。あの二人はここを超えて来たのでしょうから。でもソロで行くほど私もバカじゃないんで、今回はここまでで素直にUターンしました。

ちなみに、田代山林道の分岐点からここまでの間、野生の猿をたくさん見ました。おそらく20頭以上。なかには母猿に掴まった小猿もいましたよ。知らん顔してゆっくりと通過しましたが(笑)

3 安が森林道

こちらについても、一昨年の豪雨で路面崩壊、路面欠損、法面崩落などで通行止めになっていましたが、こちらの様子も見てきました。

以前は、単純な据え置き型バリケードのみでしたので、簡単に入れましたが、現在ではかなり強固なバリケードに変わっています。正面突破はおろか、横方向も空中部分までバリケードが飛び出ています。(写真バリケードの左側。)

ちなみに以前のバリケードはこんなものでした。

位置的には、以前のバリケードがあった場所と同じところ。
ちなみに前回来たときは、バリケードの先がこのようになっていました。


今回はこの崩落した岩やガレキは片付けられていたようですが、折れた木や細かい枝などは道路わきのスペースに寄せられており、いづれは片付けられるものと思われます。


なお、この安が森林道ですが、他の方の情報によれば福島側も路面崩落や法面崩壊などで通れなくなっており、道路自体が廃道レベルで復旧の見込みが立たないからではないかと思います。
馬坂林道がかなり「ぬるい」バリケードなのは、崩壊レベルが言うほどひどくなく、仮に入り込まれても、危険は少ないからと判断しているのではないかと考えるわけです。しかし、安が森林道の扱いを見ると、絶対に入れさせないという行政の強い意志を感じさせます。なので、本当に入り込まれては困るという決意の表れと考えてよさそうですよ。

栃木と福島山越えする3本の林道ですが、2018年現在、全て通行止めという大変残念なお話でした。

あと、気になるのは、この林道群ですけど、今後復旧するのか?ってことですが、個人的には安が森林道はこのまま廃道になるのかなと思います。

旧田代山林道は意地でも復旧させるでしょう。なにせ県道だし、これまでの舗装化を振り返るとこのまま廃道ってのは考えづらいと思うのです。また、田代山登山口への道でもあり、マイクロバスくらいまではこれまでも走ってましたし。

旧帝釈山林道は正直微妙かなと。 舗装化は全くされていませんし、途中かなり橋梁が存在しているのがネックになるのでは?と感じています。

ただ、旧田代山林道と旧帝釈山林道の福島県側は少なくとも登山道入り口までは復旧させると思います。福島側からの方がアクセスが良いというのが一番の理由だと考えています。

いずれにしても、オフローダーの聖地とまで言われているこれらの林道ですが、愛好家にとっては3本ともに完全復旧していただきたいものです。