只見駅に行ってきました






こちらもここ数年毎年訪れているJR只見線の只見駅です。
JR只見線は、日本有数の絶景路線としても知られており、元々は、只見ダム建設に伴い、会津若松を小出を結ぶ路線として、1962年に全線開通した比較的若い路線です。沿線は会津坂本から只見までは只見川に沿って、また途中田子倉湖を挟んで、新潟側の大白川からは破間川にそって走るいわゆる秘境路線としても知られています。
2011年福島豪雨により、只見川にかかる橋梁のうち相当数の橋梁が流出や損壊などの甚大な被害を受け、2018年現在も只見駅と会津川口間が不通のままで、この両駅間は代行バスによる代行運転が行われています。
不通となる前も秘境路線として知られているくらいですから、只見と大白川の田子倉ダムを挟んだ県境区間は上り下りとも各3本のみの運行となっており、いつ廃線になってもおかしくないと言われておりましたが、この地域は日本有数の豪雪地帯でもあり、特に南会津の只見町から新潟魚沼側につながる国道は冬季間は通行止めとなるため、それこそ只見線が命綱だったりするわけで、なんとか廃線を免れていた路線です。しかしながら、2011年の福島豪雨による被害はとてつもなく甚大であり、復旧させるだけで85億円もの巨額な費用がかかるという話です。しかもただでさえ超赤字路線だけに採算が取れるはずもなく、JRとしても廃線やむなしとして、地元自治体と協議を重ねていました。
しかし、沿線自治体、周辺自治体およびなんと福島県までも巻き込んで、JRと協議を重ねた結果、上下分離方式で施設を福島県を始めとする沿線自治体(または出資する会社など)が保有管理し、JRが第二種免許を取得した上で運行するという方法。しかも復旧費用もJRが3分の1、福島県が3分の2を負担するという驚きの内容で合意し、2021年ごろの復旧を目指すと言う内容です。
正直、個人的にも大変驚いた内容で、福島県もかなり思い切ったことをしたと思います。個人的にも会津地方には思いいれも多く、なんとか復興の足しになればとも思って、好んで会津地方に行っています。

今回行って驚いたこと。なんと駅員さんがいました。前はいなかったように思いましたが。

流石に駅員さんがいるのに勝手に構内に入るわけにもいかず、入場券を購入。

只見と越後川口が通じていた頃はホーム両側にキハ40が止まっていたものですが、さすがに現在は片面のみの運用で線路は錆びだらけ。

復旧したあかつきには、以前のように両側に列車が止まる以前の光景が戻ってくると信じています。

ちなみにこの入場券、出札窓口の反対側にある売店で入場券購入者のみに配布されるケースです。どちらかと言うとこのケース目的で入場券を買ったと言うことなのですよ(^^)