クシタニ K-2675 ウィンターチームジャケット




クシタニ K-2675ウィンターチームジャケットです。

これ、実は昨年モデル。今年のモデルはK-2683と型番も変わっており、デザインも若干変わっています。

このモデルは毎年ほぼ形は変わらず、デザインだけは少しずつ変わっているという、言わばクシタニのウィンタージャケットの中でも定番品とも言えるモデルです。

また、比較的高額な商品が多いクシタニ製品ですが、このウィンターチームジャケットがウィンタージャケットの中で最も安価な製品でもあります。

後ろ側。肩から背中にかけて生地が重ね合わせになっています。ゴアテックスジャケットだと、ここから内部の熱気が抜かせられるようになっていましたが、このジャケットにはそう言った機能はありません。ただ、このモデルの最大の特徴であるオリジナルプリントが可能という点が、このようなデザインとする必要があるのだと思います。

このモデルは他のクシタニ製ウィンタージャケットと異なり、インナーがありません。ウォームデバイス一体式です。とは言え、前身頃もダブルファスナーとなっており、防寒性能は高め。しかも、インナー側ファスナーが少しオフセットされているため、アウター側のファスナーと干渉しない工夫がされています。

安価な製品にもかかわらず、ブレストパッド装着用のベルクロも装備。この辺りはクシタニの良心でしょう。

インナー側ファスナーの上部には風の侵入防止のためのフラップが付いています。これがある意味クセモノなのですが…

背中側の腰回りにはずり上がり防止用のパンツのベルトに装備するタブも付いています。

この装備、他のウィンタージャケットには付いていないんだよね。もっとも他のモデルにはストームガードや、インナー側で腰回りを絞れるようにドローコードが付いているので困ることもないのですが(笑)

襟周り。全周ボア。これでかなり首周りからの風の侵入は防げます。

もっともこのボアのおかげで、ドカジャンのようにも見えてしまうんですけどね。あと、このボア部分、襟を立てることもできます。が、首が短い私としては、襟を立てると逆に顎まで覆われてしまい、大変不格好になるので、このままの方が適正位置なのです。

袖口。ゴムとベルクロの合わせ技で絞り込みます。

インプレですが、まず最初にジャケット自体がデカい。かなり…と言うか、相当デカいです。普段使っているジャケットよりも確実に一回り以上ゆとりがあります。なので、このジャケットは普段使っているジャケットよりもワンサイズ小さいものを購入しています。

この前オープンしたばかりの横浜店で購入しましたが、店員のおねいさんに、中にミドルウェアを着込易いですよって言われました。(笑)

あとネガなところ

袖口かデカいためなのか、袖口の処理がベルクロ+ゴムと言う構造上の問題なのか、ベルクロで絞め込んでも冷気が袖口から入ってきます。他のモデルはインナー別体なのでインナー側の袖口が全周ほぼゴムな為、冷気が入ることはないのですが、このジャケットは袖口かゴムとベルクロの合わせ技なため、どうしても皮膚と密着しないところがでてくるようです。そのため、ロング丈のグローブでも冷気か入り込んでくるようです。この辺は何か対策しないと厳冬期は厳しいかも。同じインナー一体式だった一昨年冬モデルのウィンターヴィターレジャケットではなんともなかったので、袖口の絞り方が違うためだと思います。

次に、インナー側のファスナーの一番上側がちょうど襟の折り返しの部分と同じ位置に来るためか、風巻き込み防止タブにファスナーが噛み込みやすい…首の長い人ならそんなことにはならないっぽいのですが、首短い族の私としては、ちょうど顎の下側までインナー部分がくるので、ファスナーが無理やり顎に沿って急カーブを描くように閉まるため、タブが邪魔してしまうようです。そのため何度かファスナーが開けられなくなるという事態に陥りました。あまり上まで閉めなければ大丈夫なのですが、そうすると寒風が首から入り込んでくるというジレンマに襲われます。

肝心の防寒性については、ウィンターヴィターレジャケットやウィンターモードスポルトジャケットに比べてやや落ちるかなっていう程度です。それこそパフォーマンスショップのおねいさんの言う通り、サイズ感が大きい分、ミッドレイヤーを着たすことで寒さは解消できる程度の防寒性は確保されています。

まぁ、安いとはいえ、定価35,000円ですから、他社製品に比べると十分高いとは思いますが、そこはブランド料ということを考えればお買い得な製品ではあると思います。

更にデザインはド定番モデルならではのシンプルさがあるため、バイクやライダーを選ばないという点かいちばんのメリットではないかなと思います。

おまけ

横浜店オープン記念でもらったキーホルダー。スラッシュ富士山キーホルダー横浜店限定版。フジサンロゴと裏面には別に横浜店独自デザインが刻印されていました。