マスタングペースト





革靴などの皮革製品を使っていると、ほぼ必要になるのが、いわゆるミンクオイルですね。
しかしながら、某サイトで貴重生物であるミンクから採れるオイルなんてのはたかが知れている。そもそも貴重動物であるミンクからどれほどの数量が採取できるのか?
おっしゃる通りだと思ました。
確かに、街のホームセンターや靴屋さんで売っているミンクオイルはミンクオイルと言う名前ではありますが、べらぼうに安く、(一瓶500円とか!)
本当にミンクが使用されているのかどうかも怪しいところです。
聞いた話によると、ミンクオイルにミンクの油が使用されているのはおそらく1~2%程度。高級品と言われるものでも10%程度しか入っていないのではないかとの事。
じゃあ他の成分は何かというと、ラノリン羊脂とかロウとか石油系オイルなどなどだという事らしいです。そもそも現在におけるミンクオイルの用途は、表面保護とワックス効果が主たる用途であり、逆に、現在の靴をはじめとした皮革製品のほとんどは、ワックス効果と表面保護効果があるミンクオイルで十分だということなのです。

しかしながら、ご存知通り、皮革製品のもっとも大変なのはメンテナンス作業であり、保管といったことでしょう。皮革製品がなぜメンテナンスが必要なのかというと、やはり油分の定期的な補給ということだと思うのですが、良いものを長く使いたいとなると、やはり定期的な油分の供給が必要となります。じゃあミンクのように高級品じゃなく、現実的な動物性オイルってことになるとなぁに?ってことで、おすすめするのが馬油なんですね。

昔から馬油って保水効果が高いことから、化粧品やハンドオイルとしても使われており、皮革製品のメンテナンス用としても使われていたようです。

で、このマスタングペーストです。基本馬油そのもの。

実は一昨年、クシタニの福袋を買った時にブリンクジャケットっていう革ジャンが入っていたのですが、この革ジャンのメンテナンス用として初めてマスタングペーストを買ってみました。

で、この一年、手持ちの皮革製品に使いまくりました。
実際に使ってみた感じですが、まず、とにかくサラサラです。
一般的なミンクオイルは結構ベタ付くのですが、マスタングペーストはベタ付きをほとんど感じません。
次にすぐ溶ける。最初はウェスで掬って塗り込んでいたのですが、基本馬油なので手にも優しいんじゃね?ってことで、2回目からは直接指で掬って手のひら全体を使って塗り込むようにしていますが、すぐに体温で溶けるので手にものすごく馴染むんですね。なので、直接手で塗っても全然ベタ付かないし、細かいところまで指が入るので塗りやすいんです。こころなしか手のカサカサ感も消えてきたような気もしますし(笑)
あと被塗物である皮革製品側の方ですが、塗った直後はテカテカして塗った感がありますが、翌日にはもう塗ったか塗らなかったかわからないくらい浸透しています。

3分の1くらい使っていますが、無色、無臭でミンクオイルのようなにおいも皆無です。

ただ、オイルには違いありませんので、あまりに塗りすぎると革がデロデロに型崩れすることがあるようなので、使い過ぎには気を付けるようにしないといけないとは思います。また、オイルとは言え防水機能が付与されるわけではありませんので、注意しましょう。多少は水に対する抵抗性は付与できるかもしれませんが、過大な期待は禁物ですよ(笑)

クシタニのK-0662 キャプチャージャケットとK-1061 ファクトプロパンツ2に塗りたくりました。もうだいぶ柔らかくなっていますので、あまり塗りすぎないようにしないと!