クシタニ K-2681 アドーレジャケット





クシタニライディングウェアの2019秋冬モデルが続々と発売されています。
これまではスポーツ系バイクに似合うモデルである、ウィンターヴィターレジャケットとかウィンターモードスポルトジャケットを購入してきましたが、今期SRを購入したことから、ややカジュアルなモデルも欲しくなり、ワイズギアブランドのヤマハ版レイジャケットであるスタイルジャケットを格安で購入してきました。
さて、いよいよ冬に向かい、SRに乗るのにウィンターモードスポルトジャケットとかだと似合わないかなぁなどと考え、もっと街乗りとかカジュアルに振ったモデルも1着くらいは持っていてもいいかなぁ…などと考えておりました。
秋冬モデルの発表と同時に、いつも行くクシタニプロショップに出向き、カタログを見てしばし悩むことに。今年のモデルで比較的カジュアルっぽいものは、アニフェス、ウィンターウィル、アドーレの3種類。アニフェスジャケットはミューラージャケットのモコモコ版にしか見えず、ウィンターウィルジャケットは、昨年までのモデルとほぼ同じの色違い。ということは激細仕様の可能性高し。アドーレジャケットは見た目がかなり派手ですが、この春夏モデルのフルメッシュパーカージャケットと似たデザイン。かなりカジュアルな雰囲気なジャケット。
ということで、アドーレジャケット、しかもオレンジ色に狙いを定めました。さっそく店長さんに予約をしようとすると、なんと店長さんが言うにはオレンジの入荷はナシとのこと。サックスだったら入るかもしれないと言われましたが、実はこの店舗、以前ミューラージャケットを予約したのですが、結局入荷せず…ってことがありましたので、この時点で嫌な予感しかしませんでした。

その後しばらく経って、サンプル品が各店舗をまわるという話をブログで見つけ、世田谷店に入荷した時点で、現物確認に行き実物を確認した上で、その場で世田谷店で予約を入れました。それが8月後半の話。店長さんに話を聞くと、今年の秋冬モデルの一番人気がこのアドーレジャケットとのこと。

昨日(10/19)ようやく入荷の連絡がありまして、買ってきました。

インナー別体式の秋冬ジャケットです。実際に見ると予想通り派手。ですが、スラブ調のプリントがデザインとして入っているため、思っていたほど派手ということもありません。

後ろ側。なんとなくスラブ調プリントが入っているのがわかると思います。また、両サイドの裾にはデザインされたリフレクターが入っています。

中央の縫い合わせのように見えるところにはドローコードが仕込まれています。

肘のところ。生地と同色で縫い目が入っていますが、これはプロテクターを仕込むためのもの。

両サイドのポケットのファスナーが異常に長くなっていますが、ドローコードを仕込んでいるため、どうしてもこれくらいの長さになってしまうのでしょう。

そのドローコードの取り付け位置。ファスナーの丁度中間くらいの位置に仕込まれています。

肩と腕以下のところの色の切り返しで使われている白い部分。手に取るまでは白い生地だと思っていましたが、実際は白と言うよりもシルバーに近い色合いです。

ストームガード。昨年モデルのゴアテックスショートジャケットにも装備されていました。ロング丈のジャケットだからこその装備ですね。ショートジャケットだと、裾回りが絞り込まれていることが多いため、あまり必要とは感じませんが、ロング丈だとかなり有用な装備です。

次にインナージャケットですが、これはアドーレジャケットに付属しているもの。

これは昨年モデルのウィンターモードスポルトジャケットに付属していたもの。

若干デザインが異なりますが、今年モデルの一番のウリがこのインナージャケット。ダウンライクと呼ばれるシンサレート素材を使用しており、昨年モデルよりも高性能というのがウリです。なんでもダウンと同じ形状をしているということのようです。写真で見る限りでは今年モデルの方がふわっとしているようにも見えます。サイズ感はほぼ昨年モデルと同じでした。

こちらは昨年モデル。今年モデルよりもクシャッとしているように見えます。

相変わらず腕にはMOTO PERFORMANCEの文字が入っています。が、同色プリントなので良く見ないとわかりません。このインナーだけの着用でも違和感はないと思います。

インナージャケットの高機能化とアウタージャケットの3層レイヤーっていう構造、更には昨年モデルにはほぼ採用されていないストームガードも装備されていますので、昨年モデルよりも高い防風、防寒性が期待できますね。唯一心配なのが、PUの使用量が13%と多いこと。長期間使えるかどうかは何とも言えませんね。

ということで、アドーレジャケットのお話でした。

ところで、このアドーレジャケット。

おそらくこの秋冬モデルで一番の人気モデルになっていると思われます。というのも、本家クシタニオンラインでは、発売前の時点で全色、全サイズ売り切れになっています。また、クシタニ世田谷店の店長が言うには、一番予約が多かった製品ということ、他店のブログを見ても、一部を除いて予約だけで完売などというエントリーが見られます。

ここで思い出すのが、今年の春夏モデルでの出来事。フルメッシュパーカージャケットは早々に完売。ベクトルジャケットも発売即完売という状況でした。しかもいずれの製品も追加生産も行っています。(その追加生産分もあっという間に完売だったそうです。)

おそらく、この製品、店頭に並ぶと同時にほぼ完売となるような気がします。

じゃぁもっと作ればいいじゃん!とはいかないのが、この業界と言うことのようです。世田谷店の店長さんとも話しましたが、追加生産するにも生地の手配、工場の手配、などなど、とにかく生産、出荷までかなり時間がかかるとのこと。今回の製品も、8月後半にサンプル品が販売店を巡っているのですから、発注はそれよりも以前。おそらく6~7月の時点で各店舗は発注しているものと思います。そりゃそうだよね。今回の製品もアウターはミャンマー、インナーはベトナムとそれぞれ生産国も異なりますし、まして、ライディングウェアというかなり特殊、というか極めてユーザーが絞られる業界なので、生産数量もかなりシビアに見極めないと、大量在庫の山ともなりかねないということのようです。一種の飢餓商法とも言えますが、ブランド力を維持する方法としてはこういったやり方が合理的ともいえると考えるわけです。例えば、量販店に並ぶウェアはシーズン終わりに一斉値下げ、下手すりゃ50%オフとかをやるわけでして、そうすると、ユーザーとしては、安くなったタイミングで買おうとしますし、世間のイメージも安物ブランドといったイメージにもつながりかねないと思うわけですよ。良いか悪いかはともかくブランド力、あるいはブランドイメージと言ったことを考えるいい機会になりました。