クシタニ K-1929 MIDパーカー




今年の夏は記録的な高温であちらこちらで最高気温の記録更新が相次ぎましたが、10月も中盤になると急激に秋らしい時節柄となりましたね。

この時期になると、朝夕と日中の気温の寒暖の差が大きくなり、バイクに乗るときもどんなウェアを着用するのか悩みます。

流石にウィンタージャケットだと日中暑すぎますし、かと言って春秋ジャケットだと朝夕が寒いし。

そこで活躍するのがインナージャケットとなりますが、クシタニさんのMIDパーカーを買いました。

ちょっと派手かなと思いましたが、パッと見は派手ですが、現物はそうでもないといういつものクシタニウェアらしい製品。

パーカーなのでフードが付いてます。パーカータイプのジャケットと異なり、フードを止めるループは付いてません。

フードを締める紐もロゴ入り。なかなか洒落てますよ。

袖口は親指を通すことができるサムホール。なので、全体的に袖がかなり長めの設定です。私が着用すると、袖が手のひらの半分以上が隠れるくらい長いんです。インナーだから気にはならないけどね(笑)

フード部分。大き過ぎることもなく小さ過ぎることもなく、実用的な大きさ。実際に使うことはないと思いますが、寒いときの防寒用としては十分アリだと思います。

胸ポケットと脇ポケット。止水ファスナーではないので、やはりアウターとして使うのは厳しそう。ただ、ポケットそのものは防水生地が裏地に使われており、ポケット内の物が汗などで濡れることを極力防いでいます。

生地のアップ。単なるマスタードカラーじゃなくて、スラブ調プリントがなされているために、安っぽく見えないんですよ。

使用感ですが、朝夕のやや寒い時間帯に春秋ジャケットのインナーとして使うと非常に満足感が高い。冬用ジャケットを着用する時期と春秋ジャケットを着用する時期の中間、ちょうど今の時期に最適です。暑けりゃ脱げばいいだけですからね。

気になる点。丈が長めです。コンテンドジャケットのようなスポーティ系ジャケットだとジャケットの裾から、MIDパーカーがはみ出します。

カジュアル系なジャケットであれば、はみ出しも気にはならないレベルにはなります。

またデザインも普段着としても使えるレベルなので、バイクに乗るとき以外でも活躍しそうですよ