山形ツーリング





SRで長距離ツーリングに行きたい!
ってことで、新潟~山形の庄内地域にツーリングに行ってきました。

水戸を出発して、下道オンリーで目指すは酒田市。途中福島の白河~会津を経由して喜多方の道の駅きたかたに到着。今年の夏は異常気象で日中はどこに行っても35℃超えです。

喜多方から大峠を越えて米沢へ。米沢から小国町を経由して村上市に向かいますが、途中「道の駅田沢」で休憩

国道121号経由で小国町を通り、村上市に到着。いよいよツーリングのハイライトである笹川流れに向かいます。
笹川流れはここ数年、ほぼ毎年訪れている場所で、特に夕日がきれいな場所です。今回の目的地である、「道の駅笹川流れ」に到着。

道の駅笹川流れは、JR羽越線桑川駅に併設されています。






JR羽越線は新潟から秋田にかけて日本海沿いに沿って走る路線ですが、特に村上以北は笹川流れに沿って線路が敷かれており、日本有数の風光明媚な路線としてもしられていますね。

さすがに下道オンリーでここまで来ると遠くに来たもんだと実感します。今回はSRで来ることが最大の目的でもあったので、まずは目的達成となりました。

さて、SRでの長距離ツーリングですが…
下道で走るのに限れば、おそらく最強のバイクと言えると思います。特に今回のような、通行量も多くなく、60km~80kmで巡航するようなシチュエーションであればなおさらです。シングル特有のパルス感は言うに及ばず、ゆったりとしたコーナリングや、やや心許ないフレームの剛性などすべてがゆったりとした感じであり、バイク自体が「あわてずのんびり行こうよ」と語りかけてくるようです。その気になればそれなりのスピードは出せますが、スピード感とは最も遠い位置にあるバイクであるとも言えますね。

さて、笹川流れを後にして、あとは海沿いを走って本日の宿である酒田に向かいます。