ワイズギア YAS36-K スタイルジャケット





Y’S GEAR YAS36-K スタイルジャケット
ヤマハ純正ライディングウェアと言えば、泣く子も黙るワイズギア。アパレルに限らず、ヤマハ車純正パーツも多数リリースしています。私も既にMT-10ではサイドケースやトップケース、セローでもパワービームを取り付けていますがいずれもワイズギアブランド。
ヤマハ純正品という扱いですが、実のところ、大多数の製品は専業メーカーのOEM品だったりするわけですが、ヤマハ純正アパレルは以前からクシタニやRSタイチの製品をヤマハ向けにアレンジしたりデザインを変えたりして売っていますので、ヤマハブランドではありますが、実際はクシタニやRSタイチの製品だったりするわけです。
本家であるクシタニやRSタイチとの違いは、扱い店舗が違ったりしますが、特にクシタニ製品だと、本家はクシタニプロショップや取り扱い店、クシタニウェブショップくらいでしか買えないのに対して、ライコランドや南海部品などの量販店でも購入可能だということ。当然ワイズギアが扱うので、流通経路がかなり制約がなくなるということでしょう。具体的にユーザーにどのようなメリットがあるかというと、在庫処分として投売りされる可能性が高くなりますね。当然、本家本元で定価で買うのが普通なのでしょうが、ワイズギア製品の場合、ワイズギアの製品という扱いですから、在庫処分とか、セールとかで投売り対象となると、とんでもなく安く買える場合もあります。

で、今回購入した、ワイズギア YAS36-Kスタイルジャケットは、本家クシタニではレイジャケットという製品なのですね。本家で買うと定価40,000円ですが、ワイズギアブランドということで、定価は42,000円です。しかし、今回はライコランドの数量限定セールで半額以下の税込み19,800円というありえないほど安く購入できました。

後ろ側。基本的にレイジャケットですから、クシタニ製品と同じなのですが、肩周りのステッチ、クシタニマークである赤白マークが青白に変わっています。

タグはしっかりと「KUSHITANI」のロゴが入っています。当たり前ではありますが。

胸周り。両側に胸ポケット。クシタニ製品らしいところです。生地自体は防風ラミネート加工がされており、本家レイジャケット2018年モデルとは若干異なるようです。本家レイジャケットも2017年モデルでは防風ラミネート加工がされていたようなので、このモデルは実質2017年モデルと同等と言えると思います。

胸周りの内側にはレーシングブレスとパッド装着用のベルクロ。裏地が思いっきり派手なのはお愛嬌と言ったところでしょうか。


両袖脇と袖口はネオプレーンによる伸縮素材が使われており、体を大きく動かす時でもストレスなく着用できそうです。


このYAMAHAの刺繍が本家製品にはないところ。YAMAHA製品であることを主張していますね。

背中のディンプル加工がされた革のステッチ。右側マークの青白がYAMAHA製品であることをアピールしています。純正品は赤白ですね。

タグですが、MADE IN JAPANの文字が!クシタニテキスタイルジャケットで日本製はかなり珍しいですよ。
クシタニ本家を含めて製造国がイマドキ日本製というのはかなり珍しいと思います。19,800円で日本製のライディングジャケットが買えるということ自体かなりレアだと思います。