マイニングをやってみた話

何かと世間を騒がせているBITCOIN、だいぶ前(7~8年)にも仮想通貨というキーワードで流行しました。当時、自宅サーバーを運営していたこともあり、どうせつけっぱなしのPCがあるから、という理由でサーバーを立てると同時にPCが動いていれば仮想通貨が採掘できるということで約半年間くらいやっていました。結局HDDが壊れたとかの理由でウォレットの中身が消失してしまい、採掘した仮想通貨はなくなってしまいましたが、当時、確か20万円分くらいは溜まっていたと思います。ウォレットを復活させようといろいろとやってみましたが、どうにもならずかなり残念な思いをしたことが蘇ります。

時は変わって、令和の現代、米国テスラ社のイーロンマスクさんがBITCOINに投資するという話が世界を駆け巡りました。すると、当時200万/1BITCOINだった価格が爆上げとなり最高値で600万を超える勢いで上昇し、慌てて参入する企業や個人が非常に増えてしまいました。
その後(2021年5月23日現在)イーロンマスクさんのBITCOINマイニングによる炭素排出量増大のよる温暖化の影響によりBITCOINでテスラ社製の電気自動車の購入を止めるなどの報道や、中国政府によるマイニングや仮想通貨の規制強化の報道により大暴落している状況となっています。

とはいえ、いくらかでもお小遣い稼ぎにでもなればいいやという人も少なくなく、いまだにマイニングを続けている人も少なくありません。

具体的にマイニングとはなんぞや?という仕組みについては他の詳しいサイトに譲りますが、私も久しぶりにマイニングを始めてみました。
当初マイニングを初めて行った時よりも環境の方はかなり整っており、PCにあまり詳しくない人でも参入は比較的容易になっています。

必要なものとしては、今使っているWindowsPCがあればとりあえずはマイニングそのものはできます。ただし、採掘量は極めて少ないと言わざるを得ません。採掘量を増やすために必要なものがグラフィックボードです。
私の場合、自作機を持っており、しかもグラフィックボードもそれなりの性能のものを持っているため、より簡単にマイニングができる環境があったということが一番大きな理由なのですが、グラフィックボードの性能が一番採掘量に影響を与えるため、高性能なグラフィックボードの方が採掘量も増えるということになります。以下、マイニングを行う際に気を付けたいところについてまとめてみました。

(まとめ)
1
自作機、または、メーカー機でもグラフィックボードを搭載しているWindowsPCがあればマイニングは可能。ただし、採掘量はグラフィックボードの性能に直結している

2
基本的な考え方として、マイニングによって得られる仮想通貨は日本円に換金ができる。ただし、1円=1BITCOINなどというように決められたレートはありません。

3
1BITCOINの価値は刻々と変化する。そのため、持っている仮想通貨を日本円などの現物貨幣に交換する際も日々刻々と変化する。そのため、今回のような大暴落が起こると現物貨幣に交換すると、持っているコイン数は同じでも現物貨幣に換金する際に手にできる現物貨幣の総額は大きく変わる。
例:保有BITCOIN数が1コインの場合、現在のレートではおよそ380万円。しかし、約1か月前では約650万円。

4
以上を踏まえて、マイニングを行う場合について考える。
マイニングを行う際の必要なものはPC、高性能なグラフィックボード。ほかにはPCを運用する際に発生する電気代。すると、PCやグラフィックボードなどの機器代金+電気代が経費となります。機器代金はイニシャルなコストですから、購入当初のみ必要。マイニングを行う時に必要なのが電気代。一般的には、マイニングをする際にはPC電源が入れっぱなしになると思いますので、1日あたり、あるいは1か月あたりの電気代を計算する。

5
私の場合、PC2台で運用しています。1台当たりの消費電力が約250W。(ワットチェッカーでの実測値)
なので、2台で500Wとなります。これの1か月あたりの電気代を計算してみます。すると、約1万円との計算結果となりました。

6
ランニングコストが1万円(電気代)。さらに機器代をどう判断するかということになります。趣味の延長でという考えであれば、機器代は無視でもいいかもしれません。それでも月に1万円の電気代がかかりますから、月に1万円以上の採掘量がなければ、赤字ということになります。
さらに、現状、高性能なグラフィックボードは半導体不足とマイニング需要によって非常に高価。というか、ボッタくりとも思える価格です。この部分のコストも計算するとなると、仮に採掘量が2万円/月であれば、稼ぎのうちの1万円が電気代、残りの1万円で償却するという考え方になります。
最高性能であるグラフィックボードを使用すれば採掘量は増え、回収金額も増えますが、電気代も増加しますし、バランスを考える必要があります。

7
私の場合での採掘量と経費
採掘量はおよそ0.008BITCOIN/月。現在のレートでは、約29,000円/月。
電気代が約10,000円。残り19,000円。グラフィックボードが10万円×2台=20万円
なので、償却するまで、20万÷1.9万=10.5月でグラフィックボード代の償却完了。その後は月々1万9千円の利益。
という計算が成り立ちます。

8
仮想通貨で稼ごうとするならば、この数字をどうとらえるかということにつきます。さらに、採掘量は一定ではなく、マイニングを行う人が増えれば採掘量は大きく減りますし、行う人が減れば採掘量は増えます。ただし、マイニングをする人が減ると、コインの価格も下落しますし、増えれば価格も上昇します。しかも、このコインの価格と実際の貨幣とのレートも刻々と変わりますから、単純にBITCOINの価格が暴落したといってもそれを補える分の採掘量が増えれば良いわけです。

9
なので、BITCOINなどの仮想通貨をマイニングしようとする場合は、電気代が実際の貨幣価格を上回らない限りは良いのではないかと思うようにしています。