クシタニ K-5330LD コンフォートディアグローブ

クシタニオンラインで時々発売されるモデルでリミテッドモデルっていうのがあります。
一種の限定商品なのですが、これらについては、事前にクシタニオンラインで「こういう商品を発売します」ってことを告知して、購入希望者を募った上で生産開始。その後事前予約したユーザーのみが購入できるっていう販売形態です。
今回発売されたのはグローブでして、もともとあった定番商品であるコンフォートグローブのバージョン違い、具体的には、素材を牛革からエゾシカ革に変えた物となります。
クシタニの革ジャンでもディアシングルジャケットというエゾシカ革を採用したジャケットが限定版として発売され、さらにディアスキンネオパンツっていう同じくエゾシカ革を採用した革パンもオンラインショップ限定で発売されたりしました。その一連の流れから、エゾシカを採用したグローブも発売されたのですが、某店長の話によると、エゾシカは、北海道に現在50万頭弱存在しており、農作物を食い荒らす、ときどき自動車やJRの列車と衝突したりして、人間様にとってはどちらかというと害獣扱い。(実際、北海道に乗り鉄しに行ったときに、鹿と正面衝突して約30分ほど抑止を喰らいましたよ)そのため北海道としては費用を払って駆除しています。ハンティングされたエゾシカは鹿肉としての利用がほとんどなのですが、そもそも鹿肉を加工する施設も少なく、ハンターさんの自家消費や廃棄処分となるものがほとんどであり、まして鹿革として利用するにも北海道内には鞣す工場が無いようで、鹿革として商売上成り立たないというのが実情のようです。
しかしながら、鹿革は、柔らかく、しなやか、洗える、丈夫、通気性がよく乾きが早いなどの優れた特性をもつ素材であり、これまでにも、紐類、手袋や財布、剣道具などに加工され、メガネ拭きや貴金属の汚れ落としても愛用されてきました。
ただ、鹿革としての利用は原皮全体の3%程度の利用でしかなく、有効活用されているかといえば、まったく活用されていないのと同様のようです。
ただ、クシタニの某店長さんんが言うには、そこそこの数のエゾシカ革が入手できたからということのようで、…ならば、皮革として極めて優れた素材であるエゾシカ革を利用した製品を作ってやろうとなったものと考えます。
そうはいっても、流通量が極めて少ないモノであることや、牛革などと異なり、鹿革として使える部分の大きさが極めて小さいこともあり、まして、ハンティングで狩られるエゾシカですから、銃跡がある部位も使えませんので、本当に極めて少ない数量であるためリミテッドモデルとして作られたものであると考えます。

手の甲側。形はコンフォートグローブと全く同じです。しかし、革の表面がやや異なりますね。普通のコンフォートグローブよりもシボがやや多めです。

手のひら側。写真だとかなりつやつやしているように見えますが、実際はそこまでつやつやしていません。セミグロスくらいのイメージです。
コンフォートグローブの特徴でもありますが、手首のところのがベルト止めではありません。スポッと手にはめるだけの作りで、非常にカジュアル。

手首側の側面に、クシタニブラックアウトシリーズでおなじみのブラックフジサンマークが縫い付けられていました。

手のひらの掌部分はソフトプロテクターが装備。

手のひら側のすべり止め。この部分は牛革っぽいです。

人差し指の先端部分は導電素材となっているようで、スマホ操作も可能っぽいです。自分のiPhoneでは一応動きましたが、実用的ではないと感じました。もっとも他のメーカーのグローブでも同じようなものなので、スマホ操作は素直にグローブを外して行った方がストレスがたまらないと思います。

付け心地とか操作性とか
オリジナルのコンフォートグローブを持っていませんので、オリジナルとの比較はできませんが、自分が持っているグローブと比較すると、ライダーズグローブとの比較になりますが…
ライダースグローブよりもやや硬め。革自体の質感はコンフォートディアグローブの方が上。
革自体の厚みがコンフォートディアグローブの方が厚め。なので、安心感は高い。厚みがあることで、革自体の硬さが固く感じるのかも。ただ、使い込むことで硬さは変化する可能性があります。
あと、鹿革の特徴として、剣道の防具として使われていることからも滑りにくい素材なのかもしれません。確かに、ほかのグローブよりも手首への負担は少ないと感じました。この点についてはもうしばらく様子を見てみないよ何とも言えなくもないのですが、少なくともこのグローブを着用してSRを一日中乗り回した結果、明らかに手首が痛くなりづらかったと感じました。

WEB限定の事前予約商品なので、今から入手するのは難しいかもしれませんが、クシタニ各店では予約以外での取り扱いも一部店舗ではあるようです。ただ、今後の新規発注は難しいと思われますので、店舗在庫限りとなりそうなので、気になる人は早めに動いた方がいいかもしれません。