MT-10タイヤ交換(4セットめ)

MT-10のタイヤ交換しました。メッツラーのZ8だったのですが、まだ2000㎞くらいはいけそうだったのですが、自宅ガレージ前でなんと駐車中にパンク。砕石のとんがった部分が見事にタイヤに突き刺さっており、しかもピンポイントでリアタイヤのど真ん中。クサビ状の砕石でした。ほとんど奇跡的な確率でしょう(笑)

修理も考えたのですが、いずれにしてもあと1~2000㎞で交換というタイミングでしたので、思い切って前後セットで交換となりました。

OEMタイヤがBSのS-20、最初に交換したのがメッツラーのZ8。これは安いし、純正が190/55というSSのようなタイヤだったことから、このサイズ設定があるタイヤの中で最も安いという理由で選びましたが、これがなかなか良さげなタイヤで、結局2回目の交換も同じタイヤを装着。
今回、またまた同じタイヤというのも芸がないので、違うタイヤということで、BS TS100に交換しました。
安いってことのほか、パターンがOEM装着のS20と同じということで、多少スポーツ走行にも向いているのかなってことと、Z8がツーリングメインなのに対して、TS100はオールマイティに使えるってところ。もともと飛ばす方でもないし、Z8よりは気持ちよさげってことが一番の理由でした。

先日の休日に交換して皮むきついでに200㎞ほど走ってきました。

フロント側。まだまだヒゲも残ってます。両サイドもアマリングまくり。

リア側。もちろんアマリングまくりです。

Z8と比べて、ハンドリングはZ8同じように素直で扱いやすい。一番の違いは、乗り心地がソフト。腰砕けというのではありませんが、サスペンションを1ランクソフト側に設定したようなイメージです。街乗りとかでも疲れにくそうですね。
このタイヤの売りが、普段使いのタイヤということですので、街乗りから峠までってことのようで、比較的シチュエーションを選ばないようです。
ただ、気になるのが、純正時のS20のライフが8000㎞で終了となったこと。柔らかいコンパウンドということで、ライフが短めなことが予想されます。
走り方にもよるとは思いますが、その点が少し気になります。しかしながら、ファーストインプレッションとしての感触は乗り心地が良く、素直なハンドリングということで、まずは一安心です。