クシタニ K-2801 アロフトジャケットの使用適性温度

先日購入したアロフトジャケットですが、実際のところ防寒性能はどんなものなのか?ということで、ここ数回使用した感想を書いていきます。

本日(2021/2/6)のような最高気温15度、晴れの天気ですと正直かなり暑いと感じました。インナーはゴアウィンドストッパーインナーシャツを使用。その前の週に使用した際は気温10度程度でしたが、ちょうどいい感じ。ちなみにインナーはおたふくのボディタフネス極厚を使用しての状況。
なので、おそらく温度適性は上の方で10℃~15℃くらいまでが限界と思います。やはり真冬での着用が適しているのではと感じますね。
下の方はインナーで何とでもなりますから、道路が凍結さえしなければこれ1着で真冬も乗り切れると思いますね。ただ、気温が上がった時がやはり問題となります。同じく今年モデルのガルジャケットも適性気温は同じようなものだと思いますが、ガルジャケットは風のインテークがありません。暑ければ標準装備のインナーを外すことしかできませんが、アロフトジャケットは二の腕のところに走行風のインテーク、背中側にはジャケット内部の熱気を排出するためのアウトレットがありますので、これを開けるだけでもかなり熱気を逃がすことができます。
実は、冬用ジャケットでインテークとアウトレットは本当に必要なのかという疑問も多少持っていたのですが、今日のツーリングで「やっぱ必要だよね」という思いを強くしたのでした。