クシタニ レギュレーターライトジャケットを着用して走ってみた

今シーズンの春秋新作レザージャケットである、レギュレーターライトジャケットですが、ようやく着用できる気温となりましたので、さっそく走ってみました。
この日は最高気温20℃と5月初旬のころの気温。ですが、朝晩は5℃程度とまだまだ冬の気温です。したがって、冬用インナーにミドルレイヤーとしてミッドジャケットを着用した上にレギュレーターライトジャケットを着用。ボトムは定番のエクスプローラージーンズで。

ざっくりこんな感じとなります。ボトムはもうちょっと明るい色のライディングパンツでも合うかも。

ミドルレイヤーのミッドジャケット。いつもは普段着として使っていますが、今回はまともにミドルレイヤーとして使用しました。

インプレ
今日の気温くらいが一番気持ちいい着心地。これ以上の気温であればミッドジャケットはいらないと思います。
ジャケットそのものは、前回記載の通り、大変軽い着心地かつ柔らかい。ほんとテキスタイルと同じ感覚で着用できます。かる~い着心地と柔らかい皮革のおかげで、テキスタイルジャケットの着心地と皮革の安心感。さらにもともとカジュアルなデザインなので、ぱっと見だとライディングジャケット然としておらず、街歩きなどのバイクを降りた時でも違和感を感じませんでした。

ただ、私が購入したモデルはアイボリーなので、いずれ汚れが気になるのではないかと危惧するところではありますね。こればっかりは汚れ落としなどはこまめに行っていかなければと感じます。
いずれにしても、今年の春秋はこのジャケットと過ごすことが多くなると思います。

MT-10タイヤ交換(4セットめ)

MT-10のタイヤ交換しました。メッツラーのZ8だったのですが、まだ2000㎞くらいはいけそうだったのですが、自宅ガレージ前でなんと駐車中にパンク。砕石のとんがった部分が見事にタイヤに突き刺さっており、しかもピンポイントでリアタイヤのど真ん中。クサビ状の砕石でした。ほとんど奇跡的な確率でしょう(笑)

修理も考えたのですが、いずれにしてもあと1~2000㎞で交換というタイミングでしたので、思い切って前後セットで交換となりました。

OEMタイヤがBSのS-20、最初に交換したのがメッツラーのZ8。これは安いし、純正が190/55というSSのようなタイヤだったことから、このサイズ設定があるタイヤの中で最も安いという理由で選びましたが、これがなかなか良さげなタイヤで、結局2回目の交換も同じタイヤを装着。
今回、またまた同じタイヤというのも芸がないので、違うタイヤということで、BS TS100に交換しました。
安いってことのほか、パターンがOEM装着のS20と同じということで、多少スポーツ走行にも向いているのかなってことと、Z8がツーリングメインなのに対して、TS100はオールマイティに使えるってところ。もともと飛ばす方でもないし、Z8よりは気持ちよさげってことが一番の理由でした。

先日の休日に交換して皮むきついでに200㎞ほど走ってきました。

フロント側。まだまだヒゲも残ってます。両サイドもアマリングまくり。

リア側。もちろんアマリングまくりです。

Z8と比べて、ハンドリングはZ8同じように素直で扱いやすい。一番の違いは、乗り心地がソフト。腰砕けというのではありませんが、サスペンションを1ランクソフト側に設定したようなイメージです。街乗りとかでも疲れにくそうですね。
このタイヤの売りが、普段使いのタイヤということですので、街乗りから峠までってことのようで、比較的シチュエーションを選ばないようです。
ただ、気になるのが、純正時のS20のライフが8000㎞で終了となったこと。柔らかいコンパウンドということで、ライフが短めなことが予想されます。
走り方にもよるとは思いますが、その点が少し気になります。しかしながら、ファーストインプレッションとしての感触は乗り心地が良く、素直なハンドリングということで、まずは一安心です。

クシタニ K-2801 アロフトジャケットの使用適性温度

先日購入したアロフトジャケットですが、実際のところ防寒性能はどんなものなのか?ということで、ここ数回使用した感想を書いていきます。

本日(2021/2/6)のような最高気温15度、晴れの天気ですと正直かなり暑いと感じました。インナーはゴアウィンドストッパーインナーシャツを使用。その前の週に使用した際は気温10度程度でしたが、ちょうどいい感じ。ちなみにインナーはおたふくのボディタフネス極厚を使用しての状況。
なので、おそらく温度適性は上の方で10℃~15℃くらいまでが限界と思います。やはり真冬での着用が適しているのではと感じますね。
下の方はインナーで何とでもなりますから、道路が凍結さえしなければこれ1着で真冬も乗り切れると思いますね。ただ、気温が上がった時がやはり問題となります。同じく今年モデルのガルジャケットも適性気温は同じようなものだと思いますが、ガルジャケットは風のインテークがありません。暑ければ標準装備のインナーを外すことしかできませんが、アロフトジャケットは二の腕のところに走行風のインテーク、背中側にはジャケット内部の熱気を排出するためのアウトレットがありますので、これを開けるだけでもかなり熱気を逃がすことができます。
実は、冬用ジャケットでインテークとアウトレットは本当に必要なのかという疑問も多少持っていたのですが、今日のツーリングで「やっぱ必要だよね」という思いを強くしたのでした。