クシタニ K-0701 レギュレーターライトジャケット

クシタニ K-0701 レギュレーターライトジャケット

クシタニの2021春夏モデルの第一弾、K-0701 レギュレーターライトジャケット、オフホワイトです。
たまたま行きつけのクシタニプロショップに春夏モデルの詳細を聞きに行きましたら、まだ、詳細は未公開ということでした。しかし、カタログ入荷前に新作が入荷しており、その新作その第一弾として入荷したものがこのK-0701 レギュレーターライトジャケットという革ジャケットでした。
最近のクシタニはYOUTUBEで先行公開したのち、カタログ入荷と同時くらいに順々に春夏モデルの入荷というようにニューモデルが公開されていくのですが、人気モデルですと入荷と同時に売り切れとなるモデルも少なくなく、このジャケットも1/20にYOUTUBEで公開、その週の金曜日である1/22に入荷、その後の土日でほぼ完売となったそうで、お店に伺った昨日で最後の1着となっていたものを購入しました。
実は、お店に行ったのは、このジャケットを買うためではなく、アクアジャケットの予約をしようと思い行ったのですが、情報が全くと言ってよいほどに公開されておらず、YOUTUBEで公開されていることしかお知らせできないとのことでした。それではまた来ますと言ってお店を出ようとしたときに、このジャケットが目に入り、試着してみますか?という悪魔のささやきが…速攻購入と相成ったという具合でした。

前側と後ろ側。このジャケットはこれまでのレギュレータージャケットと同様、フード付き、パーカースタイルの革ジャケットです。レギュレータージャケットが出た当初は、革ジャケでフード??って思ってまして、特に興味も湧かなかったのでしたが、このモデルがYOUTUBEで紹介された時は多少「おっ?」っとはなりました。まず、色合い。これまでのジャケットは黒とかグレーとかシックな色合いのものがほとんどであり、また、明るい色や派手な色合いのものはレザースーツ系やSSなどを乗りこなすいわゆる走り屋系を対象としたモデルが多かったように思います。そのため、色合いもさることながら、派手なワッペンやデカデカとしたロゴなどを腕や背中に大きく貼り付けたようなジャケットが多く、逆にシンプルな作りの革ジャンはというと、前述のとおりの黒とかグレーとかのダーク系ばかりでしたので、このK-0701 レギュレーターライトジャケットは、この色使いで派手じゃない。でもパーカースタイルだから比較的気軽に使える、とゴリゴリのレザーというイメージを真っ向から否定したデザインだと思います。

もう一つ、革ジャンなのですが、テキスタイルの使用部位が多いってこと。脇から腕の内側など、転倒時に直接ダメージがかかりにくいところはあえて布を使用しています。写真のグレー部分ですね。これも革ジャンのイメージをを大きく変えています。クシタニの他のモデルでも実はテキスタイルを使用している部分が多い革ジャンは以前からありましたが、これまではあえてテキスタイルを使用している部位を隠そうとしていたような使い方が多かったように思います。転倒時にダメージがいかないようなところへテキスタイルを使用することの実害はほぼありませんからね。さらに重量を軽くするという、あるいは運動性能を妨げないなどのメリットも多いですから。ただ、購入する側からすると、革ジャンを買ったのに、なんで一部に布っ切れが使われてるの?って思うかもしれません。そんなこともあってかどうかはわかりませんが、これまでは布っ切れを隠す方向性での革ジャンづくりだったのではないかと思われます。
しかし、このモデルはあえてテキスタイルを見せることで、革ジャンのイメージを大きく変えてきています。これまでの「重い」「暗い」「いかつい」といったイメージをまるっきりひっくり返しにかかっているように思えてなりません。
まず、私がこのジャケットを見て思ったことは、普段着で使えるんじゃないか?ということでした。さらに試着してみると、まず最初に感じることは「軽い」ってこと、次に「柔らかい」ってこと。皮革自体も一般的なホルス、牛革ではなく、ゴートスキン、つまりヤギ革を使用しており、ご存じのとおり、ゴートスキンはバイク用ですと、おもにグローブなどで使われている皮革であり、とても柔らかいことが特徴な皮革ですね。そんなこともあってか、とにかく軽くて柔らかいジャケットです。イメージ的にはややごわっとしたテキスタイルジャケット程度の感覚。ただし、皮革ですから、ごわっとしたテキスタイルのように変に突っ張る感じもありません。

両脇のファスナー。上下にファスナーの持ち手がありますが、上からも下からも開けられる構造です。
これは上半分が風のインテーク側

中がメッシュ構造となっています。また入ってきた風は背中側から抜けていける構造です。

このフラップ部分がファスナーで開閉できるようになっており、

風を通したくない時には閉めておくことが可能。これはアロフトジャケットでも見られた構造ですね。

両脇のファスナーの下半分がポケットとなっています。

これは胸ポケット。止水ファスナーでした。ちなみに両脇のファスナーも止水ファスナーとなっています。

内側。一般的なインナーですが、純正の防寒ベストやメッシュベストが装着できるようになっています。また、胸部パッドの取付用のベルクロも装備されています。右側にはインナーポケットも装備。

フードの内側にはバタつき防止用のベルクロ。フードを使うときはこのようにベルクロをたたんでおけるようになっています。

最後に色合いの比較。左側のレザージャケットはK-0662 キャプチャージャケットのホワイトですが、このホワイトはほぼ真っ白なのに対して、レギュレーターライトジャケットのオフホワイトは若干グレーがかったホワイト。写真ではわかりにくいのですが、明らかにやや暗め。なので、ホワイトとはいえかなり落ち着いた感じのホワイトです。このあたりもテキスタイルジャケットを意識しているのではと感じますし、普段使いでも浮いた感じがなく好感が持てる色合いだと思います。

このジャケット、かなり評判が高く、クシタニの各店舗ブログを見てみましても、サイズによってはすでに売り切れとなっている店舗も多く、興味のある方は早めに店舗で確認したほうが良いと思いますよ。
でも試着したら絶対欲しくなるという、ある意味麻薬のようなジャケットですから、迷っている人は試着をしない方が良いかも(笑)

AMD謹製のグラフィックボードホルダーとUSBケーブルが送られてきました

先日、新グラフィックボードであるRADEON RX6800を購入いたしましたところ、日本AMDによるキャンペーンが実施されており、それに応募したところ、グラフィックボードステーが送られてきました。
AMD RADEONのロゴが入っています。
ちなみに、応募者全員プレゼントだったようで、SNSやブログにRADEON RX6800シリーズのことをコメントしていれば貰えるとのこと。正月明けそうそう送っていただきさっそく取り付け。
実は、このステーは当たり前ですが、AMDが作っているものではなく、長尾製作所製のようで、Amazonでも3,000円程度で売っているものと同等の製品のようです。

また、グラフィックボードホルダーとは別に、RYZENシリーズの購入者にもUSBケーブルがプレゼントされるというキャンペーンも同時に実施されており、こちらもゲットしました。

得した気分ですね!