古い3D markをやってみた

ベンチマークソフトというPCやスマホ、タブレットなどの性能を図るソフトウェアがあります。有名なところでは、PC markや本ブログでもたびたび掲出しているCineBenchなどがあります。そんな中で、ゲーミング性能を比べるソフトウェアで一番有名なのが
「3D mark」というベンチマークがあり、元々はfuturemarkという企業が開発したベンチマークで、主にはPCのグラフィック性能を図る目的で作られたソフトウェアです。歴史も比較的古く、3D mark99としてリリースされたベンチマークソフトでしたが、ほぼ毎年アップデートされ、現在でも3D markとしてリリースされています。そのときどきのAPIを採用し、常に最新機能を測ることができるソフトウェアであるため、かなり重宝しております。

では、現在のシステムで当時の3D markを走らせるとどの程度の性能が出るのか?という点が気になります。PCなどのデジタルデバイスは性能の進化も滅茶苦茶早く、下手すると5年前くらいの最高峰システムでも、現在のエントリークラス程度の性能しかないなんてこともごく当たり前だったりします。逆に当時の最高性能jのPCは、現在ではどの程度のPCで当時の最高性能を発揮できるのかということも気になります。
ということで、当時スコアを競ったいにしえの3D markを現在のPCで走らせるとどうなるのか?をやってみました。
なお、すでに当時の3D markソフトウェア持っていませんので改めてULのサイトからDLしてきました。DLしたのは、3Dmark2001SE、3Dmark03、3Dmark05の3点。ちなみに3Dmark2000と3Dmark99もDLしましたが、99は起動せず。2000は起動~最後まで完走はしました。が、システムインフォが起動できずスコア非表示。また、05はスコア表示がオンラインブラウザでしか確認できず、オンラインブラウザがNOT FOUNDで表示できません。したがって、結果として表示できるものが03と2001SEのみとなっています。なお、いまさら有償版というわけにもいかず、解像度の変更ができないためいずれも1280*1024のSXGA解像度で実行しています。

3D mark2001SE
当時はどんなに頑張っても4桁行けばいい方と思っていました。

3D mark 03
インフレ率ハンパねぇっす。驚きの6桁。何かの間違いじゃないかと思いましたが、実行中のグラフィック画面を見てますと、フレームレートが1000/secとか2000/secとかになります。これくらいの数字が出てもおかしくないのです。

確かに、実行中の画面を見ていますと、現在の3Dシーンとかとはレベルが違いすぎ。明らかにCGですよっていうのがまるわかりです。
逆に言えば、現在の3Dグラフィックがいかに作り物っぽくないっていうことが、改めてわかる結果となりました。

しかし、デジタルデバイスの進化って、改めて過去を振り返るといかに猛スピードで進んでいるかっていうことが良くわかります。あと10年、いや20年経つとどれだけ進化しているのか想像もつきません。



RYZEN 7 5800X

AMD製最新CPUである第4世代、Zen4ことのRyzen5000シリーズが2020年11月6日に国内発売となりました。
当日の秋葉原はかなり賑わったようで、特にRyzen 9シリーズである、5950Xと5900Xは瞬殺、その後も時おり少数ながら入荷しているようですが、ほぼ現時点(11/17現在)でも入手困難な状況です。
同じRyzen5000シリーズでも下位の5800X、5600Xは入手困難というレベルには至っておらず、ショップやネット通販でも比較的入手しやすいようですが、それでも確実に入手可能というほどでもなく、店舗によってはいまだに買えないという状況のようです。

今回のRyzenシリーズは、これまでのCPU内部構造を大きく見直しており、CPU内部でのデータ通信の遅延を減らすことなどで、前世代であるRyzen3000シリーズからかなり大幅な性能アップを果たしています。

特にゲーム性能については、Ryzen3000シリーズまではINTEL Coreシリーズに追いつきそうで追いつけないという状況でした。肉薄はしていたのですが、追い抜くことまではなかなかできないというかなりじれったい状況でしたが、初めてINTEL製CPUをブチ抜くという快挙に至ったわけです。

これまでのRyzenシリーズは、ゲーム以外の部分については多コアに云わせてINTEL製CPUよりも有利なソフトウェアも多くありましたが、今回のRyzen5000シリーズの発売で「完全勝利」と言い切ってよいと思うほどの状況となったのです。

ということで、新型Ryzen買ってきました。左下に5000 SERIESと印字されています。今回からCPUクーラーが付属しないモデルが多くなり…というか付属するのが5600Xのみ…なので、パッケージも簡素化されています。

ラベルのところはあまり変化なし。

で、さっそく取り付け。これまで使っていた3700Xと交換しました。

マザーボードはこれまでと同じ ASUS TUF GAMING B550-PLUS。
BIOSは最新の1212にアップデートしています。ベータ扱いだけどね。

アッセンブリは中国。前世代ではマレーシア産の方が良いとか言われていましたが、今回はどうなのかは不明です。

で、さっそくCineBenchi R20での比較。

3700X
CPUスコア 4683

5800X
CPUスコア 6004

23%のアップとなりました。もっとも、比較対象が3700Xであるためクロックとかが異なるので、単純な比較にはなりませんがシングルの数値がとんでもないことになっています

CPUスコア(シングル) 614

3000シリーズはどんなに頑張っても600台は出ませんでしたが、ポン付け交換したのみで600台を記録しています。設定を詰めればあと10~20程度上乗せ可能と思われますので、620台は固いと思います。

Ryzenシリーズの凄さを垣間見ましたが、次年度以降ZEN4が予定されており、どれだけ高速化するのか、ここ数年はAMD製CPUから目が離せません。