クシタニのツーリングブーツ その1

クシタニのツーリング用ライディングブーツであるK-4535ネオブーツです。
これまでずっと使っていた、アルパインスターズのFASTERシューズがついに壊れまして、その代わりにこのツーリングブーツを購入しました。
インプレ等はまだまだですが、第一印象は滅茶苦茶柔らかい!となります。もちろん従来の革製ブーツと比較しての話ではありますが。

ガルドシューズとネオブーツ、特にネオブーツは今年モデルからアウトドライメンブレンが省かれまして、これまでの完全防水ではなくなり、撥水牛革という仕様に変わっています。あまり…というかほとんど機能的な差異はなくなりました。ほぼガルドシューズのデザイン違いの製品と思っていただければ間違いないと思われます。
完全防水のブーツやシューズはこれまで同じクシタニのアドーネシューズしか持っていませんでしたが、特に雨の中を走るというシチュエーションがほぼありませんでしたので、特に完全防水でなくても大丈夫との判断での購入です。
実際の使用感などは後に書くとして、デザイン面や他製品との比較画像を貼っておきますので、サイズ感などをご確認いただければと思います。

AVIREXのYAMATOブーツとの比較。高さはほぼ同じ。なので、意外とネオブーツは大柄なのです。

GAERNE タフギアとの比較。タフギアの方がやや低いようですが、ソールの高さはほぼ同じかややタフギアの方が気持ち低いくらいです。どちらの製品もブロックパターンなので、歩行感は柔らかめ

クシタニアドーネシューズとの比較。アドーネシューズの方が明らかに低い。ただしこちらについてもいずれの製品でもブロックパターンのソールを採用しており、街中を歩くときなどは滑りにくく普段使いとして使用しても違和感は少ないと感じます。

バイク用ブーツではありませんが、レッドウィングのベックマンとの比較です。カテゴリが全く異なる製品なので、単純に大きさだけを比べてみました。ちなみにベックマンはフラットソールです。

いずれ近いうちにインプレなどご紹介しようと思います。

*追記
本来、このエントリはクシタニ K-4535 ネオブーツとしてエントリしましたが、ちょっと状況が変わりまして、表題を変えました。
その理由については次回以降のエントリで…