クシタニ K-2810 ホワイトグースダウンジャケット

クシタニのウィンタージャケットの多くは防寒インナーが別体式であり、しかもこのインナーの防寒性能はかなり優秀です。以前某メーカーの防寒性能最強を謳う冬ジャケット(しかも5万円ちかいかなり高価格)を購入しましたが、使用当時はまぁまぁ防寒性能も高いジャケットだなと思っておりました。しかし、同時期にクシタニのウィンターヴィターレジャケットを購入。ウィンターヴィターレジャケットも5万近い価格でしたが、防寒性能は雲泥の差ほどあり、この一件をもってしてライディングウェアはクシタニ製品に限る!となってしまったほど衝撃的な出来事でした。

そんなわけで、同社製品には絶大な信頼を置いておりますが、ウィンターヴィターレジャケットの次の製品である、ウィンターモードスポルトジャケット以降、インナー別体式が標準的となり、インナージャケットだけでも着用できるようになりました。ただ、基本的にウィンタージャケットは名前の通り寒い時期に使うものであるため、インナー別体式とはいえ、ほぼアウターと連結した状態で使う前提となっており、よく言われるインナーを外してアウターだけなら春秋用としても使えるんじゃね?という疑問も生じるわけですが、実際のところ、サイズ感が春秋ジャケットと冬ジャケットとでは全く異なりますので、実用的とは言えません。そのため、クシタニ製冬用ジャケットは現時点で5~6着所有しておりますが、その全てでインナーとアウターを連結した状態でしか使用していません。逆に言えば、春秋用ジャケットに冬用インナーを取り付ければ冬用ジャケットになるかと言えば、やはりアウターのサイズ感が異なるため実際のところ大変厳しいと思います。

ところが唯一といってよいほど、一般的なクシタニジャケットとサイズ感が異なるクシタニジャケットがあります。実は、エクスプローラージャケットがそんなジャケットでして、元々の作りがかなり大柄で、さらにほぼ完全防水仕様。基本的には春秋ジャケットに分類はされますが、コイツにインナーを取り付けたらオールシーズンジャケットとして使えるんじゃね?ってことで、冬用ジャケットのインナージャケットであるダウンライクミッドとかと連結させて防水オールシーズンジャケットとして使えないかと考えました。実際のところ、元々の冬用ジャケットの方が当然冬用として作られているので、防寒性能についてはエクスプローラージャケットは冬用ジャケットの足元にも及びません。さらにエクスプローラージャケットは防水性もさることながら予想以上に通気性もかなり良いのです。
ところが、特に今の時期(10月から11月ころと、3月から5月初旬まで)って朝晩はそれなりに冷え込みますし、かといって日中はそこそこ暖かいし、また山に行けば標高が高くなれば高くなるほど寒くなるというジャケット選びが難しい時期でもあります。完全な冬用ジャケットでは朝晩は丁度良くても日中は暑くなりすぎますし。逆に春秋ジャケットだと朝晩と標高が高いところに行くと間違いなく寒すぎるという事になります。

なので、そこそこの防寒性が確保できれば良いわけで、そんな時期にぴったりなのが、今回購入したホワイトグースダウンジャケットなのです。

ホワイトグースダウンジャケットは、かなり長期間にわたり定番商品として販売されており、通常の冬用ジャケットのインナージャケットと異なり、これ単体でも見栄え良く着用できるようかなりデザイン的にもアウターとしての使用を意識したデザインです。

後ろ側もリフレクターが装備されていたり、肩回りや背中のラインなどデザイン面でも単独着用を前提とした作りとなっています。

腕と胸の「MOTO PERFORMANCE」ロゴと胸のスラッシュフジサンマーク

内側。冬用インナーと同様「MOTO PERFORMANCE」のロゴ入りです。

袖口には親指を通せるサムホールが装備。冷気が袖口から入り込みにくいような配慮がなされています。

さて、この「ホワイトグースダウンジャケット」、暖かさを求めて購入すると失望します(笑)
単純に暖かさを求めるなら、K-2696 グレーダックダウンミッドや、K-2697 ダウンライクミッドなどの冬用ジャケットのインナー単体製品の方が間違いなく優秀です。
(ただし、今年のカタログからはディスコンとなっています。昨年分の在庫を探すしかないかもしれません。まぁそんなに売れるような製品群ではないと思われますので、店舗に問い合わせてみれば意外と在庫はありそうですが。)

ではなぜ、ホワイトグースダウンジャケットが未だに売られているのか?

冬用ジャケット標準装備のインナーと比べて明らかに違う点。それは「薄い」という点。さらに言えば「タイト」である点。
すなわち、このジャケットは春秋ジャケットにインナーとして追加して着用する、あるいは標準装備のインナーを装備した冬用ジャケットに更に追加して着用するインナージャケットだからです。
なので、当初書きました、春秋用ジャケットである「エクスプローラージャケット」にこのホワイトグースダウンジャケットをプラスして着用する、するとこの時期本当に重宝するのです。しかも、このジャケットは薄いと書きましたが、だから薄いからこそ可能なのですが、バイク用のカッパのような保管袋が標準で付いてきます。なので、普段は保管袋に入れたままでリアバッグとかトップケース、あるいはタンクバッグなどに入れておいて、寒くなったら着足すという使い方が一番しっくりくる使い方だと思います。

そういった使い方のほかにも、ホワイトグースダウンジャケットを着た上に春秋ジャケットを着用してバイクに乗る、その後バイクを降りた後、春秋ジャケットのみを脱いで、食事をするとか、街中を歩くとかといったシーンでもホワイトグースダウンジャケットだけを着用して街中を歩くといった場合でも違和感が無いようにアウタージャケットとしてのデザインを意識した作りとなっているのだと思います。