MT-10のこと その1

所有しているMT-10についてですけど、2017年発売開始から3年と数か月経ちました。最初期に購入しましたから、最初の車検も通して乗り続けています。
自分としては、結構気に入っているのですが、ネットの評判とか見ると良く書かれているインプレがあまりありません。どちらかというとネガティブな内容ばっかりです。

何が気に入らないのかその内容を見ますと…
1 燃費が悪い…大体14~15km/L
2 盛り上がるような加速感が味わえない
3 小回りが利かない
4 独特の面構え…キモイ、ガンダムチック、トランスフォーマーのように変形しそう
5 周りに乗っている人が少ない
6 水温上がりすぎでオーバーヒートしやすい

納得できる部分もあるのですが、ほとんどのインプレッションが言いがかりとも思える悪意を持った投稿内容で…

これに対していちユーザーとして反論しておきましょう。

まず、4と5については主観的な話であったり、単にユーザー数の問題なので省くとして、

このバイクを理解するためにも、まずはエンジンについての考察
2について。
このバイクの最大の特徴であるエンジンについて。ご存じのように、ヤマハさんはクロスプレーンとか言ってますが、ご存じの通り、これは単にクランク軸を90度捻ったものを使っているというだけで、目新しい技術でもなんでもないと考えています。
なぜなら、MT-10と同じような爆発間隔とさせるのならば、単純にV4エンジンとすればいいだけの話。
しかし、あえてヤマハはV4にしなかった。おそらく、エンジンをV4化することでのデメリットを嫌ったのだと思います。エンジンヘッドやカムシャフト、それにつながるカムチェーンなどが単純に2つ必要になりますね。それによるエンジン重量の増加や機械的な故障のリスクを嫌ったうえで、全幅が広がることよりもあえてエンジン長が長くなることを嫌ったのではないかと思います。
もともとヤマハってエンジンをV型化するのをあえて避けているのではないかと。特にSSとか純粋にスポーツ性能を求められるバイクに対しては。
過去にTRX850という、DUCATIまるパクリと言われたバイクが存在していましたが、これもV型エンジンではなく並列ツインを採用していました。ホンダはVTR FireStormでV型としましたが。
結果はご存じのとおり、TRXは発売当初こそそれなりに売れましたが、VTRに完敗。
ヤマハはV型エンジンの良さをあえてツインで表現したかったのだと思います。後にMT-07でこの技術は開花しますけどね。ちなみに、ホンダのNCも270度クランク。Vツインと同じ爆発間隔です。
ここまで言えばわかると思いますが、適材適所ということなのだと思いますね。

さて話をMT-10に戻しますが、まずは、2015年に発売されたYZF-R1という2CR形、当時最強と言われておりましたSSをヤマハは持っています。最強SSのエンジンを使ったネイキッドとしてMT-10は企画されたのでしょうが、まずは、エンジンありきなバイクなのですよ、MT-10は。
なので、このバイクに普通のネイキッドを求めたら確実に「つまらない」バイクと感じるでしょうね。
当初のインプレでも書きましたが、「気がついたらトンデモない速度が出ている」というインプレですが、これこそがMT-10の真骨頂と言いますか、V4エンジンの特徴とでも言いましょうか、要するに、このV4エンジンとかクロスプレーンとかっていう270度クランクのエンジンの一番の特徴であると考えます。劇的に伸びあがるエンジン音とか、まるで加給されたターボエンジンのような加速感などとは一番遠いところにあるエンジンだと考えます。ゾクゾクするような加速感なんてものはMT-10にはありません。問答無用、力業で加速していくというエンジンなのです。まさにV4的な加速感です。

ですから、過去にVFRとかに乗っていたことがある私には大変しっくりとくるエンジンだと思うのですが、これを理解されないで、単なる直4エンジンのつもりで乗ると非常につまらないエンジン、ひいてはつまらないバイクとなるのではないでしょうか?

つづく