AMD RYZEN 5 3500でのPC自作 PART 3

マザーボードにとりあえず必要最低限なものを組み込んだら、次はケースに収納です。前にも書きましたが、イマドキのケースって恐ろしく安いですよ。電源付属せずってのもあるかとは思いますが、その昔に某「星野〇属」とかを使っていた自分からすると考えられないほどの安さ。その分、今のケースってものすごくペラいんですけどね。

サーマルテイクのミドルATXケース。実はこのケース、他に使っているアンテックのケースと作りがそっくりなんですよねぇ。ケースなんて数多く売れるものでもないし、規格も共通化されていることから、おそらくメーカー名はいろいろあってもOEMでどこぞの中華金属加工屋が作っているのではないかと思います。でないと、こんなに安くはできないと思います。ユーザーからすれば、見栄えと、取り付けやすさと、価格が満足できればこだわるところが少ないからかもしれません。

ただ、よーく見ると、裏配線のことやマザーボード裏側のくり抜き、あるいは水冷を前提としたエアフローなど、非常によく考えられている作りだなと感心したりもします。
このケースにしても、内部右側の部分などは配線を裏側に回しやすい作りだったり、5インチベイなどイラネっていう私のような者にはベイが取り外せたりするような作りであり、10年で一番進化したパーツじゃないかと思ったりします。

まずはマザーボードをケース内に取り付け。その後、ケースから出ている必要な配線を写真のように裏側から表側に引き回してきます。

次にグラフィックボードをマザーボードのPCI-Ex16スロットに差し込み、ブラケットをケースにネジ止めします。このグラフィックボードはブラケットを2段占有。物によっては1段だったり、高性能なグラフィックボードだと3段も占有するものもあります。
今回のグラフィックボードはnVIDIAのミドルハイクラスのGeForce GTX 1660Superなので、2段で収まっています。

電源の取り付け。最近の電源はケース下部に取り付けるものが大半です。電源ってめっちゃくちゃ重いので、理にかなっているのと、ケースファンを取り付けることがほとんどなので、以前のように、電源ファンがケース内排気ファンを兼ね備えるということもなくなってきましたので、現在の配置になったと思います。
それと、CPU爆熱時代にはCPUの温度が鬼のように上昇していたため電源ファンをケース内排気ファンと共用させると、電源のコンデンサをはじめとする部品の温度による劣化が激しくなってきたということもあったと思います。特にコンデンサなどは温度依存が高く、105℃品とか95℃品とか、対応する温度によって部品単価が全然違うなんてこともあります。そのため、現在では電源ファンの用途としては、電源内の熱源のみの排熱ファンということになってきたのではないかなと思います。

3.3Vと5Vの合計が110Wとなっていますね。格安電源でもいいとは思いますが、この合計ワット数は見ておいた方が良いと思います。

配線を引き回した裏側の状態。電源からのケーブルはまだ刺さっていません。電源横には3.5インチHDD用ベイが見えてます。本来ならここも取っ払っちまおうかとも思いますが。

電源からのケーブルをマザーボードに刺した状態(の裏側)
裏面配線なので、こんな風になっています。

裏面配線を行った正面側の配線状態。以前とはくらべものならないくらいすっきりとしていますね。PCを光らせたいので、これくらいは配線を見せない方がいいでしょう。
逆説的に言えば、光らせない、アクリル板やガラスをサイドパネルに使わない、要は中身が見えないってことなら、裏配線にこだわる必要もありませんし、実際その方が組み立てもラクです。

これで一応、ハードウェア的な完成ということになります。あとはWindowsのインストールとドライバ類のインストールでとりあえずはPCとして完成となります。

カテゴリー: PC