Arai RAPIDE NEO OVERLAND その2

私は基本的にヘルメットはアライ派です。一部ショウエイ製も使用していますが、基本的にはアライ。なので、オプションシールドなどもアライ用のモノが多く、特に外付けバイザーとなるプロシェードシステムを好んで使っています。
滅多にシェードを下ろして使うことはなく、プロシェードバイザーを上げた状態で走ることがほとんどです。帽子のツバのような使い方ってことですね。
今使っているアライ製のフルフェイスヘルメットは、RX-7X、AstralX、XD、Astroプロシェードの4種。これにRAPIDE NEOが加わりましたが、Astroプロシェード以外はすべてシールドが共通で使えるため、予備として持っていたシールドのうちVAS-VプロシェードをRAPIDE NEOに装着してみました。

Araiヘルメットのプロシェードは世間的には賛否両論でして、確かに使っていても、シェードを下ろした状態で使うと、結構視界が遮られるような感じを受けます。同じくインナーバイザーを採用している、ショウエイのGT-Airの方が遮光性という機能だけで比べると圧倒的にGT-Airの方が優れていると感じます。インナー側にバイザーが付いているため、バイザーそのものがほとんど汚れないというのが大きいと思いますし、Araiのプロシェードは後付け感が強いことだけではなく、外側にバイザーが付いているため汚れやすく、虫アタックなどの影響も大きいと思います。
しかしながら、それでも私としてはAraiのプロシェードの方が自分の使い方にあっていると思うわけでして、最初に書いたように、帽子のツバのように使えるってところが最大のメリットだと思います。

そんなわけで、RAPIDE NEOにもプロシェード付きシールドを取り付けました。
デザイン的には違和感ありませんし、ミリタリーっぽさが格段に上がるためこのスタイルも大いにアリだと思います。
この辺のデザインやバイザーの使い勝手、あるいはスモークシールドやミラーシールドで対策って方も多いと思いますが、かえってプロシェード付きを標準にした方が良いのではと思えるほどのデキの良さだと思います。