RYZENシリーズざっくり比較

手持ちのPCについてですが、ノートPCを含めて気が付けばすべてRyzenシリーズになっていました。
もちろん根っからのAMDファンっていうこともありますが、ここ最近のINTEL系のCPUには全くもって魅力を感じませんし、つい最近までホームPC用のCPUは4コアまでで十分などと、自らの製品が性能向上しないのをごまかすための詭弁を使ったりとようやく化けの皮が剥がれてきたのですが、それが証拠にLENOVOとかHPとかのメーカー製PCにおいてもAMD製CPUが搭載される機種が増加の一途となっています。

ってことで、手持ちのデスクトップPCのRyzenシリーズは現在3機種稼働中でして、
Ryzen2700Xマシン、Ryzen3950Xマシン、Ryzen3400Gマシンをそれぞれ使用しています。
3400Gマシンはもともとテレビ録画用PCのリプレイスとしたもので、強力な内蔵GPUを持っておりディスクリートGPUを使用せずとも、重めなゲームをしなければFullHD表示など楽勝なので、テレビ(東芝REGZA)につなげて使用しています。
3950XマシンはメインPCとして使用しておりますが、実は稼働率が最も低いマシンであり、実験機的な要素や動画編集などで使用しています。
2700Xマシンは以前のメインマシンで、現在では主にWeb閲覧のほかBLOGの更新やらで軽めの作業用マシン。もっとも近日中にドナドナされる運命であったりします。

で、客観的な性能差ってどうよ?ってことで、一昨日、あらためてベンチとってみたので、公開してみます。

3950Xマシン

CineBenchiR20
CPUスコア8881
3DMark Timespy (Radeon RX5700XT)
総合スコア9562、CPUスコア12306、Graphicスコア9201

2700Xマシン

CineBenchiR20
CPUスコア3959
3DMark Timespy (Radeon RX590)
総合スコア5264、CPUスコア8376、Graphicスコア4941

3400Gマシン

CineBenchiR20
CPUスコア1923
3DMark Timespy (GeForce GTX 1660Super)
総合スコア5604、CPUスコア4120、Graphicスコア5985

こんな具合になってます。
当然CPUもグラフィックボードも全て異なるので一概には言えませんが、CineBenchiの結果だけを見ると、圧倒的ともいえる3950Xの高スコア。
16コア32スレッドという怒涛の力技でほかのマシンを圧倒しています。その分価格も半端なく高いですが(笑)

2700Xですが、3950Xと比べて1世代前の製品ということと、8コア16スレッドという3950Xのちょうど半分のコア、スレッド数でもありCineBenchiでは妥当なところ。決して性能が低いというわけではありませんし、むしろ某INTEL社のCore i7 7700Kなどというちょっと前のハイエンドCPUよりも遥かに高い数値をたたき出しています。ちなみにi7 7700Kは2420です。

3400Gについては、グラフィックボードがミドルクラスとは言え、ハイミドルな1660Superであることもあって、予想以上に3DMarkのスコアが高め。しかしCineBenchiでは2000にも届かず1900台とやはり4コア8スレッドという他のCPUと比べては性能面で不利になるところもありいたし方ない数値ではあると思います。

これらの数字を見ただけでも、INTEL系CPUを買う理由がありません。

更に今年後半から来年初頭にかけて、次世代Ryzenが発売される見込みと言われています。次世代Ryzenは現行のZEN2世代比でも10%以上の性能アップが見込まれるということですから、当分はAMD製CPUから目が離せません。

カテゴリー: PC