SR400の外装プチカスタム

またまたSR沼のお話

私の乗っているSRはRH03J最終型のリーフグリーンという深緑色外装のマシンです。
このころからSRの外装デザインやエンブレムなどが簡略化されてきており、SRの外装上の特徴であったタンクの色分けのやり方とかは、以前の凝ったデザインではなく単色や単色に細いラインのみとなっており、以前乗っていたRH01J型のタンクパッド様のデザインも省かれてたり、シートカウルもラインが入るデザインから単色になっていたりで、個人的には物足りないなぁなどと思っておりましたが、一番SRらしからぬと思っていたタンクのダートラ風デザイン、これをカッティングシートで変えたろと思い、思い立ったが吉日とばかりに一気に変えました。

この黒いところの「1978」と「400」のところ。あえて発売開始年である1978と排気量を示す400を強調するあたりにこだわりを感じる部分ではありますが、ここはやっぱり音叉マークでしょ?ってことでカッティングシートで黒一色にした後に音叉マーク貼り付けました。で、できたのがこちら

単に黒いカッティングシートだと、貼り付けるときにしわが目立ちそうだったので、あえてつや消しでマスクしました。しかも単なるつや消しではなく一応カーボン風。素人作業なので、細かいカットは難しいと判断し、既存の黒い部分に合わさるようにシートをカットしました。予想通り多少ズレていますが、下地も黒の部分で貼っているためよく見ないとわからないレベルにはなっています。
さらににりんかんで買ってきた音叉マークを貼付。本来の位置だともう少し前で、かつ下に貼らないといけないのですが、黒いマスク部分に合わせないとおかしくなるためカッティングシート左右の真ん中やや上に合わせています。

シートカウルも緑単色なのでアクセントにシルバーのラインテープを貼り付け。際に合わせて6ミリのテープを貼りました。タンクサイドがシルバーなのでラインテープもシルバーにしています。タンクと合わせたデザインとするなら、ふちが緑で、その内側がシルバーってのがデザイン的には正解なのかもしれませんが、いかんせん素人作業なので、細かい作業はできませんし、立体的なモノに合わせてカッティングシートをカットするなんてまず無理なので、逆化したデザインで良しとしました。
カッティングシートの一番いいところは気に入らなければ剥がせば元通りってことなので、デザインを変えたくなったらやり直せばいいだけ。きわめてお手軽お気軽です。

ミラーも交換。これは試験的に付けてみましたが、SRXイメージである角形に変更予定。
もともとミラーが傷だらけだったので交換予定でしたが、こちらも金銭的余裕ができたらの話です。

で、現在の状態がこんな感じ。できるだけカスタマイズ感を感じさせないように行っていますのでとりあえずはOKかなと。
あとはシムズクラフトさんのところのサイドバックサポートの到着待ちだけとなりました。