Arai RAPIDE NEO OVERLAND

久々にヘルメット の話題です。既に発売されている、アライのラパイドネオに新色が追加されました。オーバーランドと言うシリーズで、これまでのラパイドネオとはちょっと違う路線のデザイン。このオーバーランドは2色展開で、一つはモスグリーンっぽい色のオリーブカーキ色ともう一つが今回購入したサンドベージュっぽい色のベージュカーキ色でいずれもアースカラーと言うかミリタリーっぽい色合いの製品です。

口元のスリットのところなどは大胆なオレンジ色。しかしながら嫌味な感じもなく、逆にラパイドネオの一番の特徴であるスリットをしっかりとアピールしています。

また、サイド側から後ろ側にかけては、大胆なブラックのかなり幅広なラインが描かれており、これがまるでゴーグルをしているように見えると言う、これまでのヘルメット には無かったようなデザインです。また、帽体全体がサンドベージュで塗られている訳ではなく、前側がサンドベージュ、後ろ側がアイボリー、更に塗り分け部分がかなり鮮やかな薄緑色と凝ったデザインです。

内部は他のアライヘルメットと変わらず、パッド類は全て脱着可能なシステム内装で、標準のラパイドネオと同じ。

口元のスリット部分と同じくリア側のエアアウトレットもオレンジ色のアクセントカラーで縁どりがされています。

横から見ると、塗り分け部分とゴーグル風の黒ラインがはっきりとわかりますが、当初予想よりも実物の方がデザイインとしてもかなり完成度が高いことが良くわかりますよ。

まだ購入したばかりなので、性能などのインプレッションは未だですが、実際に着用した感じでは、装着感などはこれまで使用してきたアライ製品とほぼ同じでした。あと気になる点は帽体にベンチレーターが付いていないため、通気性がどんなものなのかが気にはなります。ただ、これまでのラパイドネオの評判を見てもそこまで悪い評価がないため、他のアライ製品よりは悪いとしても、如何にもならないということは無いと思います。いずれにしても、実際使ってみた感想は後ほどレポートしようと思います

2020/6/27追記

早速着用してきました。どちらかというとSRで走る時用として購入したのですが、意外とMTのようなストファイでも似合う感じ。これは単に色合いによるところが大きいと思います。

実際に走ったところ、予想に反して頭が涼しい!デュフューザーが帽体についていないため、かなり暑いと覚悟してはいましたが、今日の気温30度とかなり暑い日であるにもかかわらず、頭が全然蒸れない。むしろ風通しを感じるくらいです。RX7XやアストラルXのようにデュフューザーが付いているモデルに比べれば涼しくはありませんが、付いていないにもかかわらずここまで涼しいとは正直驚きました。

これからの時期、あまり使えないかなと思っておりましたが、いやいや、真夏でも意外といけそうです。

SR400の外装プチカスタムその2

前回書き込みました、プチカスタムですが、まだまだ終わりそうもありません。
まずは、予告通り、ミラーを角形に変更しました。

この形の方がおさまりがいいような…ただし、ターナーが付いていないミラーなので、車検が通るかは微妙です。
全幅が短いせいか、若干ですが真後ろが見えずらくなりました。覗き込むようにやや体を左右に振ってやれば見えるので問題はないと思いますので、当面このままの仕様で行くつもり。

ステッカーチューンその2
クシタニ富士山マーク。音叉マークがやや上側に貼ってあるのは、この富士山マークを貼るためだったりします。


YAMAHAオールドエンブレム。昔のYAMAHA車に付いていたロゴのステッカー。
このステッカーですべてのコケ傷を「隠す」ことに成功しました。
思えば、マフラーを変えたのも、ミラーを変えたのも、ウィンカーを変えたのも全ては前オーナーが付けた傷だと思いますがそれを隠すため。傷は気になりだすと直すまで落ち着かないので、今回はできるだけ簡単にカスタマイズできるモノを選んでみました。

入荷まで1か月半待った、シムズクラフトのサイドバッグサポート。定番のキジマとかデイトナのサイドバッグサポートは、純正リアキャリアの取り付け部と干渉するため加工しないと取り付けられません。そのためシムズクラフトのモノを取り付けました。クラッシックバイクっぽくなるのが特徴。

ただし、かなり前側にサイドバッグを取り付けないと、チェーンとかホイールに巻き込まれそうです。この位置だとタンデムステップにモロにバッグが掛かるので、実質的にタンデムは不可です。
キジマとかデイトナ製のサイドバッグサポートがかなり車体よりも張り出すのに対して、シムズクラフトのモノはあまり張り出しが無いのと、サイドバーが高めということもあってのことです。そのためデザイン的にはかなりおしゃれなのですが、実用性ということと、タンデムすることを考えると、キジマとかデイトナの方がおススメ。安いしね。

そんなこんなでサイドバッグはデグナーのミリタリーテイストナイロンサドルバッグ カーキ NB-131ってやつにしました。8リッターと小ぶりなのですが、大荷物を積むときはリアキャリア付けてるし、小物が入ればいいので、このサイズでも十分との判断です。

アントライオンのスライダーも取り付けてみました。最もSRに似合わない(かもしれない)パーツですが、あまり目立たないので、取り付けました。転倒時に車体がなるべくダメージを負わないようにするパーツですが、ドレスアップ用としても最近のバイクには結構取り付けておられる方も多いように見受けられます。あまり多くは期待しませんが。

カスタムもだいぶ佳境を迎えてきましたが、主だった外装類のカスタムはほぼ完了。エンジン回りとかをやりだすとマジでSR沼に落ちます。
とりあえずSRのカスタムはここまでとなりました。

RYZENシリーズざっくり比較

手持ちのPCについてですが、ノートPCを含めて気が付けばすべてRyzenシリーズになっていました。
もちろん根っからのAMDファンっていうこともありますが、ここ最近のINTEL系のCPUには全くもって魅力を感じませんし、つい最近までホームPC用のCPUは4コアまでで十分などと、自らの製品が性能向上しないのをごまかすための詭弁を使ったりとようやく化けの皮が剥がれてきたのですが、それが証拠にLENOVOとかHPとかのメーカー製PCにおいてもAMD製CPUが搭載される機種が増加の一途となっています。

ってことで、手持ちのデスクトップPCのRyzenシリーズは現在3機種稼働中でして、
Ryzen2700Xマシン、Ryzen3950Xマシン、Ryzen3400Gマシンをそれぞれ使用しています。
3400Gマシンはもともとテレビ録画用PCのリプレイスとしたもので、強力な内蔵GPUを持っておりディスクリートGPUを使用せずとも、重めなゲームをしなければFullHD表示など楽勝なので、テレビ(東芝REGZA)につなげて使用しています。
3950XマシンはメインPCとして使用しておりますが、実は稼働率が最も低いマシンであり、実験機的な要素や動画編集などで使用しています。
2700Xマシンは以前のメインマシンで、現在では主にWeb閲覧のほかBLOGの更新やらで軽めの作業用マシン。もっとも近日中にドナドナされる運命であったりします。

で、客観的な性能差ってどうよ?ってことで、一昨日、あらためてベンチとってみたので、公開してみます。

3950Xマシン

CineBenchiR20
CPUスコア8881
3DMark Timespy (Radeon RX5700XT)
総合スコア9562、CPUスコア12306、Graphicスコア9201

2700Xマシン

CineBenchiR20
CPUスコア3959
3DMark Timespy (Radeon RX590)
総合スコア5264、CPUスコア8376、Graphicスコア4941

3400Gマシン

CineBenchiR20
CPUスコア1923
3DMark Timespy (GeForce GTX 1660Super)
総合スコア5604、CPUスコア4120、Graphicスコア5985

こんな具合になってます。
当然CPUもグラフィックボードも全て異なるので一概には言えませんが、CineBenchiの結果だけを見ると、圧倒的ともいえる3950Xの高スコア。
16コア32スレッドという怒涛の力技でほかのマシンを圧倒しています。その分価格も半端なく高いですが(笑)

2700Xですが、3950Xと比べて1世代前の製品ということと、8コア16スレッドという3950Xのちょうど半分のコア、スレッド数でもありCineBenchiでは妥当なところ。決して性能が低いというわけではありませんし、むしろ某INTEL社のCore i7 7700Kなどというちょっと前のハイエンドCPUよりも遥かに高い数値をたたき出しています。ちなみにi7 7700Kは2420です。

3400Gについては、グラフィックボードがミドルクラスとは言え、ハイミドルな1660Superであることもあって、予想以上に3DMarkのスコアが高め。しかしCineBenchiでは2000にも届かず1900台とやはり4コア8スレッドという他のCPUと比べては性能面で不利になるところもありいたし方ない数値ではあると思います。

これらの数字を見ただけでも、INTEL系CPUを買う理由がありません。

更に今年後半から来年初頭にかけて、次世代Ryzenが発売される見込みと言われています。次世代Ryzenは現行のZEN2世代比でも10%以上の性能アップが見込まれるということですから、当分はAMD製CPUから目が離せません。

カテゴリー: PC

SR400の外装プチカスタム

またまたSR沼のお話

私の乗っているSRはRH03J最終型のリーフグリーンという深緑色外装のマシンです。
このころからSRの外装デザインやエンブレムなどが簡略化されてきており、SRの外装上の特徴であったタンクの色分けのやり方とかは、以前の凝ったデザインではなく単色や単色に細いラインのみとなっており、以前乗っていたRH01J型のタンクパッド様のデザインも省かれてたり、シートカウルもラインが入るデザインから単色になっていたりで、個人的には物足りないなぁなどと思っておりましたが、一番SRらしからぬと思っていたタンクのダートラ風デザイン、これをカッティングシートで変えたろと思い、思い立ったが吉日とばかりに一気に変えました。

この黒いところの「1978」と「400」のところ。あえて発売開始年である1978と排気量を示す400を強調するあたりにこだわりを感じる部分ではありますが、ここはやっぱり音叉マークでしょ?ってことでカッティングシートで黒一色にした後に音叉マーク貼り付けました。で、できたのがこちら

単に黒いカッティングシートだと、貼り付けるときにしわが目立ちそうだったので、あえてつや消しでマスクしました。しかも単なるつや消しではなく一応カーボン風。素人作業なので、細かいカットは難しいと判断し、既存の黒い部分に合わさるようにシートをカットしました。予想通り多少ズレていますが、下地も黒の部分で貼っているためよく見ないとわからないレベルにはなっています。
さらににりんかんで買ってきた音叉マークを貼付。本来の位置だともう少し前で、かつ下に貼らないといけないのですが、黒いマスク部分に合わせないとおかしくなるためカッティングシート左右の真ん中やや上に合わせています。

シートカウルも緑単色なのでアクセントにシルバーのラインテープを貼り付け。際に合わせて6ミリのテープを貼りました。タンクサイドがシルバーなのでラインテープもシルバーにしています。タンクと合わせたデザインとするなら、ふちが緑で、その内側がシルバーってのがデザイン的には正解なのかもしれませんが、いかんせん素人作業なので、細かい作業はできませんし、立体的なモノに合わせてカッティングシートをカットするなんてまず無理なので、逆化したデザインで良しとしました。
カッティングシートの一番いいところは気に入らなければ剥がせば元通りってことなので、デザインを変えたくなったらやり直せばいいだけ。きわめてお手軽お気軽です。

ミラーも交換。これは試験的に付けてみましたが、SRXイメージである角形に変更予定。
もともとミラーが傷だらけだったので交換予定でしたが、こちらも金銭的余裕ができたらの話です。

で、現在の状態がこんな感じ。できるだけカスタマイズ感を感じさせないように行っていますのでとりあえずはOKかなと。
あとはシムズクラフトさんのところのサイドバックサポートの到着待ちだけとなりました。