SR400の始動方法についての考察

SRの始動方法については以前乗っていたRH01Jのところでも多少記載させていただきましたが、慣れないとやはりちょっと難しいのかもしれません。
しかし逆に言えば慣れれば簡単に始動できるということで、小柄かつ非力な女性でもSRに乗っておられる方はたくさんおられます。

改めて、RH03Jを買いなおして、再度キックの洗礼を受けることになりまして、納車で販売店に引き取りに行った時には、久しぶりだったこともあり、やはりキック一発で始動させることはできませんでした。何度かキックするうちに忘れていた感覚を取り戻し無事始動することができましたが、改めてSRをキック始動する際に忘れていたことを思い出すことで、無事納車~帰宅となりましたが、改めてキック始動のポイントについてお話しておこうと思います。

RH01JからRH03J…これは今のRH16Jも同じと思いますが…に変わった点で最も大きいのは、燃料供給方法がキャブレターからフューエルインジェクション…燃料噴射装置…に変わった点です。
キャブレターっていうのは、昔からあるガソリンエンジン踏査のクルマやバイクに搭載されていた燃料供給装置であり、燃料タンクに入っているガソリンを空気と混合して気化させて、エンジンシリンダーに送り込む装置です。
キャブレターは今から3~40年くらい前のクルマやバイクには一般的に装着されており、機械的にガソリンと空気を混合させるために細かい制御ができず、特に始動時などではチョークと呼ばれるレバーなどを使用して一時的にガソリンと空気の混合比率を変えることで…この場合はガソリンの比率を高めて「濃い」混合比率としました…エンジンの内部で着火しやすいような混合気としていました。これは始動時はエンジン内部が冷えているためで、着火性が悪くなることで一時的にガソリン比率を高めて始動性を良くする~そのため一旦エンジンがかかってしまえば、混合比率を高める必要はなくなるため、チョークレバーを元に戻すという「ひと手間」が必要だったわけですね。
当時からセルスターターは多くのバイクにも採用されていましたので、チョークレバーを使えば始動そのものは簡単に行えましたが、SRはセルスターターは装着されておらず、チョークを引く~ひたすらキック…という方法でしかエンジンをかけることができず、それでもなおエンジン始動ができないとなるとどうなるのか?と言いますと、いわゆる「カブった」といわれるガソリンが濃すぎて火花を飛ばすスパークプラグの発火場所を濡らしてしまい、エンジン始動ができなくなるという状態になってしまいました。そうなってしまったら、プラグが濡れていることで火花が飛ばせないこととなり、しばらくはエンジン始動はできないことになりますので、濡れたプラグが乾くまでしばらく(といっても1~2分)キックも行わないという非常にめんどくさい事を行っていました。

ところがRH03J以降は、そのめんどくさいキャブレターを排して代わりにフューエルインジェクション(略してFI、日本語では燃料噴射装置)が搭載されるようになり、ガソリンと空気の混合気もコンピュータ制御で行うようになり、冷間時の混合気の状態とか、エンジンが温まっている状態での混合気の状態とかをコンピュータが制御することで「エンジンが求める理想的な混合気体」を送り出すことが可能となったため、冷間時や熱間時などと気にする必要がなくなったのです。
そのため、「現在のSRの始動が楽になった」ということについては、このようなことが大きな要因であるわけですね。

しかし、エンジン始動とFI化についてはメーカー側が行う対策ではありますが、根本的にはユーザーが自ら行う「キック」という行為そのものについてはユーザーがメーカーが求める方法(それはマニュアルに則った方法でなくても構わない)で行わなければ、いくら始動が楽になったとは言え、ユーザー自ら努力することなく始動することは不可能であると思います。

それじゃぁ何がユーザーが行うべき事とは何なのか?

エンジン始動で大切なことは
1 最低限必要なピストンのスピード
2 最低限必要なキックを踏み切る位置

この2点だけです。

最低限必要なピストンのスピードというのは、キックを踏み下ろすスピードとも言い換えられます。
つまり、ゆっくりとしたスピードでキックを蹴り下ろしてもダメということ。
キックするということは、ピストンの上下運動を人力で行うということですが、エンジンを始動するという事は、ガソリンと空気とを混合した気体をシリンダー内で爆発させ連続したピストンの上下運動を生み出すということです。要するに、ある程度のピストンスピードが無いと、連続的な燃焼が生み出せないということですので、ある程度のキックスピードが必要となるのです。

次に、最低限必要なキックを踏み切る位置ということについては、逆に言えば、中途半端な位置で踏み込むことを止めるとピストンの上下運動を途中で止めてしまうということにつながるからです。
SRの場合の最低限必要なキックを踏み切る位置というのは、キックを踏んだ際の一番下。その際、ステップホルダーにキックペダルが当たりますが、気にしてはいけません。当たることを前提に設計されていますので、キックペダルやステップホルダーが壊れるようなこともありませんので、思いっきりぶつけるつもりで一気にキックペダルを踏みこんで構いません。
エンジン始動についてのコツについては以上です。

次にSRの始動でよく言われる「圧縮上死点」の位置を知る方法についてです。
ホームページやSR動画を見ていても、どの紹介ページや動画でも「カムシャフトの横にある小窓を見ろ」としか言われていません。
確かに、メーカーがわざわざ付けている確認窓なので一番間違いがないのですが、この方法だと致命的な欠陥があります。それは、圧縮上死点を探るためにいちいち体を傾けて小窓を確認しながらデコンプレバーを握ったままキックペダルを押し下げること。
つまり目で見て確認するわけですから、日中とかの明るい場所であれば見つけることは簡単でしょうが、真っ暗な夜間だと確認のしようがありませんね。まして交差点の真ん中でエンストしてしまったような時も、わざわざ小窓を覗いて銀色マークを探し出すとか、しかもそれが真っ暗な夜間で…とかなったら、考えただけでちょっと怖いですね。
やはり自分としては、RH01Jの紹介の時に記載した、デコンプレバーを握ったままキックを押し下げながら、デコンプレバーが「コツン」と反応する場所を探る方法が一番間違いがないと思います。

キックをする際、まずはデコンプレバーを握らすにキックペダルを踏み下ろします。そうすると、キックペダルが硬くなる(キックペダルが下がらなくなる)位置まできたら、ここで改めてデコンプレバーを握りながら、やや早めにキックペダルを押し下げると左手のデコンプレバーから「コツン」とか「カツン」とかの感触が伝わります。この「コツン」とか「カツン」といった反応したところのすぐそばに圧縮上死点があります。「コツン」とか「カツン」と反応したら、キックを止めて小窓を確認してみましょう。銀色のマークが出ているはずです。「コツン」「カツン」と小窓の銀色の位置関係がわかるまで2~3回練習してみましょう。すぐに位置関係が把握できると思います。それができれば、もう小窓を見る必要はなくなります。エンストも怖くなくなるでしょう。
特に非力な女性におススメなので、ぜひ試してみてください。