クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その3 K-2359 ベクトルジャケット

クシタニの普段着として使えそうなフーディシリーズ第3回目は

K-2359 ベクトルジャケット

春夏用の柔らかい生地でできたジャケットです。これまでの2着とは異なり、これはフーディではなく完全にライディングジャケット。ライジャケなので、背中と肩と肘の部分にプロテクターが標準装備されています。また、裏地もしっかりとメッシュ生地が装備されています。

一般的なライディングジャケットではありますが、生地は一般的なジャケットとは異なり、ジャージっぽい生地でかなり柔らかい生地です。一般的なライディングジャケットだと、走行時のバタつき防止や転倒時に身体を保護しやすいようにパリッとした生地が多いのですが、このジャケットはまるで逆で、柔らかい生地でかつフワフワ。また走行風もかなり通すため、防風とは無縁なジャケットです。さらにレーザーホールまで付いているため、クシタニジャケットの中ではメッシュジャケットを除くと一番風通しが良いと思います。

このモデルはブラックアウトモデルでして、全体が真っ黒。しかし、生地自体は黒というよりも濃いグレー色といった感じです。アクセントで赤が所々にインサートされています。

ブラックアウトモデルの特徴である肩の富士山マーク。これ以外のベクトルジャケットはスラッシュフジサンマークです。

生地のデザインであるストライプ模様はやや薄いグレーでプリントされています。

レーザーホール。後ろ側にも装備されています。風通しをより一層通りやすくしています。真夏でも着れるかも。メッシュジャケットと同じ程度かやや劣る程度の風通しが期待できます。

首周りのファスナー処理。直接喉にファスナーが当たらないような配慮がされています。ちょっとしたことですが、こう言ったところが流石と思わせるところなんでしょうね。

今年モデルからは胸部プロテクター用のベルクロが装備されました。そのためフラップも大型化。ただ、ベルクロ取り付け部の艶のある生地部分(おそらくPUだと思います)がすぐにはがれそうな気がしなくもありません。PUだと加水分解するので、正直あまり使ってほしくはないのですが。

インナー側のメッシュ生地。ほかのジャケットと同様、ポリエステルのメッシュですね。
このメッシュ部分にプロテクターが仕込めるような作りです。左側の胸のところにはインナーポケットが見えていますね。

これは昨年モデルのベクトルジャケット、ブラックモデル。

改めて、今年モデルと比べてみましょう。

ファスナーとマークが白と黒で異なります。それとよく見ると、レーザーホールの作りが異なりますね。

生地自体は同じようですが、プリントが異なっています。リフレクターの位置も変わっていますね。

さて、普段着に使えそうなフーディ3種見てきましたが、どれも十分普段着として使えそうです。特にベクトルジャケットですが、肩、肘、背中にソフトパッドが標準装備されていますが、パッドを取り外してしまえば普段着のフード付きアウターとして十分使えます。

ミッドパーカですが、3種類の中で生地が最も薄い。しかし、防風インナーがレイヤードされているため、見た目とは裏腹に防風効果が高いだけあって、意外と防寒性能も高め。しかも純粋な生地が薄いためインナーウェアとしても使い勝手が良いでしょう。

リニアフーディは、生地はミッドパーカーよりも厚めですが、風通しが良いため春先よりも夏前の頃の方が使い勝手が良いと思います。また、Tシャツの上に直接羽織るような使い方だとミッドパーカよりも汎用性は高いと思います。

最後にベクトルジャケットは、その名が示すようにジャケットとしての使い方が適していると思います。すなわち、Tシャツの上というよりもジャケットとしてYシャツなどのアウターの上に重ね着をするよな使い方がベスト。また、ジャケットですからファスナーを閉めずに羽織るだけのような使い方が適していると思います。汎用性は最も高いのではないかと思われます。

以上、3種類のフーディを簡単にインプレッションしてみましたが、やはり三種三様の使い方がよろしいのではないかと。