クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その2 K-1946 ミッドパーカー

普段着に使えるクシタニのフーディーシリーズ。第2回目は

K-1946 ミッドパーカー

防風レイヤー層が装備されているフーディーである、K-1946ミッドパーカーです。これもここ数年デザインを少しづつ変えながら販売継続されているモデルですね。

このモデルは昨年発売された秋冬モデルでして、一昨年購入したミッドパーカーが非常に使いやすく、普段着やら仕事にも着て行ってましたから、予備的にもう1着買っていました。

こちらは一昨年のミッドパーカー。昨年モデルとデザインはほぼ同じです。

改めて、ミッドパーカーの良い点についてですが、リニアフーディーと比べて薄いのですが、インナー側に防風レイヤーがレイヤードされているところが気に入ってます。
この防風レイヤーですが、かなり具合がよく、これだけを普通のジャケット替わりに着てもしっかりと風は防ぐという点。なので、薄い割には身体が暑くなりやすい。ということは、それだけ防風性能が高いということが言えると思います。

防風レイヤー層。リニアフーディーとは異なり、別生地がレイヤードされているのがおわかりいただけると思います。

昨年モデルと同様、裁断は立体裁断。バイク乗車時にもフィットしやすいカッティングですね。また、一昨年モデルとは異なり、フードの紐が白から黒に変わっており、

袖口周りとサムホール周りも白から黒へ変更されています。袖口とかはどうしても汚れやすいところなので、これはありがたい改良ですね。

生地部分のアップ。よく見ると、ストライブ模様はプリントです。生地自体はリニアフーディよりもさらっとした感じです。

後ろ側。一昨年モデルとの一番の違いは、バックプリントの有無かもしれません。かなり目立ちます。

一昨年モデルには大きなバックプリントはありません。消臭テープの下に申し訳程度に入っているのみです。

このミッドパーカーの一番の特徴は、あくまでもミッドレイヤーだという点に尽きると思います。
インナーとしても使える薄さ、その割には防風効果が高い。ウィンドブレーカーほどではありませんが、ライディングジャケットのインナーとして考えた場合では、主な防風はアウターでどうにかなりますし、より高い防風性=防寒性と考えても良いかもしれません…を求める場合には、このミッドパーカーが非常に活躍するのではないかと思います。しかも、パーカーデザインなので、春先のちょっと寒い時期での普段着としてのパーカーとして使える点が何よりも良い点ではないかと思います。

ちなみに、

このミッドジャケットは、インナーとしてはゴアウインドストッパーを採用していたころのインナーシャツとほぼ同じような使い心地ですので、アウターとしても使えますが、ややごわついた感じなので、アウターとしての普段着として使うのならば、やはりミッドパーカーの方が使いやすいと思います。

次回の「クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ」はベクトルジャケットをご紹介する予定です。