改めてSR400の話

昨年、2008年式のSR400(RH-01型)下取りにして、ホンダ製の大型バイクNC-700Xに乗り換えたのですが、このブログでご紹介したようにどうにも相性がよろしくないようでした。やはり、ブログでも書いていた通り、DCTのフィーリングが合わなかったことやハンドリングの重さなどがどうにも気になり、買い替えを決意しました。

MT-10のような過激なバイクと最も対極にあるバイクなのですが、ゆっくり走って一番楽しいバイクはなんだろうと考えた時に、やはりSRじゃないかと思い改めてSRを購入。

改めて今回のSRで生涯のバイク歴で3台目となりますが、今回購入したのはFIモデルのRH-03J型。一旦生産中止となった時の最終モデルかつカラーです。このモデルは比較的高年式モデルだけあって程度が良くかつ比較的リーズナブルなところも購入に至った理由の一つです。

前回のRH-01J型の時は積載を考えて、サイドバックを両側に取り付けたり、リアウィンカーがサイドバックに当たらないように移設したり結構いじりましたが、今回はハナッからリアキャリアが付いていたこともあり、リアボックスを取り付けることで積載の問題を解決しています。ただSRと箱の見た目の相性は決して良いとは言えず、普段はできるだけ箱を外すようにしています。

43LのGIVI製キャリアですが、やはり箱を付けると格好いいとは言えませんね。

なお、このGIVIケースですが、モノロックケースと言って、汎用性は高いのですが最大積載重量が3㎏と低め。さらにケースの取り付け部であるベースがやや大きめのベースとなっていました。

汎用ベースよりも一回り大きいものとなっています。普段はケースを付けない状態なので見た目も気にならないと思います。

RH-01J型とRH-03J型の最大の違いであるキャブとFIの違いにいついて

元々キャブがあったところのアップですが、まるっきり変わっていました。特にホース類の取り回しや補器類の追加などヤマハの開発者の苦労がひしひしと伝わる部分です。サイドカバーも01J型よりもやや膨らみが増しており、元々バッテリーが搭載されていたところも燃料ポンプとサブタンクに変わっていたりと見た目は以前のSRと同じでも車体構成は全くの別物と言っていいほどに変わっていました。

非常にわかりずらいのですが、マフラーも内側にサブチャンバーが追加されていたりしています。

肝心の乗り心地というか01J型と03J型の乗った感じの違いについて

キャブもFIもパワートルクともほとんど変化はありません。カタログ上若干FI型の方がパワーが落ちていますが、わからないレベルです。

ただ違いはやはりありまして、03J型の方がパワーの出方が穏やか、かつ静か。これは逆に言うと、パワーの盛り上がり感は01J型の方が楽しい。音も03J型の方が明らかに静かで、ストトトというパルス感も01J型の方が感じやすいと思います。03J型の方が悪いと言うほどのことでもなくどちらかというと好みの違いっていう程度です。法的な規制が入るたびに牙を抜かれていくといった感じなのでしょう。

2020年現在、現行のSRは環境規制に対応するモデルに変わっていますが、おそらく2021年には完全終了となると噂さえています。ABS規制に対応できなくなるからと言われていますが、おそらく「ほぼ」現在のカタチに近い形で復活すると思いますが、ABS規制によるリアブレーキのディスク化とか、古すぎる設計による各種補器類の搭載場所の確保の問題とかこのままのカタチでの復活はかなり難しいとは思われます。これだけ売れているモデルですから、何らかの形で継続はしていくと思います。
ただ、個人的にはSRの復活よりもSRXの復活を強く望んでいたりします。ヤマハさんには是非SRXをSRのバージョンアップ版として将来発売してほしいなぁ・・・

Ryzen9 3950Xの話

昨年PC業界で最も話題となったAMD社製CPUのRyzenシリーズですが、コストパフォーマンスの良さや、INTEL社製CPUよりも高性能ということでかなり売れているようです。

自宅で使用しているPCもZENシリーズが発売されて以来アップデートしてきましたが、すでに書いているように昨年夏には3900Xを使用していましたが、今年の正月明け早々に3950Xと入れ替えておりました。

定格クロックは3.5GHz、最大ブーストは4.7GHzで、最大の特徴は16コア、32スレッドで動作する、一昔前だと100万を超えようかというようなバケモノCPUです。それが一般人にも入手できるような常識的な価格で発売されました。

2019年の7月に発売されたRyzen3000シリーズでしたが、発売当初は3950Xは発売されず、結局11月までずれ込み、その後の品薄状態…年が明けた1月にAmazonでようやく購入に至りました。

CineBenchi R20のスコア
CPUスコアがマザーボードデフォルト設定にもかかわらず、驚きの9300超え。シングルでも530台。
CineBenchi専用機CPUとかベンチ番長とかいろいろ揶揄されていましたが、なんだかんだ言っても9000超えるってスゴイことだと思います。

3D Mark のTimeSpyスコア
トータル9780ですが、CPUスコアが12000超えてますね。ゲームでもこれなら某Intel社よりも遅いといわれることはないでしょうね。

カテゴリー: PC

クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その3 K-2359 ベクトルジャケット

クシタニの普段着として使えそうなフーディシリーズ第3回目は

K-2359 ベクトルジャケット

春夏用の柔らかい生地でできたジャケットです。これまでの2着とは異なり、これはフーディではなく完全にライディングジャケット。ライジャケなので、背中と肩と肘の部分にプロテクターが標準装備されています。また、裏地もしっかりとメッシュ生地が装備されています。

一般的なライディングジャケットではありますが、生地は一般的なジャケットとは異なり、ジャージっぽい生地でかなり柔らかい生地です。一般的なライディングジャケットだと、走行時のバタつき防止や転倒時に身体を保護しやすいようにパリッとした生地が多いのですが、このジャケットはまるで逆で、柔らかい生地でかつフワフワ。また走行風もかなり通すため、防風とは無縁なジャケットです。さらにレーザーホールまで付いているため、クシタニジャケットの中ではメッシュジャケットを除くと一番風通しが良いと思います。

このモデルはブラックアウトモデルでして、全体が真っ黒。しかし、生地自体は黒というよりも濃いグレー色といった感じです。アクセントで赤が所々にインサートされています。

ブラックアウトモデルの特徴である肩の富士山マーク。これ以外のベクトルジャケットはスラッシュフジサンマークです。

生地のデザインであるストライプ模様はやや薄いグレーでプリントされています。

レーザーホール。後ろ側にも装備されています。風通しをより一層通りやすくしています。真夏でも着れるかも。メッシュジャケットと同じ程度かやや劣る程度の風通しが期待できます。

首周りのファスナー処理。直接喉にファスナーが当たらないような配慮がされています。ちょっとしたことですが、こう言ったところが流石と思わせるところなんでしょうね。

今年モデルからは胸部プロテクター用のベルクロが装備されました。そのためフラップも大型化。ただ、ベルクロ取り付け部の艶のある生地部分(おそらくPUだと思います)がすぐにはがれそうな気がしなくもありません。PUだと加水分解するので、正直あまり使ってほしくはないのですが。

インナー側のメッシュ生地。ほかのジャケットと同様、ポリエステルのメッシュですね。
このメッシュ部分にプロテクターが仕込めるような作りです。左側の胸のところにはインナーポケットが見えていますね。

これは昨年モデルのベクトルジャケット、ブラックモデル。

改めて、今年モデルと比べてみましょう。

ファスナーとマークが白と黒で異なります。それとよく見ると、レーザーホールの作りが異なりますね。

生地自体は同じようですが、プリントが異なっています。リフレクターの位置も変わっていますね。

さて、普段着に使えそうなフーディ3種見てきましたが、どれも十分普段着として使えそうです。特にベクトルジャケットですが、肩、肘、背中にソフトパッドが標準装備されていますが、パッドを取り外してしまえば普段着のフード付きアウターとして十分使えます。

ミッドパーカですが、3種類の中で生地が最も薄い。しかし、防風インナーがレイヤードされているため、見た目とは裏腹に防風効果が高いだけあって、意外と防寒性能も高め。しかも純粋な生地が薄いためインナーウェアとしても使い勝手が良いでしょう。

リニアフーディは、生地はミッドパーカーよりも厚めですが、風通しが良いため春先よりも夏前の頃の方が使い勝手が良いと思います。また、Tシャツの上に直接羽織るような使い方だとミッドパーカよりも汎用性は高いと思います。

最後にベクトルジャケットは、その名が示すようにジャケットとしての使い方が適していると思います。すなわち、Tシャツの上というよりもジャケットとしてYシャツなどのアウターの上に重ね着をするよな使い方がベスト。また、ジャケットですからファスナーを閉めずに羽織るだけのような使い方が適していると思います。汎用性は最も高いのではないかと思われます。

以上、3種類のフーディを簡単にインプレッションしてみましたが、やはり三種三様の使い方がよろしいのではないかと。

クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その2 K-1946 ミッドパーカー

普段着に使えるクシタニのフーディーシリーズ。第2回目は

K-1946 ミッドパーカー

防風レイヤー層が装備されているフーディーである、K-1946ミッドパーカーです。これもここ数年デザインを少しづつ変えながら販売継続されているモデルですね。

このモデルは昨年発売された秋冬モデルでして、一昨年購入したミッドパーカーが非常に使いやすく、普段着やら仕事にも着て行ってましたから、予備的にもう1着買っていました。

こちらは一昨年のミッドパーカー。昨年モデルとデザインはほぼ同じです。

改めて、ミッドパーカーの良い点についてですが、リニアフーディーと比べて薄いのですが、インナー側に防風レイヤーがレイヤードされているところが気に入ってます。
この防風レイヤーですが、かなり具合がよく、これだけを普通のジャケット替わりに着てもしっかりと風は防ぐという点。なので、薄い割には身体が暑くなりやすい。ということは、それだけ防風性能が高いということが言えると思います。

防風レイヤー層。リニアフーディーとは異なり、別生地がレイヤードされているのがおわかりいただけると思います。

昨年モデルと同様、裁断は立体裁断。バイク乗車時にもフィットしやすいカッティングですね。また、一昨年モデルとは異なり、フードの紐が白から黒に変わっており、

袖口周りとサムホール周りも白から黒へ変更されています。袖口とかはどうしても汚れやすいところなので、これはありがたい改良ですね。

生地部分のアップ。よく見ると、ストライブ模様はプリントです。生地自体はリニアフーディよりもさらっとした感じです。

後ろ側。一昨年モデルとの一番の違いは、バックプリントの有無かもしれません。かなり目立ちます。

一昨年モデルには大きなバックプリントはありません。消臭テープの下に申し訳程度に入っているのみです。

このミッドパーカーの一番の特徴は、あくまでもミッドレイヤーだという点に尽きると思います。
インナーとしても使える薄さ、その割には防風効果が高い。ウィンドブレーカーほどではありませんが、ライディングジャケットのインナーとして考えた場合では、主な防風はアウターでどうにかなりますし、より高い防風性=防寒性と考えても良いかもしれません…を求める場合には、このミッドパーカーが非常に活躍するのではないかと思います。しかも、パーカーデザインなので、春先のちょっと寒い時期での普段着としてのパーカーとして使える点が何よりも良い点ではないかと思います。

ちなみに、

このミッドジャケットは、インナーとしてはゴアウインドストッパーを採用していたころのインナーシャツとほぼ同じような使い心地ですので、アウターとしても使えますが、ややごわついた感じなので、アウターとしての普段着として使うのならば、やはりミッドパーカーの方が使いやすいと思います。

次回の「クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ」はベクトルジャケットをご紹介する予定です。