Ryzen9 3900X

今年の7月7日、AMDから第3世代のRyzenが発売されました。
これまで、Ryzen 7 1700、2700Xと乗り換えてきまして、その性能の高さに驚いておりましたが、第3世代Ryzenはついに12コア24スレッドに到達!更に11月には16コア32スレッドというコンシューマ向けCPUとしては過去最大のコアを搭載したCPUも発売されるとのこと。これまで、RyzenだとThreadRipperや、INTELだとXEONなどのいわゆるHEDT市場向けとも思えるCPUが一般的な価格で購入できること、マザーボードも一般的なSocketAM4なモノが使えることなど、2~3年前では考えられないような事が現実となっています。

現在(2019年11月17日現在)購入できるRyzenシリーズ最高峰であるRyzen 9 3900Xですが、実は9月中には国内Amzonで購入済みでして、ここ1か月くらい使い倒していました。

現在でも入手性が良いとは言えず、現時点でも私が購入した時よりも高値で売られています。現在だと7万円~8万円。アキバ系のPCショップでも入荷すると即完売状態が発売から3か月以上経っているにも関わらず続いています。なお、アキバ系PCショップだとほぼ定価で購入できるようです。ちなみに定価は59,800円+税となっています。私が購入した時でさえ若干高く、税込み65,200円(購入時は税8%であるため)でしたが、現在ではとてもこの値段では買えないようです。

いろいろベンチをやってみましたが、比較対象としてRyzen2700X、要は3900Xと入れ替える前のマシン。

まず、3DMarkのTIMESPY

2700X

総合スコア4386 CPUスコアが見づらいですが、8616です。

続いて3900X

総合スコア 5377 CPUスコアが大幅アップの11933

あと、マルチスレッドだと性能を発揮しやすいベンチマークソフトとして、CINE BENCHってのがありますが、CINE BENCH R20で測ってみました。

すると驚きの7000超え。シングルスレッドでも500超えも普通に出ます。

実質Windowsを使うにはINTEL(インテル)かAMDしか実質的には選択肢がなく、長年AMDにとっての目の上のたん瘤のようなINTELでしたが、今回は久しぶりにINTELがフルボッコにされているようです。

さてさて、非常に高性能というのはわかりましたが、ネガティブなところって無いのかというと、さすがに完璧なCPUというわけには行かず、問題(というほどものでもありません。(笑))も正直あります。

ネガティブなところ。
とにかく爆熱。気を抜くとあっという間にリミッターが作動。ちなみにRyzenはかなり多量のセンサーを実装しており、かなり正確な数値を拾ってくれているようです。

なお、Ryzenの場合、CPUコアの温度が95℃を超えると電圧を下げて、クロックも下げるという機構が採用されています。

で、Ryzen 9 3900Xパッケージを購入すると嫌でも付属してくるのCPUクーラーですね、このCPUクーラーなのですが、予想以上に冷えません。(笑)

Ryzenシリーズにはサーマルスロットルリングという一種の安全装置が装備されていて、CPU温度が95°Cを超えるとクロックと電圧を下げる機能が実装されています。CineBenchとかを走らせながら、HWmonitorなどでCPUコア温度とか見てるとあっという間に90°Cを超えてきます。

こりゃいかんと、CPU クーラーをCoolerMastee製のMA410Pに交換し、更にファンを排気側に追加したところ、かなりマシにはなりましたが、それでも80°Cから85°Cくらいまでは上昇します。

確かにこれまでのAMD製品とは異なり、本気でINTEL製の製品を凌ぐ性能ではありますが、本気で戦うならば、冷却にはかなり気を使わないとRyzenの真の性能を発揮できないと思われます。逆に言うと、PCケースを含めてCPUクーラーやケースファン、エアフローなど総合的に冷却を考えて組んで行くとモンスターマシンが組めると思います。

ちなみに今度発売されるRyzen9 3950XはCPUクーラーが付属せず、更に簡易水冷が推奨となっており、プロセス微細化とともに発熱の問題が大きくなってきているということなのでしょう。netburstアーキテクチャーPentiumDを彷彿とさせるような事態です。もっともPentiimDは大コケしましたが。

カテゴリー: PC