クシタニ K-1951 ミッドジャケット




クシタニの2020年秋冬ウェアが発表され、続々と店舗に入荷しているようです。

例年ならば、8月後半から秋冬ウェアの発表と予約が始まるのですが、今回発表された秋冬モデルは昨年モデルのカラーチェンジが多く、がらっと変わった、あるいは新たに発表されたモデルがあまりなく、今年のモデルはスルーかなぁと思っていましたが、カタログを見てみると今シーズンから、これまでの秋冬モデルのジャケットのうち、インナージャケットのみを単体で発売するようで、ちょっと驚き。クシタニのインナーはかなり評判も良いらしく、以前から単体での販売を希望されるユーザーが非常に多かったともショップの店長さんも言ってました。そのためなのでしょうが、インナージャケットの単体売りっていうのが今年の大きなトピックです。

あともうひとつ、新モデルとして発売されたのが、今回購入したミッドジャケットというインナージャケット。カタログで見た限りでは、普段使いでも十分使えそうってことと、フードが無いってことも大きなポイントです。
昨年購入したミッドパーカーは今年も若干デザインが変わりましたが、継続販売されており、こちらも新モデルとして購入可能。ただ、フード付きってのが、純粋にインナーとしてみた場合、非常に邪魔くさい。ミッドパーカーだけでも着用可能なのがこの製品のウリなのでしょうが、ミッドレイヤーとして見た時にはフードは邪魔でしかありません。実際、昨年購入したミッドパーカーはほぼ普段着としてしか着用しませんでしたし、普段着としての使い勝手も申し分ないってことも大きな理由でした。

で、今年のミッドジャケットですよ。純粋にインナーとして使うのを前提とした作りになっており、もちろん普段着として使っても違和感ないデザインではありますが、作りがミッドパーカーとは全くことなります。

外観ですが、腕のところに小ぶりなポケットが付いています。あまり実用的とは言えないと思いますが。容量も小さいですし。それと、胸のところのスラッシュフジサンマーク。このあたりは普段着として着用しても違和感無いようなデザインだと思いますし、あえて、アウターとして使われることも想定しているなによりの証拠でしょう。

背中側。レーザーアウトレットホールが装備されているのと、腰のところにリフレクターが付いています。これらを見てもアウターとしても使ってね!というメッセージでしょう。

このモデルはブラック、ホワイトモデルで部分的に白い生地とファスナー類が白。もう一つ、全部ブラックのブラック仕様もあり2色展開ですね。
袖口がジャージっぽい生地で、手首にかかる負荷もかなり低減されているようです。ちなみに、サムホールも付いており、極寒時にはかなり有効な装備。

ここからは、さすがクシタニと思えるところ。まず、肘の部分は腕の曲がりに合わせてプリーツが3か所入っています。そのため、最初からライディングスタイルに合わせた腕のカタチになるような工夫がされており、腕へのストレスをなるべくかけないような形状になっています。

ファスナーの襟のところ。生地で折り返しがあり、直接ファスナーの持ち手のところがのどに当たらないようになっています。ここの部分って首に当たるとかなりウザいんですけど、このような工夫はさすがです。ちなみに逆の下側も同じように折り返しがあります。

前身ごろを開いての内側。
赤いところが縫製されているところですが、かなり複雑な形状になっていることが判ります。これって、できるだけ身体にフィットさせるように立体的な縫製がなされていることが判りますね。実際に着て見ると、タイトだけど動きを妨げないっていう非常に凝った作りになっています。こればっかりは着て見ないとわかりません。

最後に生地はどんな感じか?というと、これまでのクシタニの冬用インナー…わりと肉厚でゴワゴワとした感じ…が一番近い。なので、防風性はかなり良好だと思われます。また、防風性が高いが故にレーザーホールを付けたのではないかとも思います。
ちなみに、クシタニの冬用インナー…最近のはわかりませんが…ゴアウインドストッパーインナーの頃のモノをイメージしてもらうと一番近いと思います。
だとしたら、防風性、保温性もかなり期待ができるのではないかと。実際に着用できる季節が来るのが楽しみになります。