クシタニ K-2337 フルメッシュパーカージャケットとK-2339 ベクトルジャケット(その2)




前回に続き、クシタニ2019春夏モデルのカジュアル系ジャケットのインプレです。前回のフルメッシュパーカージャケットに続いて、同時に購入したほぼ普段着の見た目でプロテクターが装備されており、きちんとライディングジャケットとしての機能も十分なベクトルジャケットのインプレです。
生地そのものもジャージのような生地で着用感も大変柔らかい素材で作られています。見た目はほぼジャージ生地のパーカーです。

今回購入したものは、ブラック。しかし実際の見た目は黒というよりも濃いグレー色。また、単純な色ではなくグレー生地ではありますが、シルバーグレーと言っても良いようななかなか高級感(笑)も感じられる生地です。また、このベクトルジャケットはこのブラックのほかに、ネイビー、オレンジとシルバーの全4色展開ですが、このブラックだけはフロントファスナーがホワイトの設定で、ブラック生地にホワイトのファスナーやスラッシュフジサンマークがポイントとして使われているため、メリハリが付いており、今回展開されている4色の中では最も落ち着いたデザインでありながら、ライジャケアピールも高い製品だと感じます。

後ろ側。フードのループ部分にレッドが差し色として使用。これまた単に落ち着いた色使いというわけでもなさそうです。肩側のMOTO PERFORMANCEロゴもさりげなく目立ちます。

背中側のレーザーホール
フロント…というか脇の下のレーザーホール

大きな穴ではありませんが、前と後ろにベンチレーション用のレーザーホールが開けられており、それなりにベンチレーションは効きます。また普段使いしていてもこの穴があるだけで、体が蒸れ難く通気性は感じられますので、バイクでの走行中にはそれなりに効果は発揮すると思われます。

フード部分。フードは背中のタブに留められるようになっており、バタつきも多少は低減できると思います。タブもしっかりとした生地で作られており、実用性も確保されています。

肩のリフレクトテープ。普段は生地とほぼ同色ですが、フラッシュ撮影するとご覧のとおり。視認性は問題なさそうです。

フロントファスナーの上部にもMOTO PERFORMANCEロゴ。この手のジャケットは完全にファスナーを上まで閉じることは少ないと思いますので、このロゴもあえて見えるような位置に付けられているのではないかと思われます。

ある意味、一番驚いたところでもありますが、インナー側には裏地がしっかりとありました。所詮ジャージ生地なんだから…と思っていただけに裏地もきちんと作られており…プロテクター装着をするうえで、裏地は必須なのでしょうが、ライジャケとしての基本はきちんと押さえられています。

さて、このジャケットのインプレですが…
これ、ライジャケとして使うよりも普段着として使う方が幸せになれるように思います。または街乗り用。着心地も生地が柔らかいため大変優しく、ゆったりとした気分になれるでしょう。しかし、ライディングジャケットとしては、生地が柔らかいため、生地での保護機能は期待できません。また柔らかい素材であるため、プロテクターも装着はされていますが、転倒時や事故時にはプロテクターが大きく動いてしまい、プロテクターでの身体保護もやや怪しいかもしれません。

ただ、着用感は大変すばらしく、ストレスを感じないという点では、ライディングにプラスに働くかもしれません。

なので、あえて言うなら、普段使いとして着用し、ちょっとバイクに乗るとか、という時に使うようなジャケットだと感じます。

逆に、MOTO PERFORMANCEロゴとかスラッシュフジサンマークとかが比較的目立つように付いていますので、着用する人が一般の人などに対して「ライダーアピール」する時に着用すると、逆に良いかもしれません。
とにかく、おしゃれなパーカーとして普段使いすると周りに人の見る目が変わるかもしれません。