クシタニ AK-L1901-18 AK/フロントジップパーカー01




先日クシタニパフォーマンスストア横浜店に行ってきましたが、その時に買ってきたのが、横浜店オープン時に限定商品として入荷していたパーカーです。SHINICHIRO ARAKAWAとのコラボ製品であるAK-L1901-18 AKフロントジップパーカー-01です。どちらかというと、ライディングウェアというよりも街着として使っています。今の時期、まだまだ寒い日々が続いているのでちょっと寒い朝夕などで羽織るとちょうどいい感じになります。生地自体は薄いのですが、コットン100%と言う事もあってなのか予想以上に防寒効果があります。昨年買った同じくクシタニのMIDパーカーよりも暖かく感じます。一緒にK-1922楕円ロングTシャツと一緒に買ってきましたが、今回はAK-L1901-18 AKフロントジップパーカー01のお話です。

SHINICHIRO ARAKAWAとのコラボ商品なので、昨今のクシタニ製品のようにデカデカとロゴが入っていることもなく、街着としても全く違和感はありません。胸のところに富士山マークとKUSHITANIのロゴが控えめに入っているのと、バックには右下にこれも控えめにロゴが入っている程度です。

バック側左下の控えめな富士山マークとロゴ

クシタニっ製品なので、一応ライディングウェアとしても使えるような配慮も感じられるところが3点ほどあります。

一つ目 フードに穴が開いています。

走行中、フードがバタつかないように穴が開いており、フードに巻き込まれた走行風がこの穴から排出されていくという仕組み。実際、雨よけフードとしての機能は落ちるかもしれませんが、雨よけとしてはほぼ使わないと思われますので、このような配慮は嬉しいと思います。また、穴自体も走行時のフードのバタつきと雨よけとしての機能の両立を図ったと思われる絶妙な大きさです。

二つ目 お腹から腰にかけての位置に「マチ」が付いている

これもライディングウェアらしい配慮なのですが、バイク乗車中は前傾ポジションとなることも多く…もっともバイクにもよりけりではありますが…前傾時にウェア自体からのストレスを感じないように配慮しているところでもあります。

あと、もう一つはフロントファスナーが下からも開くタイプのものが付いています。これもまた、ライディング時に前傾姿勢をとると、お腹周りが締め付けられるように感じることがあるのですが、下からもファスナーが開くと下側をすこし上げることで、お腹周りにかかるテンションを下げる効果があります。これもまたライディングウェアとしての機能ですね。

唯一のネックは価格なのですが、有名デザイナーが手掛けた製品と思えば、納得の価格かもしれません。個人的には街着としてもライディングウェアとしてもバランスが取れている商品であると思います。

唯一のネックはパフォーマンスストア限定品なので、クシタニプロショップやクシタニオンラインでは購入できないということが難点ではあります。