SHOEI Z-7と他のヘルメットとの比較




SHOEI Z-7の使用感です。

先日の日曜日にZ-7を被ってかる~く走ってきました。
小さいってことは前にも書きましたが、被っている限りは正直大きい小さいは気にはなりません。また、Z-7の特徴でもある、「軽さ」については、GT-Airに比べては軽さは実感できます。またAraiのRX-7Xと比べても軽い!
確かに、長距離ツーリングなどではこの軽さが大きなアドバンテージとなりえると感じました。

風切り音について
確かに静かです。が、しかし、GT-Airと比べればややうるさい。Araiの各製品と比べてはほぼ同等かもしくは若干Z-7の方が静かと感じました。ただ、Arai各製品とは大差ないと思います。もっともGT-Airが静かすぎるのだと思います。
静か…煩い
GT-Air>Z-7≧ASTRAL-X=RX-7X≧XD

ベンチレーションについて
圧倒的にGT-Airの方がベンチが効きます。AraiのASTRAL-Xと比べてはほぼ同等と感じました。RX-7XとはRX-7Xの方が優秀。
涼しい…暑い
GT-Air>RX-7X>Z-7=ASTRAL-X=XD

これらの性能だけで言えば、GT-Airが一番よさげなのではありますが、GT-Airは実際に使ってみないとわからないところが一つだけあります。
それは視界。GT-Airはインナーバイザーが付いており、シールドの内側のいわゆるおでこの部分にインナーバイザーが仕込まれていますが、そのため、この部分の帽体に厚みがあります。厚みがある分だけ、上側の視界が遮られ気味となるのですね。特にSSなどの前傾度の強いバイクだと、頭部が下を向く形となるため、帽体の厚みが仇となり上の方の視界が悪くなるのです。気にしなければ気にならないと思いますが、私の場合、どうしても上が見えづらい…信号や道路標識の青看が見えづらいというだけでもかなりストレスに感じます。

その点、AraiのProShadeシステムは理にかなっていると考えます。帽体自体は変えずにシールド側でシェードを追加するという方法ですね。
恰好が良くないとか、風切り音がうるさいとか巷では言われているようですが、視界という安全性に直結する部分ですから、一番合理的であると考えます。

ただ、インナーバイザーが悪いとは思っていません。例えばクルーザーやほぼ直立で乗るアドベンチャー系、ネイキッド系では前傾度もかなり緩やかですし、特にクルーザー系では直立どころか殿様乗りに近いものがありますので、上側の視界はほぼ無視できるレベルではないかと思います。更に、インナーバイザーですから、普段は帽体の中に仕込まれており、使うときだけ出す、ということは、普段は帽体の中ですから、バイザー自体に虫が張り付いたりして汚れる可能性が限りなくゼロになるということも十分メリットになり得ますね。

やはり、どれがいいとか、どれが悪いという話ではなく、自分の乗っているバイクや用途に合ったヘルメットを選択するというのが一番良いことですし、視界は気にならないから、静かさを優先するとかベンチ性能を優先するとかっていう決め方で良いのではないでしょうか?

さて、Z-7ですがさっそくシールドをスモークに交換しました。
当然PIN-LOCKシートも購入してスモークシールドに取り付けました。