MT-10 タイヤ交換




MT-10のタイヤ交換しました。新車から3セット目です。

今回も前回同様、METZELERのROADTEC Z8 INTERRACTとなりました。前後同時交換です。

まだまだ象さんまで届いていませんねぇ(笑)
前回は新車装着タイヤであった、BSのS-20から8,000㎞で交換。今回は19,000㎞で交換となりましたから、11,000㎞で寿命を迎えたことになりました。

ほぼほぼSSのエンジンとパワー、重量はむしろSSよりも重いということを考えると、11,000㎞というのは、まぁよく持ったほうかなとは思います。

さて、Z8の使用感ですが、接地感はS-20の方が上、大した違いはないと思いますが、どちらもスポーツツーリングタイヤなので、大きな差は感じられませんでした。
ライフについては、Z8の方が上。さらに言うと、S-20の時よりもバイクに慣れたせいもあって、Z8の時の方が過激な走行(あくまでもS-20時代と比べての話ですが。)や高速道路の使用比率が圧倒的に多かったにもかかわらず、ライフは長かったということからも、ツーリングメインで使用する、私のような使い方であれば、Z8で十分とも言えるわけでして、今回も190/55というSS御用達のようなサイズでもラインナップされており、かつ最安値で買えるという理由から、同じタイヤにしたというわけです。
また、特に今回感心したのが、ライフ終盤時のタイヤ特性。これまでに使ってきたタイヤたちは、残り溝が30%くらいになってくると、明らかにフロントが切れ込んでくるような挙動が急激に出始めていたのですが、Z8だと最後の最後あたりでようやくフロントの切れ込みが始まるという感じでした。そのため、タイヤライフに無頓着になってしまい、気が付けば、リア側はタイヤのベルト層がうっすらと見え隠れしているまでになっており、実のところ慌てて交換したというのが本当のところ。また、減り方も段減りや片減りもなく、きれいにまるく減っていたこともあって、気づくのが遅れたということもありました。

それだけ最後まできちんと使えるタイヤということでもあるので、次回もMETZLEREで。ということで同じタイヤとなりました。もっともいろいろなタイヤを試したほうが楽しいとは思いますけどね。