セロータイヤ交換




セローのリアタイヤが3分山になってしまいましたので、交換しました。前回と同じ、IRCのGP-22です。このタイヤは、HONDAのCRF250Fの純正タイヤにも採用されているオンオフ両方でそこそこ使えるタイヤとしても有名なタイヤです
なお、この手のタイヤとしては、DUNLOPのD605とか、BRIDGESTONEのTW302あたりが同等品で、ちなみにセローの新車装着タイヤはBRIDGESTONEのTW302ですね。また、セローの特徴である、リアタイヤがチューブレス仕様であるという点についても一般的に入手しやすいのが、この3点ということになります。

いずれのタイヤについてもセローに装着してきましたが、これらの中で、オンロードとオフロードのいずれもで比較的使いやすく、かつ、ライフもそこそこといったことから、今回もIRCのGP-22を選択しました。ちなみに、私のようなほぼオンロードでときどき林道といった使い方では、どのタイヤを選んでも大差はないと思います。ちなみに、交換前のGP-22のライフですが、約7,000㎞で3分山といったところでしょうか?GP-22の前のD605ではライフはほぼ同じでした。ガチのトラ車的な走りをするのであれば、IRCのTOURIST一択となるのでしょうが、コンパウンドがかなりやわらかいため、一般道で走るとリアがふにゃふにゃと左右に暴れるように感じてしまうことと、タイヤの形状の問題から、無理なバンクをかけられないといった問題もあり、私のようなオンロードメイン、ときどきオフロードというような使い方では、TOURISTは宝の持ち腐れというものです。

交換したリアタイヤ。IRCのGP-22。まだタイヤにマーキングが残っています。

GP-22の特徴である、左右非対称パターン。この位置から見るとよくわかります。

ヒゲ取りも行っていません。来週あたりにでも近所の林道に行って慣らし兼ヒゲ取りに行ってこようと思います。