RYZEN7 2700Uのはなし




RYZEN7 2000シリーズのトピックとしては、デスクトップ用だけでなくモバイルPCやノートPC用のRYZENシリーズを搭載したRYZENシリーズも充実してきていますね。

数は多くありませんが、LENOVOやHP、DELLなどの通販系メーカー数社からもRYZEN搭載ノートPCが発売されていますが、手持ちのHP製モバイルノートPCが購入後5年ほど経過し画面の小ささや解像度も低いため、老眼にはきついためようやく買い替えました。

購入したのはLENOVO製モバイルノートPC、ideapad 720Sと言うモデルでして、当然RYZEN7 2700U搭載モデルです。

ideapadシリーズなので、どちらかと言うと、ビジネス用というよりは個人で使用するような使い方に適したモデルです。

ボディはシルバーでなかなかスタイリッシュ。

キーボードは一般的なモバイルノートとそんなに変わりませんが、キーボードの右側部分が特養的で、Enterキーと」キーが重なっているようなレイアウト。」キー自体あまり使わないので、意外に違和感はありませんでした。

電源ボタンも一番右上のDelキーの隣り合わせになっているため、一瞬電源ボタンの場所が分かりにくいかもしれません。また、間違って押してしまう可能性もないとは言えない微妙な位置です。

左側面。USB3.0 Type-Cが2か所。挟まれるようにUSB3.0 Type-A。なお、USB3.0 Type-CはいずれもACアダプターから充電可能となっているのと同時に手前側のUSB3.0 Tyape-Cポートはディスプレイポート兼用となっています。

右側面。USB3.0 Type-Aとヘッドフォンジャック。インターフェースはこれだけです。

ちょっとわかりにくいのですが、厚みは実測で11ミリちょっと。後ろ側に向かうほど厚みが増していくので、スペック上は13.6ミリとなっていますが、一番薄いところでおよそ11ミリとはちょっと驚きの薄さです。

実際の性能について

CrystalDiskMark

まず、CrystalDiskMarkの数値ですが、まさに「爆速」ちなみに同じくRYZEN2700X搭載自作機のCrystalDiskMarkの数値は以下の通りです

CrystalDiskMark RYZEN2700X

最初は何かの間違いかと思いましたよ!

NVMe接続なので、当然と言えば当然の結果なのですが、一昔前のハードディスクに比べれば、PCI-E接続のSSDでも十分早いのですが、ideapadのSSDを見てしまうと、自作機もNVMe接続に交換しようかと思ってしまうほどの爆速っぷりです。

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15の結果ですが、CPUが576cb。OpenGLが27.33fps

デスクトップ版RYZEN2700Xと比べると大幅に低い数値ですが、一昔前のCore-i7 3770が662、Core-i7 3720QMが590だったことを考えると、大健闘といったところではないでしょうか?

OpenGLの数値がやや低いのは、メモリがシングルチャネル接続なため、デュアルチャネルアクセス可能なCPUとしては、やや残念な結果。せっかくVega10を搭載しているのだから、この辺りを改善していただけると大幅に性能アップが期待できるのですが。

CPU-Z

総括

スタイリッシュなモバイルPCで、そこそこの作業もサクサクこなす性能があります。ただ、同機種でINTEL系搭載モデルとの比較だと、性能は良いけれど、バッテリーのもちが良くない(メーカー公称値は6.8時間。IntelCPU搭載モデルでは12時間)

モバイル用途としてはバッテリー使用時間が短いのは致命的とまでは言えませんが、やや難ありと言わざるを得ないでしょう。しかしながら、いつも持ち歩くわけではなく、たまに外出時に使うといった程度であれば、これだけの性能を持ち運べると割り切って使うことを前提とすればバッテリーの使用時間の短さも気にはならないと思います。ガシガシ外で(充電できない環境で)使い倒すという使用方法であれば端からIntelモデルを使えば良いだけの話であると考えます。

バッテリーの短さ以外のところで言えば、軽いしスタイリッシュだし、なにより薄いというのも大きなポイントです。そのため実際めちゃくちゃ軽いですし。また、かなり狭額なベゼルであるため、ボディサイズの大きさの割に13.3インチのFullHD画面というのも大きなポイント。また、安いモデルにありがちなTNパネルではなくIPSパネルというのも高評価です。

最後にThinkpadと比べての話ですが、アレは完全にビジネス用途に特化したモデルと考えた方が、ideapadを購入した人からすれば幸せになれると思います。

実は、コレを買うときにThinkpad A285と最後まで迷いました。最終的にはスペックと価格のバランスでideapadとなったのですが、実機で比べると、A285の良さが際立ちます。例えばインターフェースの豊富さとかはA285に軍配が上がるのですが、何よりもボディの剛性の高さは圧倒的にThinkpadの方が上。決してideapad780Sがダメという事ではありませんが、Thinkpadと比べると…という話なのですね。

それでもこのスペックで8万を切る価格(2018年12月25日現在)というのは、大変魅力的ですし、自宅で使うことがほとんど、あるいは外でもACアダプターをつなげて使うことを前提としていれば大変お買い得なPCであると思います。

カテゴリー: PC