RYZEN7 2700Xのはなし




久しぶりのPC関連の投稿です。

初めてPCに触ったのが、Windows95の頃でしたから、もう20年以上も経っていますが、自作PCに足を踏み入れたのがそのあとのWindows98 の発売前。Celeron300Aのオーバークロックが大流行したころでしたから、これまた20年以上PC自作を趣味としてきましたが、最初期に作ったPCがINTEL系だった以外、ほぼずーっとAMD一筋で今に至っております。そのAMDですが、最近はRYZENでINTELに一矢報いたZENアーキテクチャが2018年前半にZEN⁺となりRYZENシリーズも2000シリーズにアップデートがなされています。

一昨年RYZENシリーズが発売されて、RYZEN7 1700を購入し、久しぶりにPCを新調しましたが、いまさらながらCPUのアップデートとして、RYZEN7 1700からRYZEN7  2700Xに入れ替えました。

その際、これまで使用していたPCケースである、ANTECのmini P-180があまりにも古くなり、ネジも錆びまみれ。ケース本体もところどころ錆びが出始めており、併せてケースも新調。サイズのシリウスというド派手なケースに換装しました。今更ながらのヒカリモノケースです(笑)。

今回は2700Xに交換するだけでしたが、ついでにCPUクーラーもCoolermasterのMasterAir MA410PというLED付のクーラーに 換装。ド派手さに磨きがかかっています(笑)

肝心の性能ですが、

CINEBENCHI R15

1700がだいたい1450~1455。2700Xが1750~1777。多少ブレているのは、CPUクロックが変動するため若干動いてしまっているのだと思いますが、それにしても20パーセント程度上昇しています。1700の通常クロックが3.0Ghz。2700Xの通常クロックが3.7Ghz。だいたい1.2倍なのでおおよそクロックアップ分の性能アップと考えて間違いないと思います。

正直、微妙な性能アップなので、もし待てるのであればRyzen3000シリーズ(ZEN2)まで待ってみるのも良いかもしれません。

カテゴリー: PC