PRISMのアルバム





今からさかのぼることおよそ40年前の1975年、日本初のフュージョンバンドとして結成されたPRISMというバンドが産声を上げました。
1976年、エリック・クラプトンの日本公演の際にオープニングアクトとして抜擢され、その名は全国に知られるようになり、伝説ともいえる目黒の杉野講堂のファーストアルバム発売記念公演では、集まったファンは目黒駅までの長蛇の列を作り、今だに語り継がれるほどです。
そんなPRISMを私が知ったのは、1979年頃でした。当時高校生だった私は良く通っていたレコード屋の店主から教えられ、サードアルバムであるPRISM3を試聴させてもらった時でした。サードアルバムの1曲目のEchoesのパーカッション、続くVirgo-9のテンポの良さ。一気にやられちゃいました。そのままレコードを購入して自宅で改めて聴き始めると一気に最後まであっけにとられながら聴いていたことを思い出します。それほどインパクトのあるバンドでした。
当時はレコードでしたので、発売されるたびにレコードを買っては聴いていましたが、いつしかレコードも買わなくなり、当時あったレンタルレコードで借りてカセットテープに録音したものを聴くようになっていました。

時は流れ、音楽自体を聴くことも少なくなりましたが、i-tunesやipodが普及してくるにつれ、昔の音楽もオンラインで購入できるようになり、PRISMのアルバムもi-tunesで買える時代になりました。
しかしながら、そうは言ってもすべてのアルバムが購入できるわけでもなく、多くのアルバムはすでに廃盤となっていることもあり、一部のアルバムはとんでもなく高価。かつ、たまにネットオークションにも出品されてもとてつもなく高価という状況。そんな状況の中、再販されたアルバムも何種類かあるようです。再版されたアルバムの中で、どうしても手に入れたいというアルバムがたまたまアマゾンに出品されており、このたび約30年ぶりに入手できました。

SURPRISE
1 FULL MOON
2 BACK STREET JIVE
3 UPSIDE DOWN
4 KARMA
5 THOUGHTS
6 IM TELLING YOU
7 SBATOTT
8 UNFORGETTABLE

VISIONS
1 Rhythm Of The Lights
2 Tearscape
3 I Know That
4 Wind
5 The First Sky And The Last Sea
6 While You Blink 8 Times
7 Footprints On Water
8 A-Ao-Bi-Ma-Sho
9 Wind
特にSURPRISEはキーボードに佐山雅弘さんを迎えており、これまでのPRISMの音楽から明らかに変容しており、インパクトがありました。かなりメロディアスな作品でJAZZっぽさが全面に出ています。
これに対して、VISIONSはSURPRISEからまたまた変容しており、一言で言うとサーカスのようにワクワクするようなPOPな感じもするも、The First Sky And The Last Seaのように壮大なイメージを受ける曲もあり特に好きなアルバムです。
30年ぶりのPRISM旧作アルバム、FUSION好きの人なら必ず気に入っていただけると思います。