RYZEN7 2700Uのはなし




RYZEN7 2000シリーズのトピックとしては、デスクトップ用だけでなくモバイルPCやノートPC用のRYZENシリーズを搭載したRYZENシリーズも充実してきていますね。

数は多くありませんが、LENOVOやHP、DELLなどの通販系メーカー数社からもRYZEN搭載ノートPCが発売されていますが、手持ちのHP製モバイルノートPCが購入後5年ほど経過し画面の小ささや解像度も低いため、老眼にはきついためようやく買い替えました。

購入したのはLENOVO製モバイルノートPC、ideapad 720Sと言うモデルでして、当然RYZEN7 2700U搭載モデルです。

ideapadシリーズなので、どちらかと言うと、ビジネス用というよりは個人で使用するような使い方に適したモデルです。

ボディはシルバーでなかなかスタイリッシュ。

キーボードは一般的なモバイルノートとそんなに変わりませんが、キーボードの右側部分が特養的で、Enterキーと」キーが重なっているようなレイアウト。」キー自体あまり使わないので、意外に違和感はありませんでした。

電源ボタンも一番右上のDelキーの隣り合わせになっているため、一瞬電源ボタンの場所が分かりにくいかもしれません。また、間違って押してしまう可能性もないとは言えない微妙な位置です。

左側面。USB3.0 Type-Cが2か所。挟まれるようにUSB3.0 Type-A。なお、USB3.0 Type-CはいずれもACアダプターから充電可能となっているのと同時に手前側のUSB3.0 Tyape-Cポートはディスプレイポート兼用となっています。

右側面。USB3.0 Type-Aとヘッドフォンジャック。インターフェースはこれだけです。

ちょっとわかりにくいのですが、厚みは実測で11ミリちょっと。後ろ側に向かうほど厚みが増していくので、スペック上は13.6ミリとなっていますが、一番薄いところでおよそ11ミリとはちょっと驚きの薄さです。

実際の性能について

CrystalDiskMark

まず、CrystalDiskMarkの数値ですが、まさに「爆速」ちなみに同じくRYZEN2700X搭載自作機のCrystalDiskMarkの数値は以下の通りです

CrystalDiskMark RYZEN2700X

最初は何かの間違いかと思いましたよ!

NVMe接続なので、当然と言えば当然の結果なのですが、一昔前のハードディスクに比べれば、PCI-E接続のSSDでも十分早いのですが、ideapadのSSDを見てしまうと、自作機もNVMe接続に交換しようかと思ってしまうほどの爆速っぷりです。

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15の結果ですが、CPUが576cb。OpenGLが27.33fps

デスクトップ版RYZEN2700Xと比べると大幅に低い数値ですが、一昔前のCore-i7 3770が662、Core-i7 3720QMが590だったことを考えると、大健闘といったところではないでしょうか?

OpenGLの数値がやや低いのは、メモリがシングルチャネル接続なため、デュアルチャネルアクセス可能なCPUとしては、やや残念な結果。せっかくVega10を搭載しているのだから、この辺りを改善していただけると大幅に性能アップが期待できるのですが。

CPU-Z

総括

スタイリッシュなモバイルPCで、そこそこの作業もサクサクこなす性能があります。ただ、同機種でINTEL系搭載モデルとの比較だと、性能は良いけれど、バッテリーのもちが良くない(メーカー公称値は6.8時間。IntelCPU搭載モデルでは12時間)

モバイル用途としてはバッテリー使用時間が短いのは致命的とまでは言えませんが、やや難ありと言わざるを得ないでしょう。しかしながら、いつも持ち歩くわけではなく、たまに外出時に使うといった程度であれば、これだけの性能を持ち運べると割り切って使うことを前提とすればバッテリーの使用時間の短さも気にはならないと思います。ガシガシ外で(充電できない環境で)使い倒すという使用方法であれば端からIntelモデルを使えば良いだけの話であると考えます。

バッテリーの短さ以外のところで言えば、軽いしスタイリッシュだし、なにより薄いというのも大きなポイントです。そのため実際めちゃくちゃ軽いですし。また、かなり狭額なベゼルであるため、ボディサイズの大きさの割に13.3インチのFullHD画面というのも大きなポイント。また、安いモデルにありがちなTNパネルではなくIPSパネルというのも高評価です。

最後にThinkpadと比べての話ですが、アレは完全にビジネス用途に特化したモデルと考えた方が、ideapadを購入した人からすれば幸せになれると思います。

実は、コレを買うときにThinkpad A285と最後まで迷いました。最終的にはスペックと価格のバランスでideapadとなったのですが、実機で比べると、A285の良さが際立ちます。例えばインターフェースの豊富さとかはA285に軍配が上がるのですが、何よりもボディの剛性の高さは圧倒的にThinkpadの方が上。決してideapad780Sがダメという事ではありませんが、Thinkpadと比べると…という話なのですね。

それでもこのスペックで8万を切る価格(2018年12月25日現在)というのは、大変魅力的ですし、自宅で使うことがほとんど、あるいは外でもACアダプターをつなげて使うことを前提としていれば大変お買い得なPCであると思います。

カテゴリー: PC

RYZEN7 2700Xのはなし




久しぶりのPC関連の投稿です。

初めてPCに触ったのが、Windows95の頃でしたから、もう20年以上も経っていますが、自作PCに足を踏み入れたのがそのあとのWindows98 の発売前。Celeron300Aのオーバークロックが大流行したころでしたから、これまた20年以上PC自作を趣味としてきましたが、最初期に作ったPCがINTEL系だった以外、ほぼずーっとAMD一筋で今に至っております。そのAMDですが、最近はRYZENでINTELに一矢報いたZENアーキテクチャが2018年前半にZEN⁺となりRYZENシリーズも2000シリーズにアップデートがなされています。

一昨年RYZENシリーズが発売されて、RYZEN7 1700を購入し、久しぶりにPCを新調しましたが、いまさらながらCPUのアップデートとして、RYZEN7 1700からRYZEN7  2700Xに入れ替えました。

その際、これまで使用していたPCケースである、ANTECのmini P-180があまりにも古くなり、ネジも錆びまみれ。ケース本体もところどころ錆びが出始めており、併せてケースも新調。サイズのシリウスというド派手なケースに換装しました。今更ながらのヒカリモノケースです(笑)。

今回は2700Xに交換するだけでしたが、ついでにCPUクーラーもCoolermasterのMasterAir MA410PというLED付のクーラーに 換装。ド派手さに磨きがかかっています(笑)

肝心の性能ですが、

CINEBENCHI R15

1700がだいたい1450~1455。2700Xが1750~1777。多少ブレているのは、CPUクロックが変動するため若干動いてしまっているのだと思いますが、それにしても20パーセント程度上昇しています。1700の通常クロックが3.0Ghz。2700Xの通常クロックが3.7Ghz。だいたい1.2倍なのでおおよそクロックアップ分の性能アップと考えて間違いないと思います。

正直、微妙な性能アップなので、もし待てるのであればRyzen3000シリーズ(ZEN2)まで待ってみるのも良いかもしれません。

カテゴリー: PC

PRISMのアルバム





今からさかのぼることおよそ40年前の1975年、日本初のフュージョンバンドとして結成されたPRISMというバンドが産声を上げました。
1976年、エリック・クラプトンの日本公演の際にオープニングアクトとして抜擢され、その名は全国に知られるようになり、伝説ともいえる目黒の杉野講堂のファーストアルバム発売記念公演では、集まったファンは目黒駅までの長蛇の列を作り、今だに語り継がれるほどです。
そんなPRISMを私が知ったのは、1979年頃でした。当時高校生だった私は良く通っていたレコード屋の店主から教えられ、サードアルバムであるPRISM3を試聴させてもらった時でした。サードアルバムの1曲目のEchoesのパーカッション、続くVirgo-9のテンポの良さ。一気にやられちゃいました。そのままレコードを購入して自宅で改めて聴き始めると一気に最後まであっけにとられながら聴いていたことを思い出します。それほどインパクトのあるバンドでした。
当時はレコードでしたので、発売されるたびにレコードを買っては聴いていましたが、いつしかレコードも買わなくなり、当時あったレンタルレコードで借りてカセットテープに録音したものを聴くようになっていました。

時は流れ、音楽自体を聴くことも少なくなりましたが、i-tunesやipodが普及してくるにつれ、昔の音楽もオンラインで購入できるようになり、PRISMのアルバムもi-tunesで買える時代になりました。
しかしながら、そうは言ってもすべてのアルバムが購入できるわけでもなく、多くのアルバムはすでに廃盤となっていることもあり、一部のアルバムはとんでもなく高価。かつ、たまにネットオークションにも出品されてもとてつもなく高価という状況。そんな状況の中、再販されたアルバムも何種類かあるようです。再版されたアルバムの中で、どうしても手に入れたいというアルバムがたまたまアマゾンに出品されており、このたび約30年ぶりに入手できました。

SURPRISE
1 FULL MOON
2 BACK STREET JIVE
3 UPSIDE DOWN
4 KARMA
5 THOUGHTS
6 IM TELLING YOU
7 SBATOTT
8 UNFORGETTABLE

VISIONS
1 Rhythm Of The Lights
2 Tearscape
3 I Know That
4 Wind
5 The First Sky And The Last Sea
6 While You Blink 8 Times
7 Footprints On Water
8 A-Ao-Bi-Ma-Sho
9 Wind
特にSURPRISEはキーボードに佐山雅弘さんを迎えており、これまでのPRISMの音楽から明らかに変容しており、インパクトがありました。かなりメロディアスな作品でJAZZっぽさが全面に出ています。
これに対して、VISIONSはSURPRISEからまたまた変容しており、一言で言うとサーカスのようにワクワクするようなPOPな感じもするも、The First Sky And The Last Seaのように壮大なイメージを受ける曲もあり特に好きなアルバムです。
30年ぶりのPRISM旧作アルバム、FUSION好きの人なら必ず気に入っていただけると思います。