只見駅に行ってきました






こちらもここ数年毎年訪れているJR只見線の只見駅です。
JR只見線は、日本有数の絶景路線としても知られており、元々は、只見ダム建設に伴い、会津若松を小出を結ぶ路線として、1962年に全線開通した比較的若い路線です。沿線は会津坂本から只見までは只見川に沿って、また途中田子倉湖を挟んで、新潟側の大白川からは破間川にそって走るいわゆる秘境路線としても知られています。
2011年福島豪雨により、只見川にかかる橋梁のうち相当数の橋梁が流出や損壊などの甚大な被害を受け、2018年現在も只見駅と会津川口間が不通のままで、この両駅間は代行バスによる代行運転が行われています。
不通となる前も秘境路線として知られているくらいですから、只見と大白川の田子倉ダムを挟んだ県境区間は上り下りとも各3本のみの運行となっており、いつ廃線になってもおかしくないと言われておりましたが、この地域は日本有数の豪雪地帯でもあり、特に南会津の只見町から新潟魚沼側につながる国道は冬季間は通行止めとなるため、それこそ只見線が命綱だったりするわけで、なんとか廃線を免れていた路線です。しかしながら、2011年の福島豪雨による被害はとてつもなく甚大であり、復旧させるだけで85億円もの巨額な費用がかかるという話です。しかもただでさえ超赤字路線だけに採算が取れるはずもなく、JRとしても廃線やむなしとして、地元自治体と協議を重ねていました。
しかし、沿線自治体、周辺自治体およびなんと福島県までも巻き込んで、JRと協議を重ねた結果、上下分離方式で施設を福島県を始めとする沿線自治体(または出資する会社など)が保有管理し、JRが第二種免許を取得した上で運行するという方法。しかも復旧費用もJRが3分の1、福島県が3分の2を負担するという驚きの内容で合意し、2021年ごろの復旧を目指すと言う内容です。
正直、個人的にも大変驚いた内容で、福島県もかなり思い切ったことをしたと思います。個人的にも会津地方には思いいれも多く、なんとか復興の足しになればとも思って、好んで会津地方に行っています。

今回行って驚いたこと。なんと駅員さんがいました。前はいなかったように思いましたが。

流石に駅員さんがいるのに勝手に構内に入るわけにもいかず、入場券を購入。

只見と越後川口が通じていた頃はホーム両側にキハ40が止まっていたものですが、さすがに現在は片面のみの運用で線路は錆びだらけ。

復旧したあかつきには、以前のように両側に列車が止まる以前の光景が戻ってくると信じています。

ちなみにこの入場券、出札窓口の反対側にある売店で入場券購入者のみに配布されるケースです。どちらかと言うとこのケース目的で入場券を買ったと言うことなのですよ(^^)

クシタニ K-2675 ウィンターチームジャケット




クシタニ K-2675ウィンターチームジャケットです。

これ、実は昨年モデル。今年のモデルはK-2683と型番も変わっており、デザインも若干変わっています。

このモデルは毎年ほぼ形は変わらず、デザインだけは少しずつ変わっているという、言わばクシタニのウィンタージャケットの中でも定番品とも言えるモデルです。

また、比較的高額な商品が多いクシタニ製品ですが、このウィンターチームジャケットがウィンタージャケットの中で最も安価な製品でもあります。

後ろ側。肩から背中にかけて生地が重ね合わせになっています。ゴアテックスジャケットだと、ここから内部の熱気が抜かせられるようになっていましたが、このジャケットにはそう言った機能はありません。ただ、このモデルの最大の特徴であるオリジナルプリントが可能という点が、このようなデザインとする必要があるのだと思います。

このモデルは他のクシタニ製ウィンタージャケットと異なり、インナーがありません。ウォームデバイス一体式です。とは言え、前身頃もダブルファスナーとなっており、防寒性能は高め。しかも、インナー側ファスナーが少しオフセットされているため、アウター側のファスナーと干渉しない工夫がされています。

安価な製品にもかかわらず、ブレストパッド装着用のベルクロも装備。この辺りはクシタニの良心でしょう。

インナー側ファスナーの上部には風の侵入防止のためのフラップが付いています。これがある意味クセモノなのですが…

背中側の腰回りにはずり上がり防止用のパンツのベルトに装備するタブも付いています。

この装備、他のウィンタージャケットには付いていないんだよね。もっとも他のモデルにはストームガードや、インナー側で腰回りを絞れるようにドローコードが付いているので困ることもないのですが(笑)

襟周り。全周ボア。これでかなり首周りからの風の侵入は防げます。

もっともこのボアのおかげで、ドカジャンのようにも見えてしまうんですけどね。あと、このボア部分、襟を立てることもできます。が、首が短い私としては、襟を立てると逆に顎まで覆われてしまい、大変不格好になるので、このままの方が適正位置なのです。

袖口。ゴムとベルクロの合わせ技で絞り込みます。

インプレですが、まず最初にジャケット自体がデカい。かなり…と言うか、相当デカいです。普段使っているジャケットよりも確実に一回り以上ゆとりがあります。なので、このジャケットは普段使っているジャケットよりもワンサイズ小さいものを購入しています。

この前オープンしたばかりの横浜店で購入しましたが、店員のおねいさんに、中にミドルウェアを着込易いですよって言われました。(笑)

あとネガなところ

袖口かデカいためなのか、袖口の処理がベルクロ+ゴムと言う構造上の問題なのか、ベルクロで絞め込んでも冷気が袖口から入ってきます。他のモデルはインナー別体なのでインナー側の袖口が全周ほぼゴムな為、冷気が入ることはないのですが、このジャケットは袖口かゴムとベルクロの合わせ技なため、どうしても皮膚と密着しないところがでてくるようです。そのため、ロング丈のグローブでも冷気か入り込んでくるようです。この辺は何か対策しないと厳冬期は厳しいかも。同じインナー一体式だった一昨年冬モデルのウィンターヴィターレジャケットではなんともなかったので、袖口の絞り方が違うためだと思います。

次に、インナー側のファスナーの一番上側がちょうど襟の折り返しの部分と同じ位置に来るためか、風巻き込み防止タブにファスナーが噛み込みやすい…首の長い人ならそんなことにはならないっぽいのですが、首短い族の私としては、ちょうど顎の下側までインナー部分がくるので、ファスナーが無理やり顎に沿って急カーブを描くように閉まるため、タブが邪魔してしまうようです。そのため何度かファスナーが開けられなくなるという事態に陥りました。あまり上まで閉めなければ大丈夫なのですが、そうすると寒風が首から入り込んでくるというジレンマに襲われます。

肝心の防寒性については、ウィンターヴィターレジャケットやウィンターモードスポルトジャケットに比べてやや落ちるかなっていう程度です。それこそパフォーマンスショップのおねいさんの言う通り、サイズ感が大きい分、ミッドレイヤーを着たすことで寒さは解消できる程度の防寒性は確保されています。

まぁ、安いとはいえ、定価35,000円ですから、他社製品に比べると十分高いとは思いますが、そこはブランド料ということを考えればお買い得な製品ではあると思います。

更にデザインはド定番モデルならではのシンプルさがあるため、バイクやライダーを選ばないという点かいちばんのメリットではないかなと思います。

おまけ

横浜店オープン記念でもらったキーホルダー。スラッシュ富士山キーホルダー横浜店限定版。フジサンロゴと裏面には別に横浜店独自デザインが刻印されていました。

 

セローのバッテリー充電





いよいよセローのバッテリーが怪しくなってきました

今年は、セローにあまり乗っていませんでしたので、1ヶ月以上放置。また最近の気温の低下もあり、通勤で乗ろうとしたら、セルが一瞬息つきを起こすようになりました。

こりゃいよいよバッテリーがヤバイかもと思い、あわててアマゾンで格安充電器を購入(ちなみに、2980円なり)

で、さっそく充電開始というわけです。

充電しているということは、まだまだバッテリーは使えそうです。この充電器、格安な割にはトリクル充電にも対応しているらしく、しばらくつけっぱなしで様子を見てみます。

本来はバッテリーを車体から取り外して充電しないといけないのでしょが、素人配線満載なので、いったん配線をバラすと元に戻すのが面倒くさそうなので、そのままワニぐちクリップで充電しています。今のところ爆発の気配もないので、そのまま2~3日放置するつもり(笑)