クシタニ 2ウェイ レッグ バッグ 2





クシタニ K-3578 2ウェイ レッグ バッグ 2
バイクってクルマと違って、基本的には荷物をひょいっと簡単に積んで走り出すというわけにはいかない乗り物です。
シートバッグやタンクバッグを取り付ける、あるいは、キャリアやリアシートに括り付けるという方法やパニアケースやトップケースを取り付けることで、積載性をアップさせる方法があります。でも、財布やスマホだけを持ってバイクに乗るってことも少なくないシチュエーションですね。そんな時は、体にバッグを括り付けるという方法、例えば、ウェストバッグやリュックサック、ワンウェイショルダーバッグを背負って走るなんてことも少なくありません。
以前、と言っても免許取りたての頃の話ですが、よく見たのがウエストバッグで、リュックサックを背負っている人などほとんど見たことがありませんでした。大体が、タンクバッグとウェストバッグと言う組み合わせの人が多かったように思います。

時代が変わって、今ではリュックサックやワンウェイショルダーバッグが主流となりましたが、私の場合だと乗っているバイクのすべてに何らかの積載グッズが付いています。MT-10であればサイドケースとトップケース、セローであればホムセン箱、SRだとサイドバッグといった具合なのですが、結局バイクを降りた時、特に休憩時などでは、いずれのバイクでも箱からバッグを取り出すことが必要となるので、わざわざ箱を開ける手間も実は面倒なので、身に着けるバッグとしてワンウェイショルダーバッグを使っています。でも、ワンウェイショルダーバッグって走っている最中にズレてくるんですよね。リュックサックではデカいし、ウェストバッグは腰が痛くなるしで、なかなか持っていても使うことはほぼありませんでした。ところが、以前、財布だけとか本当に必要最低限の荷物を持って走りに行くときに使っていたレッグバッグっていうものを思い出しました。太もものところに巻き付けるようなバッグなのですが、これだとツーリング先でも歩いている時でも苦にならないし、とにかく小さので必要最低限のものを入れるのには最適なバッグなのです。

ということで、クシタニの2ウェイレッグバッグ2を購入。モデルチェンジしてやや大きくなったモノの方です。

レッグバッグ自体はあまりメジャーなものではなく、あちらこちらのメーカーから発売されてはいるものの、デザイン的にイマイチだったり、大きさも小さいモノが多く、長財布が入らないなんてものもあります。

購入したクシタニの2ウェイレッグバッグ2は長財布が入ってやや余裕がある絶妙なサイズで、大きさは私の使い方ではベストサイズと思えるものです。また、本体はホルス牛革を使用しており、質感はかなり高品質なモノです。また相当オイルをしみこませているようで、柔らかさもかなりなモノ。高級感もありました
また、2ウェイというだけあって、太もものところのベルトを身体に巻き付けると、ショルダーバッグにもなるという1度で2度おいしい製品。

メインの収納スペース。内ポケット付き。クシタニのタグにはMADE IN JAPANの文字が大きく書いてありました(笑)
内側は革素材そのものではなく、綿素材となっています。

反対側。カードポケットが縫い付けられています。また、左足側に装着すると斜めにカットされたポケットがカードを取り出すときに引き出し易くなるように設計されています。こういったところが、さすが国産と思わせるところですね。

横から。厚みがわかるように写真を撮りましたが、これがこのモデルを買った最大の理由。
地元のクシタニショップで購入したのですが、なんとモデルチェンジ前のモデルも売れ残っていました。この2ウェイレッグバッグってかなりな人気製品らしく、以前のモデルも完売しているショップがほとんどだそうです。実は新型となった際、5,000円ほど値上げされているのです。旧型があるのだから旧型の方が安くて良いのではとも思えます。更にはデザインもほとんど同じなので、パッと見では新型も旧型も違いが分かりません。ところが、新型と旧型では厚みが全く異なります。そのため、旧型在庫があるにもかかわらず新型を買ったのですが、旧型は厚みが薄いため、長財布を入れるとほぼ他のものが入りません。少なくとも、長財布と小銭入れとスマホとアイコス一式が入らないと意味がないのです。なので、店長に開封してもらい試しにすべて入ることを確認した後に購入に至りました。旧型は長財布を入れた時点で他のものはほぼ入りませんでしたので、慌てて安いからという理由だけで旧型を購入しようものなら、間違いなく使うことはほぼなくなったと思います。
まぁ、決して安くはないけど、所有感は間違いなく満たしてくれます。革の作りは間違いありません。
クシタニはこういったところが上手いですよね?