REV’IT!のアドヴェンチャーバイクに向けた秋冬ジャケット






アドヴェンチャーバイク…例えば、BMWで言えばGSシリーズとか、ホンダのアフリカツインとか…って今ではどちらかと言うと、昔のアルプスローダー系…ホンダのバラデロとかヤマハのスッテネとか…とは異なり、どちらかと言うと長距離ツーリングに使うようなバイクが昨今では多いように感じます。SSとか純粋なツアラーとかって、バイクに乗る人が高齢化してきていることもあって、楽な姿勢で乗る、すなわち前傾度が弱く、直立姿勢に近い状態で乗る…とは言え、長距離ツーリングにも使えるような風除けのような大型スクリーンも欲しい…となると、今のアドヴェンチャーバイクって、昔のツアラーとかのポジションでもあるわけです。本格的なオフロードは走らないけど、高速道路を東京から青森までひとっ走り!とかやろうと思うと、必然的にBMWのR1200GSとかが非常に魅力的なバイクになるわけですね。
本当にオフロードを走りたくてオフ車を買おうと思うのならば、それこそセローとかCRF RALLYとかがもっとバカ売れしても良い筈なんですけど、ツーリング先ではそんなに見ませんよね。こんなところからもアドヴェンチャー系バイクってやはり長距離ツーリングをメインに使っているバイクではないかと思うわけですよ。

また、外車系ディーラーは、ハーレーダビッドソンの日本市場での成功を見てもわかるように、バイクを売るのではなく、バイクに乗ることを中心とした、トータルで見たライフスタイルを売ることが最近の傾向ではありますが、特にBMWなどはGS系では、GSがある生活を提案するような売り方に変わってきていますね。そんなバイクに乗るという行為そのものを売ってしまえということもあり、外車ディーラーではバイクのみならず、ヘルメットはおろかバイクウェアやアパレル全般、更にはアウトドア用品までディーラーで売っていたりします。特にBMWでは「制服」と揶揄されるようなアドヴェンチャースタイルのラリースーツを売ってますね。

ところが、こういったアドヴェンチャースタイルのライディングウェアって、地方の用品店ではほぼ売っていません。また、国内メーカーも限られたところしか作っておらず、否応なしに海外メーカーのものが多くなってしまいます。

有名どころではアルパインスターズとかが多いのですが、アルパインスターズはあまりにも多くの人が着ているので、セロー用に今回はLEV’ITの安い奴を買ってみました。

REV’IT SAFARI 3

REV’ITのアドヴェンチャースタイルジャケットの中では、比較的安価な部類です。有名どころでは、SANDシリーズがありますが、このSAFARI 3はSANDシリーズの半額以下。機能的には劣る部分もありますが、普段使いにはちょうど良い価格帯です。

リフレクターも視認性が良く、かなり目立ちます。

胸のところのファスナーはポケットではなく、ベンチレーション用の通気口です。

ポケットかと思いますが、エアインテーク。胸元にあるのでエアインテークとしてはかなり優秀です。
が、背中側にはエアアウトレットがありません。まぁ秋冬ジャケットとして考えれば、これだけでも十分なのかもしれませんし、今の時期通勤で使った感じでは朝晩のやや涼しい時間帯であればこれで十分とも言えます。

首元のホックですが、位置の調整が可能。首元から入ってくる風を調整可能で、ベルクロよりも安心感があります。これはかなりイイと思いました。

腕まわりの調整機構。一応絞め込むことは可能ですが、腕周りはかなりタイトな仕上がりなので、あまり必要性は感じません。

裾回りもバタつき防止のために締め込み可能。しかもベルクロの長さを見てもわかるように、かなりタイトにできます。

背中側ポケット。インナーを取り外したときにここに入れておくことができるようです。

肘のシャーリング。細かいところですが、こういったところがイイと思わせるところです。国産テキスタイルジャケットではあまり見ない装備です。

ショートタイプではありますが、REV’ITのパンツとジョイントが可能。パンツのずり下がりが防止できます。

クシタニのジャケットにも同じような装備がありますが、この装備は非常に便利。ただし、同じメーカーのモノに限られるとはいえ、ジョイントできることで、かなりライディングが快適になります。

インナージャケット。インナー自体は短めですが、必要にして十分です。一応ポケットも装備されています。ただし、インナー自体にファスナーは付いていませんので、インナー単独で使うのは難しいと思います。アウターとはファスナーで取り付けるようになっています。

購入後、主に通勤で使用していますが、防寒性能は高めだと思われます。また、生地はアウターに600Dのものを使用しているようで、かなり強度は高そうです。サイズ感も海外メーカーのものだけあって、国内物よりも一回り大きめ。普段LLとかを使っている人はLサイズでちょうどいいかもしれません。なので、できれば試着してから購入した方がベターです。田舎の用品店ではなかなか見かけないので、通販利用の人はある意味博打になるかも。

気になった部分は、この手のジャケットとしてはポケットが少ないこと、エアアウトレットが無いことによる通気性の状況…生地自体の防風性はかなり高いので、秋~冬~春用とは言え暑い時のベンチレーション機能がどの程度なのか?という点が気にはなりますが、REV’IT製品、特にベストセラーともいうべきサンドシリーズの半分の価格ですので、割り切って使うというのが正解なのでしょう。また、この手のアドベンチャー系ジャケットの入門品として考えれば、全然アリな製品だと思います。