SR400増車しました





突然ですが、ふたたびSR400を所有することになりました。RH01JというSR400としては3代目、キャブ仕様の最後のモデルです。

2008年式のブルーメタリックカラー。フレームもシルバーで、SRシリーズとしては珍しい機種です。

以前、というかバイクの中型免許取得後に初めて買ったバイクも実はSRでして、フロント19インチのキャストホイールモデルでした。

当時とほぼ変わらないメカやスタイリングは改めてSRのすごさを思い知らされます。

さて、SRと言えばキックです。

当時は当たり前にキックを蹴ってエンジン始動させており、当時を思い出しキックを蹴りますが、全くエンジンがかからない…当時はデコンプなんて使ったことすらなかったのですが、今回はデコンプを使わないとかかりそうな気配すらありませんでした。さすがに体力の衰えは致し方ないのかもしれません。

普段MT-10とかに乗っていると、同じバイクとは思えないほどの違いを嫌と言うほど感じさせてくれます。

まず、セルすらない。スピードが出ない。ものすごい振動が出る、クラッチが重いし、ギアシフトも硬い、などなど。MT-10とはまるで正反対の性格のバイクです。

約30年振りとなるSRですが、久しぶりに乗った感想はというと、足付きサイコーってこと、カルいってこと。特にカルいってのは、車体の重さだけじゃなく、コーナリング時のハンドリングの軽さとかも含めての、全体の印象としての軽さや乗り出しやすい気軽さなどといった総合的なカルさです。実際走りだすと、決してエンジンは軽いというわけではなく、むしろ鈍重な感じですが不思議と重いという印象には至りません。こういったところがSRのSRたるゆえんでしょうし、40年近く大きな変更もなく、むしろFI化されてもキックにこだわった点や、乗り味やユーザーが直接感じる部分は頑なにSRらしさを守り続けているYAMAHAのすごさにむしろ驚きを禁じえません。

30年前に乗ったSRと今のSRで当初乗った感じでの違いは正直良くわかりませんでした。しかし、少しずつ昔の感覚が戻りつつあるのも正直なところです。今しばらくは街乗りやちょっとした日帰りツーリングなどで活躍してくれると思いますが、これから乗り続けることで、今でこそわかるSRの良さが感じられると思います。