クシタニ エアコンテンドジャケット




クシタニ K-2321 エアコンテンドジャケット

2018年、春夏モデルの中のメッシュジャケットです。通常の春夏モデルであるコンテンドジャケットのメッシュ版ととらえてもらって間違いないでしょう。昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同じく、スポーツライディングに適したメッシュジャケットというのがウリです。ブラック、ホワイト、ネイビーの3色と今回購入したレッドの4色構成。

後側。前と同様メッシュじゃないコンテンドジャケットと同じようなデザインで、デザインの統一感が見て取れます。

生地のデザインも見ての通り昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同様のエッジ柄が入っています。基本的には前後のメインの生地(写真の赤の部分)がメッシュ素材で黒いところが伸縮性の高い素材で、通気性と運動性能を両立させた構成となっていました。エッジ柄については派手な雰囲気ではありますが、逆に赤一色よりも黒っぽい柄が入ることで全体として彩度が抑えられるため、意外と落ち着いた雰囲気になっています。

腕の背中側のメッシュ生地ですが、一見、黒の生地に見えますが、よく見ると黒ではなく濃紺に近い色合いで、かつスラブ調の模様が入っています。実は、この部分の生地がエアコンテンドジャケットの黒と同じ生地となっており、エアコンテンドジャケットの黒が真っ黒に見えないのは、この生地の色合いとスラブ調プリントによるものだということが良くわかります。実のところ、このジャケットを購入する際に赤か黒かで最後まで迷いまして、黒のスラブ調プリントがかなりデザイン的にも落ち着いた感じがしたのですが、昨年モデルのマッドスポルトジャケットが黒であったことから、赤を購入したのです。昨年モデルを持っていなければ、間違いなく黒を買っていたと思います。

腕の「MOTO PERFORMANCE」のロゴ。かなりデカいロゴですが…コンテンドジャケットよりは小さいのです。下の写真を見てもらうと良くわかるのですが…

(左から「マッドスポルトジャケット」、「モードスポルトジャケット」、「エアコンテンドジャケット」、「コンテンドジャケット」)

コンテンドジャケットと比べて3/4くらいの大きさのロゴです。これを撮影していてふと気付いたのですが、昨年モデルもメッシュジャケットであるマッドスポルトジャケットの方が、モードスポルトジャケットよりもロゴが小さいのですね。メッシュ生地を使用しているため、ロゴプリントがメッシュ生地のところには悪影響を与える…プリントすることで空気が通らなくなる…ことからロゴが小さくなっているものと思われます。

前身頃の上の富士山マークも黒地に黒プリントなので目立たなくなっています。ただ、昨年モデルよりもタブ自体は大型化しています。これは、コンテンドジャケットとモードスポルトジャケットの関係でも同じでした。今年度モデルの方が大きくなっています。

ブレストパッド取り付け用のベルクロと内側ポケット。このあたりは変更はありませんね。

裏地は昨年モデルとほぼ同じです。また、メッシュ生地も昨年モデルと同様、かなり柔らかい生地を使用しています。おそらく生地そのものは昨年モデルと同じものと思われます。

さて、昨年モデルと比べて大きく変わったところは特にないようですが、ただ、デザインに関して言えば、賛否両論あるデザインであることは否めないと思います。しかし、自分が買った印象では、「そんなに派手じゃないよ」ってこと。色合い自体がかなり落ち着いた赤色で、かつ、エッジ調プリントが施されていることで、赤の派手さがかなり抑えられているという印象を持ちました。
肩のところのMOTO PERFORMANCEの文字自体もコンテンドジャケットと同様、意外と目立たないことも派手さを抑える一因となっているようです。

テキスタイルジャケットとして見ると、決してお手頃価格とは言いづらいのですが、作り自体はかなりしっかりとしているように見えます。特に黒のスラブ調プリントはかなりおしゃれ度が高いと感じました。昨年買ったマッドスポルトジャケットが黒じゃなかったら、間違いなく黒を買っていたと思います。それほどまでにこのモデルの黒の質感は高いと感じます。