Arai SZ-RAM4とSZ-G






Arai SZ-RAM4とSZ-Gの違いってなぁに?
アライのオープンフェイスヘルメットって、SSなどのスポーツ系バイク向けのSZ-RAMシリーズが該当しますね。レプリカグラフィック系が充実しており、フルフェイスでのRX7シリーズと同じようなエアインテークを帽体に装着するなど、明らかに他のモデルよりもスポーツ系を意識しています。
これに対して、同じくオープンフェイスタイプであるMZ系は安全対策…例えば頬の部分の保護エリアの広さなど…はSZ系よりも充実しているように見えますが、なぜかMZ系にはグラフィックモデルがあまりありません。アライのホームページを見る限り、オープンフェイスの最上級版はSZ-RAM4シリーズという事になるかと思います。(2018年4月より最新版であるVZ-RAMが発売されましたが、VZ-RAM発売前までは、ということです。)
ところが、もっともベーシックなオープンフェイスモデルはと言うと、これまたSZ-RAM4と同じシリーズ名称のSZ-Gという製品になります。ちなみにSZ-RAM4のソリッドカラーモデルの定価は42,000円。SZ-Gのソリッドカラーモデルの定価が32,000円と1万円もの開きがあります。また、より安全性に振ったMZが定価42,000円。SZ系と同じ帽体を使用したCT-Zというバイザーを装着したモデルも42,000円です。アライの値付けの法則が良くわからないのですが(笑)

左の黒いモノがSZ-RAM4、右の白いモノがSZ-Gです。頭部ベンチレーションが違うだけで、帽体は同じものです。

斜め上から。シールドを開けた状態

後ろ側。頭部ベンチレーターの形状。RAM4の方が派手。

元々、RAM4を持っていたのですが、通勤用に傷がついても惜しくないヘルメットを買おうと思いまして、今回アライ製オープンフェイス最安値であるSZ-Gを購入した訳ですが、シールドがRAM4と共通というのも大きかったです。

斜めから見ると、シールドの形状がよくわかりますが、MZ系と異なりシールドが尖っているのがわかりますね。


上がSZ-RAM4。下がSZ-G。こうしてみても大きな違いは頭部ベンチレーションくらいにしか見えませんね。これで1万の差は大きいのでは?と思ってしまいます…
ところが、内側を見ると納得!

SZ-RAM4の内装。システム内装で脱着可能。インナーパッドがほぼ全部交換可能。

SZ-Gの内装。ほぼ固定内装。イヤーパッドのみ脱着可能で、その他インナーパッド交換不可。

1万円の差はここにありました。ベンチレーション性能もRAM4とは全然違うように思います。

最初はアマゾンとか通販で買おうと思っていたのですが、SZ-RAM4がVZ-RAMにモデルチェンジすることもあり、店舗でも結構安くなったりしていたものですから、今回はいきつけの2りんかんで買いましたが、なるほど!内装の違いが価格の違いだよねってことで納得の上購入したわけですが、通販では下手したら気づかなかったかもしれません。通販は確かに実店舗よりも確実に安いのですが、細かいところまでは実物を見ないとわからないよってことを改めて思い知らされました。やはり、実店舗には実店舗の良さがあるわけで、なんでもかんでも通販ってわけにはいかないし、特にジャケットや今回のようにヘルメットなどの直接身につけるモノは、実際に着用するなり、隅々までよく確認しないと悲惨なことになるってことを改めて思い知らされました。

NEOPASA清水に行ってきました





ゴールデンウィーク前の土曜日、このところツーリングらしいツーリングに行けてなかったのですが、久しぶりに日帰りロングツーリングに行ってきました。

いつもは栃木福島方面に行くことが多いのですが、今回はNEOPASA清水のクシタニパフォーマンスストアに行ってみたいと思い、ひとっ走りしてきました。

http://www.kushitani.co.jp/shop/store_shimizu/index.html

水戸から片道およそ250㎞。往復500㎞程度。日帰りツーリングとしてはまぁまぁの走りごたえの距離です。

常磐道~首都高~東名~新東名を通り、9時前出発で途中数度の休憩をはさみながら、のんびりまったり走行で13時30分ころに到着。

NEXCOのではPAの扱いですが、かなり大きい施設で下手なSAよりも大きい施設でした。

目的の一つであるクシタニパフォーマンスショップですが、最新のウェアはもちろん、カタログ落ちした過去の製品も多少置いてあり、私が使ってる昨年モデルのモードスポルトジャケットのキャメルカラーがあったりして、地元のクシタニプロショップとは当たり前ながらすごい違いです。また、財布やパスケース、キーホルダーなどは限定モデルも数多く販売されていました。

しばらくPAエリア内をぶらぶらした後、新東名清水JCから東名に戻り、由比PAで襲い昼食。

さくらえびのかき揚げうどんとミニマグロたたき丼。さくらえびかき揚げうどんは海老の香りがなかなか利いており美味しくいただきましたよ。

PAの施設の屋上にある展望台からの景色。富士山と海のコラボ

帰りは沼津で一旦下道におりて、箱根新道~小田原厚木道路~圏央道経由で戻りました。今日の総走行距離、600㎞なり!

クシタニ ストレッチウィンドブレーカー




これから夏に向かって季節は移り替わりますが、メッシュジャケットが活躍する季節も近づいてきました。しかし、早朝や日が暮れてくるころになると普通であれば何ともありませんが、バイクに乗っているとさすがに寒かったりします。特にツーリングなどで朝早く出発するような時、通常の春夏ジャケットを着たくなりますが、日中の暑いさなかでは春夏ジャケットと言えどもかなり体も暑くなり、ツーリングどころではなくなってしまいます。なので、メッシュジャケットを着て早朝から出かけるわけですが、そんな時に活躍するのがウィンドブレーカー。ウィンドブレーカーならば生地は薄いけれども防風性能があるわけで、何より暑くなったら脱げば良いだけなので、メッシュジャケットの中にウィンドブレーカーをレイヤードするだけで、夏のツーリングが快適になるわけです。

クシタニ K2327 ストレッチウィンドブレーカー
市販されているウィンドブレーカーはダボダボで主に一番外側に着用する事が多いように感じますが、バイク用として使うと走行風でかなり煽られること請け合いです。そこで、インナータイプのウィンドブレーカーの出番となります。
今回、購入したK2327 ストレッチウィンドブレーカーはインナーとして使う前提なこと。しかもアウターとしてこれだけを着用しても普通のアウターとしても使えそうなこと、また、いかにもな「ザ・ウインドブレーカー」というデザインではないことが決め手となり購入しました。

背中側。肩のところに大きなエアアウトレットが設けられています。ウインドブレーカーなので、風は通さないことが前提ですが、どちらかというと、春から秋の時期の使用が前提なので、ムレ防止ということだと思います。

背中のレーザーホール。ここからもエア抜けが期待できます。インナーとして着込むとアウターとぴったりくっついてしまうかもしれないので、後ろ側のエア抜け部分はむしろ多い方がいいのかもしれません。アウターにメッシュを着ていれば問題ないかもしれませんが、アウターが春秋ジャケットだとこのようなエアホールは特に有利だと思います。

クシタニ製品お約束のクシタニコネクション。背中と袖口にタブが付いてます。メッシュジャケットだけでなく、春夏ジャケットにも使えますね。

横から見た感じ。腕にはお約束のmoto performanceの文字がでっかく入ってます。また、色合いもえんじ色に近い赤であまり派手さはありませんし、インナーとしてだけではなく、これだけでもアウターとしても使えそうです。

インナー側。内側のインナーはきめの細かい生地で、肌触りもかなり良さそうで、かなり柔らかい生地を使用。

ドローコード。防風ジャケットなので、裾側を締め込む事ができます。やはりこれだけを単独で使用しても大丈夫な感じです。また、両脇のポケットのところもメッシュ生地でなく、普通の生地になってます。

お約束の富士山マークと赤白のマーク。

インナー側には消臭テープ。

使わない時は、この袋に入れておけば持ち運びもカンタン。普段はこの袋に入れっぱなしで大丈夫だと思います。特にメッシュジャケットを使用するような時期には早朝とか夜間の寒い時だけ使用して、日中の暑い時間帯はこの袋に入れておいて、普段はタンクバックやシートバックに忍ばせておくのが正しい運用方法だと思いますね。

実際の使用感ですが、一般的なウィンドブレーカーよりもかなり生地がしっかりしている印象で、普段のアウターとしても使える多機能性が魅力です。

ストレッチウィンドブレーカーという名前の通り、脇の黒い部分がジャージのような伸縮性のある素材で作られており、着用した感じでもかなり体を動かしやすいのにもかかわらず、体へのフィット感も高く、かと言って防風性能が劣っているということもありません。なので、ウィンドブレーカーとしての性能は大変優秀であると感じました。

ただ、ウィンドブレーカーとして見た場合の価格はどうなのか?という点はあります。たしかにウィンドブレーカーとして見た場合、15,000円という価格は決して安くはありません。これらの機能…多機能ではありますので、これらの機能に価値を見出せれば、決して高いとは思えないのですよ。個人的には高機能だし、お洒落だし決して高いとは思いません。

 

クシタニ エアコンテンドジャケット




クシタニ K-2321 エアコンテンドジャケット

2018年、春夏モデルの中のメッシュジャケットです。通常の春夏モデルであるコンテンドジャケットのメッシュ版ととらえてもらって間違いないでしょう。昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同じく、スポーツライディングに適したメッシュジャケットというのがウリです。ブラック、ホワイト、ネイビーの3色と今回購入したレッドの4色構成。

後側。前と同様メッシュじゃないコンテンドジャケットと同じようなデザインで、デザインの統一感が見て取れます。

生地のデザインも見ての通り昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同様のエッジ柄が入っています。基本的には前後のメインの生地(写真の赤の部分)がメッシュ素材で黒いところが伸縮性の高い素材で、通気性と運動性能を両立させた構成となっていました。エッジ柄については派手な雰囲気ではありますが、逆に赤一色よりも黒っぽい柄が入ることで全体として彩度が抑えられるため、意外と落ち着いた雰囲気になっています。

腕の背中側のメッシュ生地ですが、一見、黒の生地に見えますが、よく見ると黒ではなく濃紺に近い色合いで、かつスラブ調の模様が入っています。実は、この部分の生地がエアコンテンドジャケットの黒と同じ生地となっており、エアコンテンドジャケットの黒が真っ黒に見えないのは、この生地の色合いとスラブ調プリントによるものだということが良くわかります。実のところ、このジャケットを購入する際に赤か黒かで最後まで迷いまして、黒のスラブ調プリントがかなりデザイン的にも落ち着いた感じがしたのですが、昨年モデルのマッドスポルトジャケットが黒であったことから、赤を購入したのです。昨年モデルを持っていなければ、間違いなく黒を買っていたと思います。

腕の「MOTO PERFORMANCE」のロゴ。かなりデカいロゴですが…コンテンドジャケットよりは小さいのです。下の写真を見てもらうと良くわかるのですが…

(左から「マッドスポルトジャケット」、「モードスポルトジャケット」、「エアコンテンドジャケット」、「コンテンドジャケット」)

コンテンドジャケットと比べて3/4くらいの大きさのロゴです。これを撮影していてふと気付いたのですが、昨年モデルもメッシュジャケットであるマッドスポルトジャケットの方が、モードスポルトジャケットよりもロゴが小さいのですね。メッシュ生地を使用しているため、ロゴプリントがメッシュ生地のところには悪影響を与える…プリントすることで空気が通らなくなる…ことからロゴが小さくなっているものと思われます。

前身頃の上の富士山マークも黒地に黒プリントなので目立たなくなっています。ただ、昨年モデルよりもタブ自体は大型化しています。これは、コンテンドジャケットとモードスポルトジャケットの関係でも同じでした。今年度モデルの方が大きくなっています。

ブレストパッド取り付け用のベルクロと内側ポケット。このあたりは変更はありませんね。

裏地は昨年モデルとほぼ同じです。また、メッシュ生地も昨年モデルと同様、かなり柔らかい生地を使用しています。おそらく生地そのものは昨年モデルと同じものと思われます。

さて、昨年モデルと比べて大きく変わったところは特にないようですが、ただ、デザインに関して言えば、賛否両論あるデザインであることは否めないと思います。しかし、自分が買った印象では、「そんなに派手じゃないよ」ってこと。色合い自体がかなり落ち着いた赤色で、かつ、エッジ調プリントが施されていることで、赤の派手さがかなり抑えられているという印象を持ちました。
肩のところのMOTO PERFORMANCEの文字自体もコンテンドジャケットと同様、意外と目立たないことも派手さを抑える一因となっているようです。

テキスタイルジャケットとして見ると、決してお手頃価格とは言いづらいのですが、作り自体はかなりしっかりとしているように見えます。特に黒のスラブ調プリントはかなりおしゃれ度が高いと感じました。昨年買ったマッドスポルトジャケットが黒じゃなかったら、間違いなく黒を買っていたと思います。それほどまでにこのモデルの黒の質感は高いと感じます。

ライディングシューズについて考えてみた その2




前回の続きです。持っているライディングライディングシューズはすべてくるぶしをガードできる高さのあるものばかりですが、一番最近買ったのがタフギアです。

ガエルネ タフギア

タフギアは締め込み方法にバックルを使用したライディングシューズです。他にバックルを採用したライディングシューズは、ELFのシンテーゼなどがよく見るシューズですね。タフギアもバックルを採用しておりますが、バックル式って元々モトクロス用のオフ系ブーツでは標準的に採用されています。元々ガエルネのED-PRO art405を持っており、バックル式の締め付け感も個人的には好きなので愛用しています。特にタフギアの場合、靴底がフラットではなくED-PROと同様タンク底のビブラムソールを採用しており、セローでちょっとした林道に行くときにも使えるため、何かと重宝しています。また、靴底がフラットではなくやや厚底となるため、足付き性の改善にも有効です。

バックル式の良いところは、バックルを外すと完全にフロント側がフリー状態となり、大きく開くことができます。そのため、脱ぎ着が非常にラクになることもメリットの一つです。また、タフギアはバックルが2つあるので、前方を緩めで後方をきつめなどと締め付け具合がBOAタイプや靴紐タイプよりも自由度が高い点も使い勝手が良いと思います。また、タフギアはかかと側のえぐれがほとんどありません。そのため安全性はアルパインスターズのファスターシューズやタイチのRS006よりも高いのですが、足首を動かすという点ではやや不利となります。特にMT-10の場合、私にはやや足付きが厳しいのですが、足首の自由度が低いタフギアはつま先立ちがやりにくいという点が他のライディングシューズと比べてネガティブな部分となります。しかし靴底が厚いため、実際のところ他のシューズとあまり変わらないというのも事実です。

アルパインスターズ SMX-3

ちょっと山を攻めたり、高速主体のハイスピードツーリングなどに履いているアルパインスターズのSMX-3です、これについては、ライディングシューズと言うよりも、ほぼライディングブーツです。これまでのライディングシューズとは根本的に異なり、実際のところ、ライディングブーツと言うよりも、それもサーキット走行も意識した製品で、トゥスライダーが装備されており見た目は完全に本気走りするぞって言うレーシングブーツですね。とは言え、実際にサーキット走行するわけでも無く、現在ではほぼ上下革装備…革パン革ジャケット…の時に主に使用しています。

締め込み方法はバックルと内側のファスナーの併用式。バックルはベルト側の長さを調整するのではなく、ベルトの先端をバックルに通して最後にバックルのシーソー形状のタブを使って締め込むかなり特殊な方法です。締め込みの強さはBOAと同じようにその時の条件で強めから弱めまで自由に調整可能です。ただ、サイド部分にファスナーを使っているため、ファスナーでシューズを閉じた以上に緩めることはできません。

ただ、レーシングブーツを意識した作りだけあって、足首をガチガチに締め込むようにブーツそのものもかなり硬めな作りです。転倒時の安全性は多分これが一番高いと思われます。ただ、普段使いとして使うのは厳しいかも。足首の動きも一番制限されますし、最低限の締め込みでもそれなりにキツめなので、特にバイクを降りたあと歩き回るような使い方をすると、かなり疲れるかもしれません。

で、どれがオススメかと言うと、ツーリングがメインならタイチのRS006、バイクを降りたあとも歩き回ったりするような時にはタフギア、と言うことになります。仮にこの中から一つだけを選べということなら、タイチのRS006が最も汎用性が高いと思います。