Arai ASTRAL-X






アライのツーリング向けヘルメット、ASTRAL-X
同じくアライヘルメットの最高峰であるRX-7Xも持っていますが、RX-7XとASTRAL-Xとどう違うのか?

ASTRAL-XはASTRO-IQやASTRO-PRO SHADEの後継として2016年に発売された、ツーリングでの使用がメインであるライダー向けのトップクラスの製品です。発売からすでに2年近く経過しており今更感も否めないのですが、普段使いしているアストロプロシェードの後継モデルということで、気にはなっていましたが、なかなか購入には踏み切れませんでしたし、気になるグラフィックモデルが発売された後も、Amazonなども時々はチェックしていました。しかし、なかなか価格も下がらないし、そうこうするうちに、欲しかったグラフィックモデルが、ひょっとするとディスコンになるかもしれない…という噂も耳にすることもあったりして、思い切って近くのライコランドで購入。なお、在庫分はサイズも限られており、XLサイズも無いかもしれないという状況で、代理店を何店舗かあたってもらい、ようやく入手することができました。

このCURVE BLUEというカラーリングにある意味一目ぼれしたので、思い切って購入したわけですが、実はフルフェイスヘルメットのグラフィックモデルってあまり買ったことがありません。これまではほぼ単色モデルばっかり買っていたのですが、カッコいいグラフィックモデルが発売されたから買ったというのが本音のところです。

プロシェードを下げた状態。新型シールドのVAS-Vプロシェードシールドシステムと比べてアストロプロシェードのスーパーアドシスIプロシェードシステムよりもアウターバイザーが大型化、形状も丸みがなくなりやや角ばった形状になっています。そのため、前作よりもアウターバイザーが被る範囲が広がり、よりバイザーとしての効果は高くなっています。
また、アウターバイザーを動かす際もいったん手前に引き出すという手間がなくなり、ラッチで止まった位置でロックがかかるようになっています。前作ではバイザーを動かした際は手前側にグッと押し込まないとロックがかかりませんでしたから、使い勝手も良くなっています。



帽体は、パッと見た目はRX-7Xと同じに見えますがややRX-7Xの方がやや小さく、シェル自体もこれまでのPB cLcからPB SNC2というRX-7Xと同じものに変更されています。おそらく帽体はほぼ同じものと思います。

一番の違いはベンチレーションの形状で、よりツーリングに適した形状に変更されています。
アストロ系と同じような形状ですが、ダクトの開閉機構がシーソー式(ボタン式)からスライド式に変更され、エアーの入り口がシャッター形状になっています。RX7-RR5はシーソー式でしたが、RX-7Xも形状こそ異なりますが、同じくスライド式に変更になっています。確かにシャッター付き形状の方が、閉めている限りは走行中に虫とかゴミとかがインテークに入りこんでくる事はなくなりますから、ある意味理にかなっているのかもしれません。しかし、一番のメリットはシーソー式だとインテークの穴を上から蓋で抑えているだけなのに対して、シャッター式だと空気自体がインテークに入り込むこともないので、蓋が浮き上がることもありませんし、ノイズの低減にも効果がありそうです。

ASTRAL-Xの内装

RX-7Xの内装

内装に関してもRX-7XとAstralではほぼ同じで、外観からの違いは判らないレベルです。

実際の使用では、RX-7XがSSなどのかなり前傾したバイクに乗ることを想定している作りで、実際、MT-10のようなネイキッドバイクで比較的前傾度が弱いバイクに乗っていると、頭部ベンチレーションの効きが今一つ。やや下向きに顔を向けた姿勢だと、かなりエアーが入ってきます。
逆にASTRAL-Xはと言うと、ネイキッドバイクのような直立に近い姿勢でもかなりインテークから風が入ってきます。ASTRAL-Xはさすがツーリングモデルだけあって、ネイキッドバイクやツアラー、アメリカンなどの前傾度の弱いバイクに向けたモデルだと思います。

ただ、頭頂部のエアインテークのスライド方式は正直言ってあまり使い勝手が良いとは思えません。シーソー式だと走行中でもボタンを押すだけなので比較的簡単に開け閉めしやすいのですが、スライド式は操作レバーがやや硬めということもあるのと、指で前後に動かすという操作なので、ワンタッチというわけにはいかないのです。なので、走行中に開け閉めするのはお勧めできません。ボタン式でシャッターが開け閉めできるような形式の方が使い勝手は良いのではないかと思われます。

これまでASTRAL-XはASTRO PROSHADEの後継モデルかと思っていましたが、実際使ってみると、単純な後継モデルではなくRX-7Xのツーリング向けモデルであると改めて認識しました。SSのような前傾度の強いバイクに乗っていないというのであれば、ASTRAL-Xの方が絶対お勧めです。

相鉄線西谷駅の現在 相鉄•JR直通線事業




あと2年!

実家のあるすぐそばの駅である相鉄線西谷駅では、現在相鉄•JR直通線事業が行われています。開業時期は2019年度の予定と、あと2年くらいなのですが、分岐駅となる西谷駅の現在は、西谷トンネルの入り口がぽっかりと口を開けていました。

トンネル内は軌道工事もほぼ完了。線路も見えます。

ホーム部分はPC枕木の設置がこれから行われるようです

上に見えるのは東海道新幹線。ここが「新横浜」駅になってたらウチの実家の不動産価格がものすごいことになっていたかもしれません(笑)

新しくできていた人道橋の上から西谷駅側。ちょうどこの辺りから本線外側が西谷トンネルの入り口あたりになります。

上りホームの大和寄り。待避線の工事はこれからが本格化しそうです。

下り急行11000系電車。この電車がJR線内に入線すると思うと胸熱ですよ(笑)