ビーフライン、ふるさと農道グリーンライン、萩ロード





茨城県でツーリングと言えば…
笠間市をスタート地点とするビーフライン~ふるさと農道グリーンライン~萩ロード…終点は北茨城市です…が有名ですね。
笠間から北茨城までこれら3本の広域農道を繋ぐとおよそ100㎞とプチツーリングには最適なルーティングとなります。

晩秋から冬にかけては、いつもの栃木、福島コースが降雪で走れなくなりますので、この農道3ルートは冬場の日帰りツーリングでおなじみの道ですが、ひと足早く走ってきました。
この時期、途中にある花貫渓谷の紅葉がちょうど見ごろとなりますが、すでにピークの時期を過ぎており大した渋滞もありません。

このルートは笠間市から常陸大宮市の国道118号交点までのいわゆるビーフラインは、某宗教団体の集団墓地があったり、ゴルフ場があったり、工業団地があったりで交通量もそこそこあるのですが、国道118号から先のふるさと農道グリーンライン、国道349号交点まではだいぶ交通量も少なくなり、特に最後の国道461号、花貫渓谷から先の萩ロードとなるとほとんど車も走っていません。
なので、萩ロードがお勧めの道かと言うと、この区間が最も路面が荒れており、段差やクラック、更に東日本大震災で路面崩落などの影響もあり、決して走りやすい道ではありません。
ツーリングペースでのんびり走るのには問題ないレベルではありますので、茨城にツーリングで来られる際にはぜひ走っていただきたい道ではあります。

萩ロードの途中、小山ダム分岐の先にある退避スペース。一応自動販売機も置かれていますが、まわりはゴミだらけ…残念

このルートで唯一海が見える場所。路肩も広めで、ここに車を止めてもいいよってアピールしているような場所。実際、よく車が止まってます。

よーく見ないとわかりませんが、MT-10の後ろに観光客と思われるトヨタ、シエンタが止まっていました。

一応、Fazer8時代にこの道をyoutubeに全線アップロードしています。

ビーフライン(笠間市石井‐常陸大宮市鷹巣)

グリーンふるさとライン(常陸大宮市上大賀‐常陸太田市上大門町)

グリーンふるさとライン(常陸太田市西河内下町‐高萩市中戸川)
萩ロード(高萩市大能‐北茨城市華川町小豆畑)

約1年ぶりの遊森歩





大子町の奥久慈パノラマ林道沿いにある、ときどきお邪魔している喫茶店、「遊森歩」に約1年ぶりに行ってきました。
この辺りは紅葉が丁度見ごろとなっていてまして、遊森歩のまわりもきれいに色づいていました。

今年の紅葉は、夏の間に雨が続き決してきれいな色づきをしているわけではありませんが、それでもまわりの木々が良い色に色づいていましたよ。

舗装されているとは言え林道なので、セローで行ってきました。奥久慈パノラマ林道のようにこういった細くて曲がりくねった道はやはりセローの方が全然ラクです。

また、大子と言えば奥久慈シャモが有名。なので、帰りには奥久慈シャモを使った親子丼を食してきました。
ログテラス鰐ヶ渕という国道118号沿いにあるログハウス風のレストランで、ちょっと怪しい雰囲気もあるのですが、味は間違いなかったです

卵が硬すぎのように見えますが、これは自分が半熟卵が苦手なため、無理を言って思いっきり固焼きしてもらったため。本当は、真っ黄色の黄身が添えられています。

また、お店の裏が店舗名にあるように鰐ヶ渕というところで、久慈川でも有数の絶景の場所です。

久しぶりにセローにも乗れたんですけど、帰りにGSで鍵を思いっきりひん曲げてしまいまして、ちょっとショック…

フレームスライダー





MT-10のフレームスライダー取り付け完了

SW-motecのフレームスライダーがようやく届きました。

そんなに売れてる車種じゃないので、カスタムパーツが少ないのは仕方ないんですけど、納期かかるパーツが多いですね。

アクスルスライダーも2ヶ月以上かかりましたし、今回のフレームスライダーも約2ヶ月…

でも、前後のアクスルスライダーとフレームスライダーのデザインが共通なので、バランスは良かったのかなと思っています。

納車から約半年経ちましたが、やっとカスタマイズの一応の完成形となりましたよ。とりあえずは当初の目的通りのカタチになりました!

リアアクスルとフロントアクスルのスライダー。デザインも共通です!

ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その4





実際のところ、どうなんでしょう?

ゴアウィンドストッパーインナーの上下と

ゴアテックスショートジャケットを直接インナーの上に着用し、

更にゴアテックスオールウェザーパンツの組み合わせで気温10℃の中走ってきました。

状況は曇り。
あれ?思ったよりも暖かくない!
とは正直思いました。
が、
10分も走ると全く違った感じで、寒くならない!普通バイクでちょっとハイスピードで走ると比較的早く寒くなってくるものですが、なかなか寒くならない…というか全然変わらない!
なので冷えないんですね。ウィンターグローブとかだと指先が冷たくなっては来ますが、この組み合わせだと身体は冷えてこないんですね。
晴れてくると普通は暑くなるので、晴れた時に使ってみて保温状態がどうなるのかが気にはなるところですが、第一印象としてはかなり良さげでした。

(追記)奥日光の戦場ヶ原まで走ってみました。おそらく気温は6℃程度でしたが、上ゴアジャケットと下ゴアパンツ、インナーは上下ともにゴアウィンドストッパー。寒さは感じませんでしたが、高速走行時に胸のあたりが若干寒いかな?って程度でした。

むしろ、下に降りてきて15℃程度の気温の時のほうが暑くなり、特に晴れ間が出てると明らかに暑い感じです。

昨年モデルのウィンターヴィターレも相当優秀でしたが、ゴアウィンドストッパーインナーをアンダーに着用してゴアテックスショートジャケットとゴアテックスオールウェザーパンツの組み合わせで、この冬は乗り切れそうですよ

ラジエーターコアガードとオイルクーラーガード




ラジエーターコアガードを付けたい!

ってことで、以前乗っていたFazer8にはR&G製のコアガードを付けていました。
Fazer8のラジエーターコアはブラック塗装されていまして、正面から見ても目立たなくて良さげだったのですが、ケルヒャーで洗車した時に水圧でフィンが曲がってしまい、水が当たったところがシルバーになってしまいみすぼらしくなってしまいました。そんな理由で黒のコアガード付けたら目立たなくなるんじゃね?と思いまして、R&G製のコアガードを付けていました。
翻って、MT-10ですが、デザイン的にスキマや空間が多く、洗車するのも結構大変。なので、ケルヒャーで洗車することが多く、Fazer8の時と同じくラジエーターコアがまた曲がってるんじゃないかと思いますし、田舎住まいなのでインセクトアタック(要はムシ)により激突した虫の残骸がコアにびっしりってことも少なくありません。なので、MT-10にもFazer8の時と同じくR&G製のコアガード&オイルクーラーガードを取り付けました。

Fazer8と同じブラック!ラジエーターが目立たなくなりました。比較的安価なのでお財布にも優しい。

オイルクーラーガード。
こっちはもともと付いていた純正のガードと交換。純正品の上からは取り付けできません。純正品は飛び石からのガードを主目的としているようで、メッシュの目が粗め。R&G製はラジエーターコアガードと同じ目の粗さ。なのでムシが激突してもコア本体への影響は最小限だと思われます。

MT-10のラジエーターは無塗装なので、結構目立ちますが、ブラックなコアガードを取り付けたので、コアが目立たなくなり、また洗車がラクになりそうです。