大阪出張





半年に一度の大阪出張で大阪に来ました

いつもは茨城空港からスカイマークで神戸空港に来ることが多いのですが、今回は羽田から伊丹にJALを利用して来ましたが、CMでもやってたように機内で飛行中にwifiが使えるんですね

機内wifiを使うと現在地が表示されたりしますんですよ。

リアルタイムで飛行中の位置がわかりますね

その時撮った富士山

主翼が邪魔ですが…(笑)

アライ RX-7X





アライのフルフェイスヘルメットであるRX-7Xを買いました

同じくアライのアストロプロシェードも持っていますが、内装がややくたびれてきたのとベンチレーションが良さそうだったのでAmazonで安い時を見計らい購入。
アストロプロシェードと比べてどうなのかということで今更インプレを。

帽体は正面から見るとほぼ同じ大きさ。ちなみに、RX-7Xもプロシェードシステムに換装しています。形状もアライ標準ともいえるR75シェイプですね。
ただ、てっぺんのベンチレーションはこれまでのRX‐7系と同様、左右と中央の3か所にインテークが付いており、排気側も左右独立して開閉できるようになっています。


しかし、上や横から見て比べると、若干RX-7Xの方が前後長が長め。おそらくアストロ系よりも高速域での安定性を目指してのことだと思いますね。更にRX-7Xには後ろ側のディフュザーの間にウィングが付いています。ということは、より高速域でのヘルメットの浮き上がりを防止するためであり、アストロ系などよりもサーキット走行を意識したデザインであるのだと思います。

後ろ側から見ても形状には差異はあまり見られませんが、RX-7Xの方はリア下部アウトレットの形状がより小型化されています。おそらく上側ディフュザーの排気流量が多いので、下側はそれほどの大型化は必要ないのかもしれません。また、下側の排気流量が多いと、風切り音がうるさくなることも考えられます。

RX-7RR5やアストロとの違いの一つであるシールドですが、VAS-Vシールドに変わっています。一番見た目で違いが判るところがシールドロック方法。これまでのスーパーアドシスシールドはシールド側にロックピンが付いていましたが、VAS-Vシールドは本体側にロック機構が付いています。おそらくシールドのコストダウンも見込んでのものと思われますし、シールド側のロックピンが取れてしまうという可能性も排除しているものと思います。また、今回の変更で微開状態にはしやすくなっています。本体側のレバーを押し下げればロックが外れて微開状態になりますので、これまでのシールドよりもかなり簡単にはなりました。

システム内装。かなりタイトな仕上がりです。特に内部そのものはあまり違いませんが、入口はきつめ。頭が入ってしまえばそこそこの圧迫感で、アストロプロシェードや以前使用していたクァンタムJと変わりません。また、眼鏡装着はアストロよりも位置決めはし易いです。

肝心の使いごこちですが、新シールドは確かに上側の視界が良くなりました。また、肝心のベンチ性能ですが、RX-7XはターゲットとするバイクがSSなどのスポーツ系でかなりの前傾姿勢で乗るバイクを想定しているようで、強めの前傾姿勢でないとベンチ性能は発揮できないようです。頭を下に向けたような状態だと、SHOEIのGT-Airよりもベンチが効きます。ただ、私が乗っているようなネイキッド系だとほぼ正面を向いた状態で走行するので、あまりベンチが効かないと感じるかもしれません。またプロシェードシステムに換装してますが、換装の影響はほぼ違いが出ないと考えてよさそうです。

現在はRX-7Xは主にソロツーリング用、アストロプロシェードは街乗り用、GT-Airはインカムを付けましたので、マスツーリングや通勤時に使用しています。

 

気が付けば…





気が付いたら…
クシタニのジャケットやらパンツがいっぱいになってる
左から…
マッドスポルトジャケット(夏用メッシュジャケット)
モードスポルトジャケット(スリーシーズンジャケット)
ミューラージャケット(ロング丈スリーシーズンジャケット)
ウィンターヴィターレジャケット(冬用ジャケット)
ブリンクジャケット(ライダース革ジャケ)
キャプチャージャケット(スポーツライディング用革ジャケ)
ファクトプロパンツ2(スポーツライディング用革パン)
(ゴールドウィン)GWSベンチレータパンツ(スリーシーズンパンツ)
サイドフルオープンオーバーパンツ(冬用オーバーパンツ)
(RSタイチ)クロスオーバーメッシュパンツ(夏用メッシュパンツ)
(ノーブランド)革パンツ(ヤフオクで入手した格安革パン)

意識的にクシタニで揃えてきましたが、ちとやりすぎたか